【再掲】荘厳な神事に続く熱狂の祭事「信州下諏訪 お舟祭り」
<長野県下諏訪町>

suwa01_01
長野県のほぼ中央に位置する諏訪湖。その諏訪湖の北側に位置する下諏訪町は、かつての中山道と甲州街道が交わる要衝地であり、宿場町として栄えた地域である。なかでも御柱祭りで有名な諏訪大社下社の春宮・秋宮周辺は当時の名残りが色濃く残り、いまでも神社を中心とした地域社会が残されている。そんな宿場町で生まれ育ったという山田昌宏さんに、下諏訪の名所や見どころを案内していただいた。

 

suwa08_00
suwa08_07諏訪大社下社で毎年8月1日に行われる「お舟祭り」は、御霊代を春宮から秋宮へ遷す神事に続き、翁媼人形を乗せた柴舟を曳行する祭事が行なわれる一大行事。御柱祭ほど全国的な知名度は無いが、地域の人々には生活の一部になっている祭りで、8月1日は下諏訪にある会社はお休みになるところが多いという。盛夏に行われる非常にアツいお祭りだ。

 

suwa08_11
suwa08_03
メディアで紹介されるお舟祭りは、そのほとんどが春宮を出発する午後からだが、実は朝からも様々な行事が行われている。案内人の山田さんと待ち合わせた秋宮では、神官や白装束に身をつつんだ氏子衆が多数集まっており、蝉の鳴き声が響くなか荘厳な神事が粛々とすすめられていた。

 

suwa08_02
suwa08_04c
集まっているのは秋宮にお遷りになる神様をお迎えにいく人々で、目算ではお稚児も含めて200人以上。神様が乗る御神輿をはじめ、旗・槍・薙鎌など、多くの道具を連なって運ぶのである。それぞれが運ぶものは当日の朝に籤(くじ)で決められる。案内人の山田さんは御神輿を引き当て、「重くて大変だら」と言いながらも興奮気味。取材のタイミングで大当たりをひく強運を見せてくれた。これは日ごろの奉仕に対する諏訪の神様のはからいなのだろうか?

 

suwa08_05b
お迎えの行列は旧中山道を通って春宮へ。温泉宿街など昔の情緒が残る町並みを伝統的装束に身を包んだ人々が粛々と歩く様は現代感・現実感が薄く、まるで物語の一部か白昼夢のよう。このお迎え時には観光客もほとんどおらず、見世物ではない伝統や信仰を感じることができる。

 

suwa08_04b
それにしても、炎天下に1km以上の距離を運ぶのはかなりの負担になるはず。しかし、ご奉仕する氏子にとっては、大変な名誉であり誇りであるようだ。このような地域の人々の思想があるからこそ、伝統が守られていくのだろう。そして、諏訪一帯の人々はその思いがとても強い。

 

suwa08_17
お迎えの行列が春宮に着くころにはすでに多くの氏子衆が詰めかけ、それぞれがお舟の回りに陣取っていた。お舟祭りの開始までは時間があるのだが、見物客やメディア、警察官・消防官などのセキュリティ関係者も続々詰めかけ、境内の熱気と興奮はどんどん高まる一方。春宮内は身動きするのも大変な人数に。

 

suwa08_20
suwa08_18
柴舟は長さ10m、重さ5トンという大きさで、御頭郷(おんとうごう)と呼ばれる祭りの担当地区の氏子数百人が中心となって御柱祭さながらに曳行。ただし、担当地区以外の人もお舟からでている長い綱に紐をかけて引っ張ることはできるようで、境内の外まで続いた綱にも多くの人が張り付いていた。パッとみただけで1000人以上の人が、お舟の出発をいまや遅しと待ち構えているのである。

 

suwa08_19
suwa08_12
午後2時近くになると、先ほど秋宮からきて御霊代(みたましろ)をお迎えした行列が、ギャラリーを割るように出発。舟の上に白面の翁媼人形が載せられると、神職が祈りを唱え、周囲に塩をまくといよいよ出発の刻。先行する行列に続いてお舟が動き出すと、いままでの粛々とした雰囲気から熱狂的雰囲気へと一変する。

 

suwa08_07bsuwa08_21
乗っている人はもちろん、取り巻く人々も見事に揃った掛け声をあげ、少しずつ舟は進む。驚いたのはギャラリーと思われる人々のほとんどが掛け声合わせることができることで、まさに地域の人々に浸透しきっているお祭りなのだと感じた。初めて訪れた者には、なんと言っているのかさえ判別が難しいのだが…。

 

suwa08_24
suwa08_26春宮を出た舟は参道である大門通りを南下し、秋宮の参道となる大社通りで東に向きをかえて秋宮へと向かう。距離にして1.7㎞ほどを、誇らしげな掛け声とともに3時間以上かけて曳行するのである。じっくりと見せつけるような超低速で、熱狂をもたらしながら進むのだ。

 

suwa08_28
お舟から前に伸びる綱にはいくつもの紐が結ばれており、数百人という規模の人々がそれを引き曳行を手伝う。重さ5トンを大勢で引っ張る一体感はかなりのものだ。それにしても、柴舟自体は諏訪湖と結びつけて考えられそうだが、翁媼人形を乗せている意味が分かりづらい。聞いてみると、そこらへんは地元の人でも様々な意見があり、決定的な説はないらしい。機会をいただいたので自分も引っ張らせてもらったのだが、なぜ綱ではなくわざわざ紐をつけて引くのかも疑問に感じた。地域の歴史の積み重ねがない身にとっては、なかなか不思議が多い祭りでもある。

 

suwa08_31

それだけに、観光や見物で訪れれば「下諏訪ならでは」のモノや刺激と遭遇できるといえる。山田さんに案内していただいた数日間で、諏訪の名所やそこに住む人々、コミュニティの特異性をはっきりと感じる事ができた。天下の奇祭と名高い「御柱祭」や、今回紹介した「お舟祭り」はもちろん、諏訪大社を中心に据えた生活様式や伝統が日々の生活にまで浸透し、独自の文化を醸成しているのである。旅に日常と異なるものを求めるなら、下諏訪町は足を運んでみるべき地域のひとつだ。

四方の壁面に30振り以上がズラリ! 神性すら漂う日本刀の美
<東京都墨田区>

aDSC_0022
両国駅から国技館や江戸東京博物館をこえたところにある旧安田庭園。ここは元禄年間(1688-1703)に大名庭園として造られ、安政年間(1855-1860)に入ってから、潮入回遊式庭園として整備されたと伝わっています。現在は墨田区の管理のもと無料で開放され、多くの人が江戸時代から続く文化を味わえるスポットになっています。

 

aDSC_0028
aDSC_0040
潮入の池とは水位によって変化する景観を楽しむ仕掛けで、昔は隅田川の干満を利用していたそうです。現在の旧安田庭園ではポンプによって水位を変化させ、昔ながらの風情をうみだしています。ゆっくり一周してみると、静的で美しい空間を見ながら、聴覚では都会の喧騒を感じるという、珍しい体験が味わえました。

 

aDSC_0260
安田庭園の北側に隣接しているメタリックな外観の建物は2018年1月にオープンした刀剣博物館。これぞ我が国の文化という日本刀を中心に保存・公開、さらに情報を発信している博物館です。江戸東京博物館・国技館からも徒歩数分なので、ぜひ足を運んでみてください。

 

aDSC_0263
専門的が高いため、まずは入り口で渡してくれる「日本刀の基礎知識」という冊子に目を通しましょう。展示場に向かう途中にも、刀の特徴や鑑賞方法などの掲示が充実。こちらも読み込めばより鑑賞を楽しめます。

 

aDSC_0303
緩やかな曲面の天井が特徴的な展示室では、四方の壁面にあわせて30振り以上の刀身、室内のケースには主に刀装具が展示されていました。他の博物館や美術館では、これほど多くの刀を一度にみられることはほとんど無いでしょう。

 

aDSC_0309
刀剣がズラリと並んだ様はまさに圧巻。地金や波紋といった繊細な特徴も、まとめて間近で見ることで違いが理解できます。

 

aDSC_0283
aDSC_0278
その本質は武器であるのに美術品にまで昇華した刀には、日本が誇るモノづくりの神髄が凝縮されているのでしょう。信仰対象や権威の象徴にもなってきた日本刀を目の前にすると、神聖なものと対峙している気分に。神域の雰囲気すら漂う刀剣博物館の展示場は、ココでしか味わえない体験ができます。

宇宙船? タイムトラベル? SF的演出が漂う江戸東京博物館
<東京都墨田区>

aDSC_0168
JR両国駅から徒歩1分の国技館と並ぶように建つ江戸東京博物館。「江戸東京の歴史と文化をふりかえり、未来の都市と生活を考える場」として1993(平成5)年3月に開館し、近年は東京の観光名所のひとつとして定着している感があります。地下1階・地上7階だての巨大な建物は「高床式の倉」をイメージしているそう。しかし、個人的な印象は宇宙船または4本足の巨大生物…いずれにせよ江戸・東京っぽくはないですが、造形を見るだけでも面白い特徴的な建物です。

 

aDSC_0180
チケットはホテルのような1階エントランスから入った所にあるチケット売場や、建物3階にある江戸東京ひろばで購入。常設展と特別展では料金が異なりますので、お出かけ前に確認してください。

 

aDSC_0176
aDSC_0172
展示場へはエレベーターかエスカレーターで向かいますが、特にこだわりが無いならここはエスカレーターで。SF漫画の巨匠・松本零士さんが描くメカのような入口を通って乗るエスカレーターは、なんだか宇宙船に吸い込まれていく気分に。館内に入ってからはやや薄暗くなり、様々な絵や展示品を眺めながらゆっくり進みます。距離も長いので、ちょっとしたアトラクション気分で楽しめます。

 

aDSC_0187
展示室に入ると、広々とした空間に驚かされます。 細長いエスカレーターを通ってきたギャップもあってか、館内とは思えない開放感を感じるハズです。 そして、まず目に飛び込んでくるのは実際の大きさで復元された日本橋でしょう。想像していなかったダイナミックな展示は、いきなり昔の町にタイムスリップしたかのような錯覚を味わえます。

 

aDSC_0191aDSC_0227aDSC_0026
橋を渡って右側が東京ゾーン・左側が江戸ゾーンと分かれていて、東京ゾーンは時系列・江戸ゾーンはテーマに沿って見ごたえある展示が並んでいます。主な内容は、その時代を生きた「普通の人々の生活」。実際に使われていたものや復元モデル、ミニチュアなどを用いたリアルな展示が、当時の生活・文化・風習を思い描く手助けをしてくれます。

 

aDSC_0231
aDSC_0234
子供の頃はもちろん、両親の若い頃やそれ以前の先祖など、各時代の人たちがどのように生きてきたのかを想像させる展示は、すべてが自分に繋がっていると感じさせます。そして、自分たちがいる「今」もこうして展示されるようになるのだと、時の流れを意識。ポケベルや携帯電話などもすでに展示物の仲間入りをしていたので、「数年後にはスマートフォンもこの中に入るのだろうなー」なんて思ったりしました。

 

aDSC_0183
帰りのエスカレーターでは、いままで見てきた展示とのギャップが…。過去の展示から現代に戻ると、次はこの都市の未来や漫画や映画などで描かれる「TOKYO」を想像する人も多いのではないでしょうか?  様々な楽しみ方ができる江戸東京博物館、町旅的には「時を越える感覚を味わえる」スポットとしてオススメさせていただきます。