サムライゆかりのシルクから「絹産業の再生と継承」を学ぶ
<山形県鶴岡市>

NPO法人 街・建築・文化再生集団と(公社)横浜歴史資産調査会が絹遺産を継承するべく、共同で進めている「シルクロード・ネットワーク・フォーラム」。今年は山形県鶴岡市で開催。鶴岡市は日本で初めて「ユネスコ食文化創造都市ネットワーク」食文化分野での加盟が認定された。シルクのみならず独自の食文化も継承されている地域だ。

 

 

IMG_2567-1280x975

多くの人で賑わっていた「鶴岡まちなかキネマ」。昭和初期に建設された絹織物工場「松文産業旧鶴岡工場」を大幅なリノベーションにより復活させ、映画館として再生活用している。鶴岡市民はもちろん、各地から訪れた人々をも癒す「まちなかのオアシス」である。

 

 

9699374f45be01d6e111b2a3850412fb

トップライトから入り込む光が開放的な空間を演出していた。床にはフローリングが敷かれており、木のぬくもりが感じられるように配慮。キネマへの入り口や廊下も全て木材が使用されるといった“こだわり”がいたるところに感じられる施設である。

 

 

IMG_2632-1280x960

約3,000人の藩士たちが開墾した地「松ヶ丘」に建つ史跡「松ヶ丘開墾場」。ここには国内最大級と言われる巨大な蚕室が立ち並んでいる。士族たちが生活の為ではなく、国への奉仕として開墾を行った例は全国に類がないそうだ。

 

 

IMG_2597-1280x960

IMG_2601-1280x960

入り口付近にある2番蚕室の2階は、絹産業の歴史に関する資料が展示されている。戊辰戦争で降伏した庄内藩に寛大な処分を指示した「西郷隆盛」や、戊辰戦争降伏後、庄内藩の復興に尽力した庄内藩中老「菅実秀」など、絹産業の礎を築いた偉人たちについて学ぶことができる。

 

 

IMG_2651-1280x960

IMG_2645-1280x951

1番蚕室(松ヶ丘開墾記念館)の2階もなかなか面白い。日本全国から集められた「土人形」や「土鈴」がずらりと展示されている。キツネ、鬼、天狗といった日本古来のものや、何をモチーフにしているのかがサッパリわからない珍品まで幅広い。日本一のコレクションと言っても過言ではないほど充実した内容であった。

 

 

IMG_2657-1280x960

1階の天井には、2階に設置されている埋薪(まいしん)が見えていた。埋薪とは、床下の炉に生木をいれその上に炭火を置き蚕室を温める装置。今で言うところの床暖房である。徐々に生木が燃えることにより、長時間の暖房効果が得られたそうだ。

 

 

IMG_2603-997x1280

新たな絹織文化の創造と展開をめざして取り組んでいる「鶴岡シルクタウン・プロジェクト」。その一環である「kibiso(きびそ)」は、鶴岡の強みを活かし、シルク産業を次世代につなげていく事を目的に開発された絹製品ブランドである。

 

 

IMG_2604-1280x960

IMG_2606-1280x960

「きびそ」とは蚕が繭を作る際に、最初に吐き出す糸のことである。太くて不均等かつゴワゴワしているため製糸が難しく、織物には不向きとされてきた。しかし、そのゴワゴワとした素材感を活かし、従来の絹のイメージとは異なる独自の風合いを出すことに成功。また、オーガニックコットンとの融合により、kibisoブランドならではの様々な表情を作り出している。ラインアップも豊富で、定番のストールからスリッパ、傘、ブックカバーなど普段使いに役立つ商品が多いのも魅力だ。

 

 

 

天領として栄えた「飛騨の古都」飛騨高山~後篇~
<岐阜県高山市>

8ee75d03f472038ecca6245bfb8ff836

5cd9710663fb11256d148517a6c91f94

「高山市政記念館」は明治28年から昭和43年まで使用された町役場である。三町の南端に位置しており、まるで一之町、二之町、三之町を見守っているかのようだ。ふたつの玄関が東西に配置されており、事務室用、2階会議場と向かう場所によって使い分けられていた。手がけたのは飛騨の名工といわれた大工棟梁「坂下甚吉」。低姿勢、丁寧さを表現すると言われる「むくり屋根」が採用されていたが、これは町役場のあり方を表現したかったのだろうか。

 

30f038bdd678a2c3d02bb69ed1c70128

国の重要文化財に指定されている「吉島家住宅」。かつては酒造業を営んできた家だが、江戸後期頃から生糸繭の売買などで栄えた。正面入口、奥にかけられていた「引両紋(ひきりょうもん)」がつけられていた暖簾は幕府から賜ったもので、吉島家が“みもとよろしき豪商”であったことを示しているそうだ。

 

8da50461e5e06f211fc7172bd76047ce

最大の見どころは土間の吹き抜けである。大きな梁や柱が巧妙に張りめぐらされ、高窓から入り込む光によって木の肌は色合いをかえていく。再建築を手がけた西田伊三郎の技と美意識が凝縮されており、いまだその魅力を放ち続ける「吉島家住宅」は飛騨高山が誇る日本建築である。

 

2150c52c5c9ca2fb7cf57d8036899678

吉島家の隣に建つ「日下部民藝館」も国の重要文化財に指定されている。かつて幕府の商人として栄えた商家で屋号は「谷屋」。当時の邸宅は明治8年の大火で焼失したが、明治12年に再建された。現在は民藝館として、高山や日下部家の歴史や文化を伝える施設として一般公開されている。一番の見どころは絢爛豪華なお仏壇。当時約300両(現在の約1億円の価値といわれる)をかけて作られたと伝わっている。

 

思わず二度見してしまった家屋。なんと歯医者であった。看板を目にしなければ、誰もが気づかないだろう。立派な松の木や景観を意識した造りが素晴らしい。歯医者を苦手とする人は多いと思うが、ここであれば“行ってみようかな”という気になるかも知れない。

 

69de3830c2f3de9ac542a2f0143171ef2

大新町の町並み。下三之町とは違って人が少なく古い町並み特有の静けさが漂っていた。良い町というのは、その土地を離れる時に後ろ髪を引かれる思いをする。当然、この町もそんな思いにさせてくれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

天領として栄えた「飛騨の古都」飛騨高山~前篇~
<岐阜県高山市>

726acc1dc48e98677e8ebbd428d1c672

市の中心を流れる宮川の東に位置する二つの地区は、重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。三町と下二之町大新町である。江戸から明治にかけての町屋建築や当時の市民生活が感じられる貴重な街並みだ。下二之町大新町には国の重要文化財である「日下部民藝館」と「吉島家住宅」が立ち並んでいる。

 

6de2464ced5de26e637f40913b914aba

まずは郷土料理屋で昼食。民家を移築した佇まいが人気なのか、多くの外国人観光客が訪れていた。この店では高山ならではの郷土料理や旬の味を楽しむことができるようだ。飛騨の定番「朴葉味噌定食」を注文。牛肉と朴葉味噌の相性は抜群!もちろんご飯との相性も文句なし。

 

b9a2a2dca247011b1b06742e63a2e2c6

こちらは定食の脇を固める煮物たち。少々、味が濃い朴葉味噌なのでこのような副菜は箸休めにちょうど良い。皿の右にあるのは飛騨の伝統料理である「こも豆腐」。わらを編んだ「こも」と呼ばれるもので豆腐を包み、出汁などで煮込むそうだ。婚礼、お祭りや法事などの多くの人が集まる時には欠かせないとのこと。

 

02c1ffac3206c0628f97ce5d45c48a3b

「平田家」は、10代におよぶ飛騨高山の豪商で「打保屋(うつぼや)」の屋号でびんつけ油、ろうそくの製造販売を行っていた。「平田記念館」では商い道具、調度品や生活道具などが多数展示されており、豪商ならではの豪華な暮らしぶりが感じ取れる。母屋は典型的な高山の町屋建築で、外観からは想像できないほど邸内は広く立派である。

 

923bec19bf9d849b8c363b6dfc2461f8

飛騨地方の中央部を北に流れる「宮川」。全長は約76㎞。水量が少なく浅い川ではあるが、情緒溢れるのどかな雰囲気が心地よかった。きっと、古くから地元の人たちに愛され続けてきたのだろう。

 

 

遠方からも訪問者が続々!
地域の人々に育まれたメタセコイア並木
<滋賀県高島市>

全国で初めてカタカナの町名が用いられたという滋賀県高島市マキノ町。びわ湖の北部に位置し日本海側からの風が雪を降らせることから、大正時代にオープンという老舗のマキノスキー場があり、関西のウインタースポーツスポットとして知られています。さらに、近年になって四季を問わない人気スポットが誕生し、多くの人が訪れています。

 

makino_08
makino_04
それが、長さ2.4kmにわたって約500本の木が植えられた「マキノのメタセコイア並木」。昭和56年にマキノ町果樹生産組合によって植えられたのが始まりですが、地域の人々に親しまれ維持整備され続けてきた県道287号線沿いの並木です。いまは「マキノメタセコイア並木を守り育てる会」という市民主導のボランティア団体が中心となって、落ち葉の清掃や散策路整備を行っており、長年にわたり地域に愛し育てられ続けているスポットといえます。

 

makino_02b
そのかいあってか、1994(平成6)年には「新・日本街路樹百景」に選定。また有名ドラマなどのロケ地としても使われたりで徐々に人気が上昇したといいます。最近ではSNSで映える場所として、写真を撮るために訪れる人が急増しているそう。年間を通じて美しく雄大な姿を見せてくれるメタセコイア並木ですが、「日本紅葉の名所100選」にも選定されているためこれからの時期は特に人気。高島市のホームページでも2~3日毎に写真付きで近況を報告していますので、参考にしてから訪れると良いでしょう。

 

makino_00
ちなみにメタセコイアとは「生きている化石」と呼ばれる木で、化石としては発見されていたが、生きている木は1940年代まで知られていなかったという不思議な木。和名はアケボノスギといい、樹高は30m以上になります。落葉する針葉樹は珍しいそうで、落ち葉の絨毯も美しいと言われています。

 

makino_01b
makino_07並木の一端にある「農業公園マキノピックランド」には広い駐車場が設けられているので、メタセコイア並木見物に向かうときは自動車をこちらに停めて歩いて向かいます。見通しが良いからといって路上駐車は厳禁。折角の景観も損ねてしまいますしね。

 

makino_01
makino_06
並木見物のあとはピックランド内で本格派のジェラードはいかが? 農業公園らしい季節ごとのフレーバーがあり、取材時に注文したのはクリのジェラード。暖かい施設内で食べる冷たいジェラードはとても贅沢気分にさせてくれます。

 

makino_05
ほかにも、ピックランドでは季節の果物狩りやショッピングが楽しめたり、スポーツ設備も充実。近隣にはスキー場や温泉もあるので、並木見物とあわせて予定を組んでからお出かけするのがオススメです!