【番外編】芸術の秋を思う存分味わえ! 『ぐるっとパス』のオススメ
<東京都ほか>

gurutto01
みなさん『ぐるっとパス』をご存知でしょうか? ぐるっとパスとは、東京を中心とする95の美術館・博物館等の入場券・割引券が1冊にまとまった2200円(2019年度)のチケットブックで、有効期間は初回利用日から2ヵ月。使えば使うほど得っていうヤツです。 気づいていないと思いますが、最近の町旅の記事は「ぐるっとパス」で入れる施設がある地域がほとんどだったんですよ。今回は番外編として、実際に使ってみての感想などをお伝えしちゃいます!

 

aDSC_0180
最初にぐるっとパスを使ったのは江戸東京博物館でした。常設展示の入場料は600円なのですが、同じ日に刀剣博物館の取材も考えていたので、この機に買ってみようかと…でも商品名とかはうろ覚えだったので、チケットうりばにいたお姉さんに聞いてみると…

「東京の美術館とかに結構入れちゃう券ってありましたよね?」
「ぐるっとパスですか?」
「たぶん、それかな。ここで買えますか? 」
「買えますよー。2200円です。3カ所くらい行けば元とれちゃうし、お得ですよね♪」

なんてイイ感じで買えました。予約などは必要なく、パスのサービスを実施している施設なら、通常の窓口で買えるのでとても便利です。パスという名前なのに、わりと厚め紙束がでてきたのは驚きましたが…。初回使用時に使用者の名前を記入し、有効期限のスタンプを押してもらうと準備完了。 江戸東京博物館(常設展・600円)に入場して作った記事がコチラです。
aDSC_0168
【町旅】宇宙船? タイムトラベル? SF的演出が漂う江戸東京博物館<東京都墨田区>

 

江戸東京博物館をでたあとは、国技館で相撲博物館(入場無料)を覗いてから、都指定名勝「旧安田庭園」の一角に建つ刀剣博物館へ。2018年1月のオープン時から訪れたかったのですが、入館料1000円が「ちょっとお高いのでは?」と感じてなかなか行けなかったのです。 しかし、ぐるっとパス内に入場券チケットがあるのは確認済み。むしろ比較的高額な入場料の施設を使って「元を取ってやろう」と攻めの気持ちで訪問しました。
aDSC_0303
【町旅】四方の壁面に30振り以上がズラリ! 神性すら漂う日本刀の美<東京都墨田区>
どちらも予想以上に展示に見入ってしまったので行けなかったのですが、「すみだ北斎美術館(入場料400円)」も同じ両国駅の徒歩圏内。こちらもぐるっとパスに入場券があるので、追加料金なしで見ることができますよ。

 

a0179
日をあらためて上野公園へ。園内にある施設のうち東京国立博物館・国立科学博物館・国立西洋美術館・上野の森美術館は入場券ではなく割引券。これらが入場券になったらぐるっとパス売れすぎちゃうからでしょうか? 訪れた日にやっていた東京国立博物館企画展の入場時にぐるっとパスの特典を使ったのですが、わずか100円引きと少々残念な結果でした。
a0010 ただし、パンダ人気爆発中の上野動物園(や下町風俗資料館、東京都美術館の常設展)は入場券アリ! ぐるっとパスは博物館や美術館だけでなく、動物園などの施設も利用できるところがあるんですよ。

 

a0028
別業務で世田谷区の取材があった日にあわせて訪問した世田谷美術館。こちらは常設展(入場料200円)が入場券・企画展は割引券がついていたので、取材前に常設展を閲覧。広大な砧公園内にあり、散策がてら訪れるのがオススメです。

 

a0009
ぐるっとパスに入場券があったので行ってみたのが「三井記念美術館」。こちらは常設展はなく、企画展・特別展のみを開催し続ける美術館で、訪問時の一般入場料は1300円とお高め。なので、ぐるっとパスの利用効率もグッと向上させられます。もちろん展示も充実していて、生まれて初めて図録を購入してしまいました。1300円浮いたと思うと、財布の紐も軽くなっちゃいますね!(あわせて日本橋を取材した記事はコチラ↓)
0978

【町旅】歴史的建造物が活用され続ける起点のまち<東京都中央区>


 

ここまでくるとぐるっとパススタンプラリーもコンプリートしたくなってきたので、日曜日に横浜に遠征。駅ビル内にある「そごう美術館」と、ランドマークタワーのふもとにある「横浜美術館」を連続訪問し、知性ある大人の休日を気取ってみました。a1078a0983
完全プライベートなので記事は作っていませんが、いずれも館内撮影OK。SNSなどの影響か近ごろは撮影OKの施設が多いので助かります。

 

2カ月間の有効期限がさしせまってきたので、まだ行っていなかった多摩エリアの「神代植物公園」へ。ここも入場券がついていたので、さらに500円分お得に。
1352
数年に一度しか咲かないといわれるオオコンニャクが見られるかと期待して行ったのですが、訪問が2日ほど遅くしぼんでいたのが残念でした。国宝がある深大寺も隣接しているので、あわせて訪れるとかなり楽しめると思います。(この場所の記事はコチラ↓)
1456
【町旅】キレイもキモいもどっちもアリ! 訪れた瞬間だけの展示を楽しめる都立公園
<東京都調布市>
 

 

ここまでで十分に「ぐるっとパス」の値段(2200円)をこえる入場料特典を使っているのですが、最後に会社からも近い東京北東部の施設を訪問。「東洋文庫ミュージアム」「六義園」「旧岩崎邸住宅」とすべて三菱財閥3代目・岩崎久弥氏が関係している施設で、六義園はぐるっとパスでは入れませんが、東洋文庫と隣接しているのであわせて訪れてみてください。博物館・庭園・文化財建築とバラエティもありますし、3カ所訪れていろいろつながりを知ると、より興味深く楽しめるはず。頑張れば一日でまわれますしオススメです。(記事はコチラ↓)
a1112

【町旅】知的冒険が楽しめる研究図書館のミュージアム<東京都文京区>

1313

【町旅】将軍・綱吉も頻繁に訪れたと伝わる国指定名勝<東京都文京区>

i0140
【町旅】三菱財閥3代目が建てた和洋設置式住宅<東京都台東区>

 

 

最後に、ぐるっとパスで訪れた場所と受けた特典をまとめてみると…

①江戸東京博物館 入場券(常設展・600円相当)
②刀剣博物館 入場券(常設展・1000円相当)
③東京国立博物館 割引券(三国志展・100円引き)
④三井記念美術館 入場券(日本の素朴絵展・1300円相当)
⑤世田谷美術館 入場券(ミュージアムコレクション・200円相当)
⑥そごう美術館 入場券(北斎展・1000円相当)
⑦横浜美術館 入場券(コレクション展・500円相当)
⑧神代植物公園 入場券(500円相当)
⑨東洋文庫ミュージアム 入場券(漢字展・900円相当)
⑩旧岩崎邸住宅 入場券(400円相当)
※企画や金額は2019年6~8月時のものです

2カ月間の間に計10施設を訪れ、6500円分の入場料特典を受けることができました。単純に金額だけ考えても4300円分も得になってます! そして、金額よりもメリットとして感じたのは、開催中の展示や知らなかった施設を調べているうちに「せっかくだから行ってみよう」と思えること。特典があると出足が軽くなりますし、行くかどうか迷う場合に、大きく「行ってみる」方に傾きました。今回訪れた10施設のうち9ヵ所は初訪問で、自分の世界をちょっと広げられた感じがしています。そんな「ぐるっとパス」をみなさまもぜひ使ってみてください。オススメです!

三菱財閥3代目が建てた和洋設置式住宅
<東京都台東区>

i0129
上野不忍池に隣接するように建つ旧岩崎邸庭園は、三菱財閥第3代社長・岩崎久彌氏の本邸として1896年(明治29年)に造られた広大な家です。現在残っている建物は洋館・撞球室・和館の3棟ですが、かつては20棟もの建物が並び、敷地面積は約15,000坪もあったそう。15,000坪は東京ドームひとつぶんの面積と同じくらいの広さ、個人宅の面積としては規格外すぎてちょっとイメージできませんね。現在の敷地面積は約3分の1になっているそうですが、それでも城跡と言われたら信じてしまうような表門(玄関?)です。

 

i0137
石垣沿いに坂を登ると受付があり、1961(昭和36)年に国の重要文化財に指定された洋館が見えてきます。アメリカでの5年間の留学から帰国した久弥氏が、結婚後に自身の本邸として新築した建物で、設計は英国人建築家のジョサイア・コンドル。欧米列強と肩を並べるべく奮起していた明治期日本の財閥社長として、諸外国との社交の場は必要不可欠だったのでしょう。この洋館は主に賓客を遇するために用いられたそうです。

 

i0140

少し話がそれますが、ジョサイア・コンドルという人は、工部大学校(現・東京大学工学部)の建築学教授として来日し、政府や財閥が関連する「明治の洋館」の設計を多く手がけています。同じく明治期に多くの洋館を設計している建築家・辰野金吾氏は、大学の教え子の1人。人材育成面でも評価が高く、日本の近代洋風建築普及に最も功績がある人物といわれています。そんなコンドル氏が設計した建物も、その多くが震災や戦争で失われており、当時の姿を残している旧岩崎家住宅はとても貴重なのです。

 

i0144
洋館ですが建物内へは履物を脱いで入ります。久弥氏が住んでいた当時は、賓客を招いてパーティを催すなど、接客の場として使われることが多かったそうなので、靴のまま入っていたはず。せっかく豪華な建物に入るのに、ビニールに入れた靴を持ちながらなのはちょっと残念…と思いましたが、これにはちゃんとした理由がありますのできちんと持ち運びましょう。

 

i0160
i0169
館内へ足を踏み入れると、まず高い天井や美しい調度品に驚かされます。まるで美術館か博物館のようで、とても個人宅だったとは思えません。この館は、主に接待やパーティなどを行う迎賓館的な用いられ方をしていたそうなので、広さや居住性はもちろん「見せ方」にまで配慮されていたのでしょう。17世紀英国ジャコビアン様式を基調に、ルネサンスやイスラム風モチーフなど、様々な文化が織り込まれているのは、どの国の人がきても喜んでもらい話題が作れるという、「おもてなしの心」からだったのではないでしょうか。

 

i0187
2階に設けられた客室は部屋同士を接続できる仕様。壁紙に使われているのは日本の伝統工芸品である「金唐革紙(きんからかわし)」です。

 

i0174
これは西洋から渡ってきた「金唐革」が貴重なあまり和紙を使って作った代用品で、1600年代後半ごろからつくられていたそう。しかし、明治時代になるとウィーンやパリなどの博覧会に展示するまでになり、ヨーロッパでも好評を得たという代物。客室の一角には、感触が楽しめるようにさわれる作品や代表的作品が展示され、見どころのひとつになっていました。

 

i0228
順路にそって洋館を見て回ると、突然和風の渡り廊下があらわれます。

 

i0237
i0231
「旧岩崎邸住宅」として有名なのは洋館ですが、実は和洋並置式住宅で家族の日常生活は和館がメインだったそう。もともとは洋館をはるかにしのぐ550坪という広さがあったそうですが、1969(昭和44)年にその大部分が取り壊されてしまったといいます。現存しているのはごく一部(1棟)のみですが、現在では入手困難な木材や板絵など見どころあり。喫茶室もありますので、かつての富豪になった気分で一服してみては。

 

i0238
和館を突き当りまで進むと出口になり、ビニールに入れて持ち歩いた靴の出番になります。靴を持ち歩くのは、入口と出口が異なるためだったのです。外にでるとちょっとした公園よりも広い庭があり、こちらも散策可能。かつては久弥氏と子どもたちが乗馬やテニスを楽しんだり、日露戦争戦勝記念の園遊会なども行なわれたと伝わる庭は、所有者や時代の変化とともに変遷を重ねていますが、現在は久弥氏所有時に近い形で復元されているようです。踏むのが申し訳ないと感じるほど、綺麗に整えられた芝でした。

 

i0248
庭を抜けて洋館入口の方へ戻るとスイスの山小屋風のつくりをした別棟があらわれます。ここは洋館と同じジョサイア・コンドル設計の撞球室(どうきゅうしつ=ビリヤード場)で、洋館とは地下通路で繋がっているそうです。中には入れないので開け放たれたドアから覗いてみたのですが、残念ながらビリヤード台は置いてありませんでした。建物だけでなく、当時のビリヤード台やキューも見られると嬉しいところですが、一度失われたものは復元するのも大変なのでしょう。岩崎邸を訪れると「都市化がすすむなかでもしっかり残していくべきものがある」と、感じることができます。

知的冒険が楽しめる研究図書館のミュージアム
<東京都文京区>

1095
国指定名勝・六義園のすぐそばには、六義園を東京市に寄付した三菱財閥3代目社長・岩崎久弥(いわさきひさや)氏によって1924(大正13)年に設立された「東洋文庫」があります。ここは、国宝や重要文化財を含む約100万冊が蔵書された東洋学の研究図書館で、その規模はアジア最大。しかも、貴重な資料は原則すべて公開されていて、閲覧や複写も可能。オンライン検索に対応するためのデータベース化もすすめられているなど、思いのほか多くの人々に開かれている施設です。 さらに、2011年にオープンしたミュージアムでは、一般向けの企画展示が行なわれていて、テーマに沿って分かりやすく貴重な資料が展示されています。図書館のミュージアムってどんな感じなのか気になりますよね。

 

a1182
a1175エントランスを抜けてすぐのオリエントホールは、高い天井と大きなガラス面の開放的な空間。上の写真右側に写っている展示ケースは国内最長らしいです。ケースのなかには、様々な言語で記された貴重な古書がズラリ、それぞれ付いている解説まで読んで進むと結構時間かかりました。さすが国内最長です。そして、2階へあがると…

 

a1112
1104
三方を囲む本の壁「モリソン文庫」がどーんとお出迎え。北京駐在のオーストラリア人ジョージ・アーネスト・モリソンから、1917年に岩崎久弥氏がまとめて購入したコレクションで、その内容は東アジアに関する欧文の書籍・絵画・冊子など約2万4千点。古書が醸し出す重みと美しさが混然となった空間は、足を踏み込むと映画の登場人物になったような気になれます。ちなみに、フラッシュを使わなければ写真撮影もOK。モリソン文庫を背景に撮影すれば、知的かつインパクトのある画像がとれそうじゃないですか?

 

a1125
モリソン文庫の次に足を踏み入れるのは「回顧の路」。ここから先が企画展示になっていくのですが、極限まで絞られた照明がや、クレバスを渡るような演出など、冒険におもむくようなドキドキ感が味わえます。頭のなかでは、有名な考古学者・ジョーンズのテーマが…つきあたりで輝くドアの先には、人類の叡智が詰まった文字群がまっているのです。

 

a1179
企画展で知の冒険を楽しんだあとは、併設レストラン「オリエント・カフェ」へ足を運んでみては。こちらでは、かつで岩崎久彌が主を務めた小岩井農場のこだわり素材を用いた、東洋文庫ゆかりのメニューが提供されています。食事・喫茶いずれの目的で利用しても、上質な時間を過ごす満足感に浸れるはず。ただし、貸切予約が多いようですので、訪問前にHPなどで営業時間のご確認を。

将軍・綱吉も頻繁に訪れたと伝わる国指定名勝
<東京都文京区>

1200
1695(元禄8)年に五代将軍・綱吉から土地を与えられた柳沢吉保が、7年の歳月をかけて造り上げたといわれる「六義園(りくぎえん)」。綱吉も頻繁に訪れたという記録が残る回遊式築山泉水庭園は、明治時代に入り三菱創設者・岩崎弥太郎(いわさきやたろう)氏の所有となり、さらなる手入れが施されたという名園です。1938(昭和13年)に東京市に寄付されてからは一般人も入れるようになり、その魅力を楽しめるようになりました。建物が乱立する都会のなかでいまなお豊かな緑を保ち続ける空間は、多くの人々が訪れる名所となっています。

 

1210
1346
1953(昭和28)年には国宝と同格とされる特別名勝に指定されており、園内はとても良く整備されています。とても広い敷地なので、多くの人が訪れても混雑という感じにはなかなかなりません。通路のバリエーションも多く、なかには車いすで一周できるルートもアリ。のんびり景観を楽しみながら散策すれば、何だか高貴な身分になった気に。

 

1215
入口からちょっと進むとでてくるのは内庭大門(ないていだいもん)と呼ばれる門で、東京市へ寄付する前の岩崎家(三菱財閥創業家)が所有していたころの様子を表しているそうです。現在あるのは再建されたモノですが、再現したのは東京市。十分に歴史的建造物といえそうです。

 

1219
内庭大門をくぐるとあらわれる大きなシダレザクラは、お花見スポットとしても有名。開花時期にはライトアップが行なわれるとともに開園時間も延長され、観桜客が押しよせます。岩崎家の家屋もこのあたりに建てられていたと伝わっていますが、現在の景観からは想像できませんね。

 

1237
1246
六義園は紀州(和歌山県)和歌の浦の景観をモデルに作られ、ポイントとなる小島や松などは、柳沢吉保の文学的造詣が反映されているといいます。そのため和歌などに知見があるとより味わいが深そう。ただし、知見が無くても心配はいりません。六義園八十八境と名付けられたポイントには、それぞれ解説が書かれていますので、裏にあるストーリーも楽しめますよ。

 

1288
1278
園内の四阿(あずまや)はほとんどが復元されたものですが、戦火を免れ岩崎家が建てた当時の姿を伝えているのが、主な柱と梁にツツジの木が使われた「つつじ茶屋」です。成長の遅いツツジの木材を集めるのは困難であるため、歴史的価値に加えて希少価値も高いそう。また、周囲をモミジに囲まれているので、紅葉時期には絵になる景観を生みだします。

 

1306
1313
個人的なおすすめは藤代峠。階段を1-2分上がったところにあるスペースからは、庭園の広範囲が望め、城ではないけど城主気分。ビルが見えてしまうのも都会の庭園ならでは。江戸・明治時代に作られた庭と現代の建造物を同時に見ると、自然と「時の流れ」を感じるのではないでしょうか?

 

1296
園内散策の途中で足を休めるのにぴったりなのが吹上茶屋です。看板メニューの「抹茶と上生菓子のセット」を池に面した席で頂けば、とても優雅な気分になれるはず。美しい庭園の景観に溶け込んだ風情のある建物は、フォトスポットとしても人気です。また、ここでしか買えないお土産もありますので、ぜひ立ち寄ってみてください。

 

1093
六義園まで足を運んだなら、正門から数十メートルの場所にある東洋文庫にも足を伸ばしてみてはいかがでしょう。ここは、六義園を東京市に寄付した三菱財閥3代目総帥・岩崎久弥(いわさきひさや)氏によって設立された東洋学の研究図書館で、国宝や重要文化財を含む約100万冊が蔵書されています。2011年にオープンしたミュージアムでは、一般向けの企画展示が行なわれていて、貴重な資料を目にすることができます。

 

【東洋文庫ミュージアムは別記事で紹介しています】

知的冒険が楽しめる研究図書館のミュージアム<東京都文京区>

https://machi-tabi.jp/archives/33146

キレイもキモいもどっちもアリ! 訪れた瞬間だけの展示を楽しめる都立公園
<東京都調布市>

1352
調布市にある神代植物公園は、いつ訪れても植物の美しさを味わえる都内唯一の植物公園です。現在の名称になったのは昭和36年ですが、それ以前は東京の街路樹などを育てるための場所として活用されていて、なかなか歴史的な施設でもあります。すぐにはイメージできない46万平方メートルという巨大な敷地内では、4800種の植物を観察できるとのこと。なにかとスケールの大きな公園なんです。

 

1364
1371正門を入るとすぐ左にある植物会館は、展示室やサービスセンター(管理事務所)として機能しているので、とりあえず立ち寄って情報を集めましょう。園内はとても広いので、見たい植物やエリアなど確認してから動くのがオススメです。本気でバテます。また、園内では貴重な屋内施設でもあるので、荒天時などの退避場所にもなります。

 

1381
園内を大きく一周する通路は広々として快適。都内でありながら山間の行楽地を訪れたような気分が味わえます。所々にある小道や側道に寄り道したり、下草の中から主張するように生える花を見つけたりと歩いているだけでもなかなかの楽しさ。一般車は通らないので、子ども連れでも安心して散策できるのも嬉しいポイント!

 

1447
公園の目玉となる展示のひとつが409品種・約5,200株が植栽されているバラ園。中央部に噴水を配置した左右対称の整形式沈床庭園は欧州の雰囲気が溢れ、クラッシクが聞こえてきそうな優雅な空間です。第15回世界バラ会議バンクーバー大会において「世界バラ会連合優秀庭園賞(WFRS Award of Garden Excellence)」を受賞するなど、国際的にも高い評価を得ています。

 

1467
バラ園の奥に写っているのは、1984(昭和59)年に建てられた大温室。ここは、約1300種類の熱帯・亜熱帯植物を回遊しながら鑑賞できる温室で、国内では普通に見ることが難しい花々が咲き乱れています。

 

IMGP14741501
屋外展示が季節や天候の影響を大きくうけるなか、年間をとおしてパフォーマンスが安定しているのも魅力。とても見ごたえがある温室です。

 

1513
そんな温室内で注目を集めたのが、館内に巨大タペストリーが貼られていたショクダイオオコンニャク。最大3メートルを超えるという世界最大級の花の大きさ、そしてそれが咲くのは数年に一回、しかも開花後は数日で枯れてしまう、というレア要素が満載のうえ、さらにとんでもない悪臭を放つという必殺的個性も持っているそう。神代植物公園の園長のツイッターで何度もツイートされ、2019年7月27日に2.2mの花が開いたと報告。あまりにも貴重な機会だからか、この日は大温室の営業時間が3時間も延長されていました。

 

1525
で、うなだれたキョロちゃんみたいになっているのが、取材時(8月1日)のオオコンニャク。すでに強烈と噂の臭いもなく、力尽きた感が溢れています。個人的には哀愁を感じさせるこの姿も嫌いではないですが、日々生育し枯れていく植物だからこそ、開花の瞬間に立ち会えた喜びもひとしおなのでしょう。

 

1456
1396
今回紹介できたのはほんの一部で、広い園内には築山や芝生広場、つつじ園やシャクナゲ園など樹木がまとめられた○○園など多数アリ。日時や気候によって見どころが変わりますが4800種の植物のなかには、訪問時に輝きを見せてくれる種類もきっとあるはずです。キレイもキモいも行って見るまでハッキリとは分かりませんが、その分ベストな瞬間にあたった時の喜びは大きいのではないでしょうか?

歴史的建造物が活用され続ける起点のまち
<東京都中央区>

0972
日本の道路の起点となる日本橋。一帯は江戸時代に全国各地から商人や職人が集まり城下町として栄え、いまなお続く老舗や大手企業がズラリとならんでいます。そのためか文化財に指定されるような歴史的建造物も多く残されているのですが、その多くが商店やオフィスとして普通に活用されているのが特徴。歴史的でありながら現役バリバリという、珍しい文化財の数々に触れることができちゃいます。

 

0951
0937で、日本橋に観光で訪れるなら「まず最初に見とけ」ってのはやはり日本橋。日本橋のプレートがはめられているのは首都高で、その下の五車線ある道路が日本橋です。1603(慶長8)年に初代の木造橋が架けられ、現在の石造り二重アーチになったのは1911(明治44)年。平成の中ごろに国の重要文化財にも指定されました。橋のたもとには日本の道路の起点であることを示す道路元標(のレプリカ)が埋め込まれていて、まさに日本の中心に来た感アリ!

 

0977
そんな日本橋から一つ目の交差点にあるのが、あの日本橋三越です。三越は1673(延宝元)年に武士であった三井高利によって創業されたと伝わり、1683年5月から現在地に店を構え続けている日本を代表する老舗です。創業時は「越後屋」という屋号の呉服屋で、当時の常識を覆す「店前現銀掛け値なし(たなさきげんきんかけねなし)」の商法で商品単価を下げ、呉服を一般庶民が買えるものにしたといいます(いまでは店頭現金販売はあたりまえのように思われますが、当時は富裕層の家に注文を取りに行き掛け売りで販売するのが常識だったそうです)。日本橋に近い方は新館ですが、旧館と同じ設計事務所によって手がけられ、旧館と一体感がでるネオルネッサンス様式を継承しています。

 

0978
0938_2
新館の隣、1935(昭和10)年に完成した三越本店の建物は国指定文化財。クラシカルな外観は近年建てられた駅ビルなどとは一線を画す格が感じられます。日本で最初にエスカレーターが作られたのも三越本店といいます。正面玄関に置かれたライオン像は1914(大正3)年の誕生。100年以上前から三越の象徴として親しまれ続け、待ち合わせの場所としても有名です。下町育ちにとってはちょっと敷居が高く感じますが、百貨店として営業していますので営業時間内なら誰でも入れます。日本橋三越本店のHPには建物内の見どころも載っていますよ。

 

1022
三越本店の隣にある三井本館も国指定の重要文化財。現在の建物は関東大震災の被災後に建て替えられ、現在の価値に換算すると約1000億円にもなる費用をかけて1929(昭和4)年に完成したそう。三越本店とあわせて、日本橋の町に風格をあたえているのではないでしょうか。こちらは複数の企業が入居するオフィスビルとして使われています。

 

1020
文化財のため大規模な改修ができない三井本館。そのためかは分かりませんが、となりに建てられたのが日本橋三井タワー。地上39階、地下4階の超高層ビルには、ホテル・レストラン・ショップに美術館など、訪問者向けの施設も多数あります。

 

0925
タワー内にある三井記念美術館は、旧財閥の三井家に伝わる美術品や文化財を保存公開する私設美術館。その所蔵品は国宝6点を含めて約4000点にもなるそうです。常設展は無く特別展を次々と繰り出すスタイルなので、訪れるたびに新しいものを鑑賞できるのが魅力のひとつ。個人的には2~3年に一度、夏休み期間中に行われているゆるーい感じの企画展に惹かれます。

 

0916b
三井本館の西側にある日本銀行本館は1896年2月に完成した建造物で、1974年に国の重要文化財に指定されています。設計は東京駅や国技館なども設計した辰野金吾氏で、「ネオ・バロック様式にルネッサンス的意匠を加味した建築」なんだとか。個人的には「堅牢な城っぽくて防御力高そう」という印象です。

 

0918
いまでも日銀として活用されている建物ですが、事前予約制で建物内部の無料見学も受け付けています。HPやチラシには「1億円を持ってみよう」なんて、ライトなコピーが付けられていますが、要身分証明書・持ち物検査アリ。受付は写真の東門ときくとなんだが緊張しちゃいそうです。

 

0967
そんな方には、お隣の建物にある貨幣博物館がお手軽でオススメ。持ち物検査はありますが、予約不要・入館料無料で、お金の歴史に関する様々な資料が約3000点も展示されているうえ、一億円の重さを感じる体験も可能。年間10万人以上の人が訪れるというなかなかの人気スポットなんです。

 

0931
歴史的建造物群のすぐそばには新しい複合商業施設なども多数。オリンピック東京2020大会まで1年を切ったいま、町全体で歓迎ムードを高めていました。かつては敷居が高いイメージがある町でしたが、最近は観光客誘致にも力を入れているので誰でもウエルカムな雰囲気になっていますので、ぜひ足を運んでみてください。

【再掲】荘厳な神事に続く熱狂の祭事「信州下諏訪 お舟祭り」
<長野県下諏訪町>

suwa01_01
長野県のほぼ中央に位置する諏訪湖。その諏訪湖の北側に位置する下諏訪町は、かつての中山道と甲州街道が交わる要衝地であり、宿場町として栄えた地域である。なかでも御柱祭りで有名な諏訪大社下社の春宮・秋宮周辺は当時の名残りが色濃く残り、いまでも神社を中心とした地域社会が残されている。そんな宿場町で生まれ育ったという山田昌宏さんに、下諏訪の名所や見どころを案内していただいた。

 

suwa08_00
suwa08_07諏訪大社下社で毎年8月1日に行われる「お舟祭り」は、御霊代を春宮から秋宮へ遷す神事に続き、翁媼人形を乗せた柴舟を曳行する祭事が行なわれる一大行事。御柱祭ほど全国的な知名度は無いが、地域の人々には生活の一部になっている祭りで、8月1日は下諏訪にある会社はお休みになるところが多いという。盛夏に行われる非常にアツいお祭りだ。

 

suwa08_11
suwa08_03
メディアで紹介されるお舟祭りは、そのほとんどが春宮を出発する午後からだが、実は朝からも様々な行事が行われている。案内人の山田さんと待ち合わせた秋宮では、神官や白装束に身をつつんだ氏子衆が多数集まっており、蝉の鳴き声が響くなか荘厳な神事が粛々とすすめられていた。

 

suwa08_02
suwa08_04c
集まっているのは秋宮にお遷りになる神様をお迎えにいく人々で、目算ではお稚児も含めて200人以上。神様が乗る御神輿をはじめ、旗・槍・薙鎌など、多くの道具を連なって運ぶのである。それぞれが運ぶものは当日の朝に籤(くじ)で決められる。案内人の山田さんは御神輿を引き当て、「重くて大変だら」と言いながらも興奮気味。取材のタイミングで大当たりをひく強運を見せてくれた。これは日ごろの奉仕に対する諏訪の神様のはからいなのだろうか?

 

suwa08_05b
お迎えの行列は旧中山道を通って春宮へ。温泉宿街など昔の情緒が残る町並みを伝統的装束に身を包んだ人々が粛々と歩く様は現代感・現実感が薄く、まるで物語の一部か白昼夢のよう。このお迎え時には観光客もほとんどおらず、見世物ではない伝統や信仰を感じることができる。

 

suwa08_04b
それにしても、炎天下に1km以上の距離を運ぶのはかなりの負担になるはず。しかし、ご奉仕する氏子にとっては、大変な名誉であり誇りであるようだ。このような地域の人々の思想があるからこそ、伝統が守られていくのだろう。そして、諏訪一帯の人々はその思いがとても強い。

 

suwa08_17
お迎えの行列が春宮に着くころにはすでに多くの氏子衆が詰めかけ、それぞれがお舟の回りに陣取っていた。お舟祭りの開始までは時間があるのだが、見物客やメディア、警察官・消防官などのセキュリティ関係者も続々詰めかけ、境内の熱気と興奮はどんどん高まる一方。春宮内は身動きするのも大変な人数に。

 

suwa08_20
suwa08_18
柴舟は長さ10m、重さ5トンという大きさで、御頭郷(おんとうごう)と呼ばれる祭りの担当地区の氏子数百人が中心となって御柱祭さながらに曳行。ただし、担当地区以外の人もお舟からでている長い綱に紐をかけて引っ張ることはできるようで、境内の外まで続いた綱にも多くの人が張り付いていた。パッとみただけで1000人以上の人が、お舟の出発をいまや遅しと待ち構えているのである。

 

suwa08_19
suwa08_12
午後2時近くになると、先ほど秋宮からきて御霊代(みたましろ)をお迎えした行列が、ギャラリーを割るように出発。舟の上に白面の翁媼人形が載せられると、神職が祈りを唱え、周囲に塩をまくといよいよ出発の刻。先行する行列に続いてお舟が動き出すと、いままでの粛々とした雰囲気から熱狂的雰囲気へと一変する。

 

suwa08_07bsuwa08_21
乗っている人はもちろん、取り巻く人々も見事に揃った掛け声をあげ、少しずつ舟は進む。驚いたのはギャラリーと思われる人々のほとんどが掛け声合わせることができることで、まさに地域の人々に浸透しきっているお祭りなのだと感じた。初めて訪れた者には、なんと言っているのかさえ判別が難しいのだが…。

 

suwa08_24
suwa08_26春宮を出た舟は参道である大門通りを南下し、秋宮の参道となる大社通りで東に向きをかえて秋宮へと向かう。距離にして1.7㎞ほどを、誇らしげな掛け声とともに3時間以上かけて曳行するのである。じっくりと見せつけるような超低速で、熱狂をもたらしながら進むのだ。

 

suwa08_28
お舟から前に伸びる綱にはいくつもの紐が結ばれており、数百人という規模の人々がそれを引き曳行を手伝う。重さ5トンを大勢で引っ張る一体感はかなりのものだ。それにしても、柴舟自体は諏訪湖と結びつけて考えられそうだが、翁媼人形を乗せている意味が分かりづらい。聞いてみると、そこらへんは地元の人でも様々な意見があり、決定的な説はないらしい。機会をいただいたので自分も引っ張らせてもらったのだが、なぜ綱ではなくわざわざ紐をつけて引くのかも疑問に感じた。地域の歴史の積み重ねがない身にとっては、なかなか不思議が多い祭りでもある。

 

suwa08_31

それだけに、観光や見物で訪れれば「下諏訪ならでは」のモノや刺激と遭遇できるといえる。山田さんに案内していただいた数日間で、諏訪の名所やそこに住む人々、コミュニティの特異性をはっきりと感じる事ができた。天下の奇祭と名高い「御柱祭」や、今回紹介した「お舟祭り」はもちろん、諏訪大社を中心に据えた生活様式や伝統が日々の生活にまで浸透し、独自の文化を醸成しているのである。旅に日常と異なるものを求めるなら、下諏訪町は足を運んでみるべき地域のひとつだ。

四方の壁面に30振り以上がズラリ! 神性すら漂う日本刀の美
<東京都墨田区>

aDSC_0022
両国駅から国技館や江戸東京博物館をこえたところにある旧安田庭園。ここは元禄年間(1688-1703)に大名庭園として造られ、安政年間(1855-1860)に入ってから、潮入回遊式庭園として整備されたと伝わっています。現在は墨田区の管理のもと無料で開放され、多くの人が江戸時代から続く文化を味わえるスポットになっています。

 

aDSC_0028
aDSC_0040
潮入の池とは水位によって変化する景観を楽しむ仕掛けで、昔は隅田川の干満を利用していたそうです。現在の旧安田庭園ではポンプによって水位を変化させ、昔ながらの風情をうみだしています。ゆっくり一周してみると、静的で美しい空間を見ながら、聴覚では都会の喧騒を感じるという、珍しい体験が味わえました。

 

aDSC_0260
安田庭園の北側に隣接しているメタリックな外観の建物は2018年1月にオープンした刀剣博物館。これぞ我が国の文化という日本刀を中心に保存・公開、さらに情報を発信している博物館です。江戸東京博物館・国技館からも徒歩数分なので、ぜひ足を運んでみてください。

 

aDSC_0263
専門的が高いため、まずは入り口で渡してくれる「日本刀の基礎知識」という冊子に目を通しましょう。展示場に向かう途中にも、刀の特徴や鑑賞方法などの掲示が充実。こちらも読み込めばより鑑賞を楽しめます。

 

aDSC_0303
緩やかな曲面の天井が特徴的な展示室では、四方の壁面にあわせて30振り以上の刀身、室内のケースには主に刀装具が展示されていました。他の博物館や美術館では、これほど多くの刀を一度にみられることはほとんど無いでしょう。

 

aDSC_0309
刀剣がズラリと並んだ様はまさに圧巻。地金や波紋といった繊細な特徴も、まとめて間近で見ることで違いが理解できます。

 

aDSC_0283
aDSC_0278
その本質は武器であるのに美術品にまで昇華した刀には、日本が誇るモノづくりの神髄が凝縮されているのでしょう。信仰対象や権威の象徴にもなってきた日本刀を目の前にすると、神聖なものと対峙している気分に。神域の雰囲気すら漂う刀剣博物館の展示場は、ココでしか味わえない体験ができます。

宇宙船? タイムトラベル? SF的演出が漂う江戸東京博物館
<東京都墨田区>

aDSC_0168
JR両国駅から徒歩1分の国技館と並ぶように建つ江戸東京博物館。「江戸東京の歴史と文化をふりかえり、未来の都市と生活を考える場」として1993(平成5)年3月に開館し、近年は東京の観光名所のひとつとして定着している感があります。地下1階・地上7階だての巨大な建物は「高床式の倉」をイメージしているそう。しかし、個人的な印象は宇宙船または4本足の巨大生物…いずれにせよ江戸・東京っぽくはないですが、造形を見るだけでも面白い特徴的な建物です。

 

aDSC_0180
チケットはホテルのような1階エントランスから入った所にあるチケット売場や、建物3階にある江戸東京ひろばで購入。常設展と特別展では料金が異なりますので、お出かけ前に確認してください。

 

aDSC_0176
aDSC_0172
展示場へはエレベーターかエスカレーターで向かいますが、特にこだわりが無いならここはエスカレーターで。SF漫画の巨匠・松本零士さんが描くメカのような入口を通って乗るエスカレーターは、なんだか宇宙船に吸い込まれていく気分に。館内に入ってからはやや薄暗くなり、様々な絵や展示品を眺めながらゆっくり進みます。距離も長いので、ちょっとしたアトラクション気分で楽しめます。

 

aDSC_0187
展示室に入ると、広々とした空間に驚かされます。 細長いエスカレーターを通ってきたギャップもあってか、館内とは思えない開放感を感じるハズです。 そして、まず目に飛び込んでくるのは実際の大きさで復元された日本橋でしょう。想像していなかったダイナミックな展示は、いきなり昔の町にタイムスリップしたかのような錯覚を味わえます。

 

aDSC_0191aDSC_0227aDSC_0026
橋を渡って右側が東京ゾーン・左側が江戸ゾーンと分かれていて、東京ゾーンは時系列・江戸ゾーンはテーマに沿って見ごたえある展示が並んでいます。主な内容は、その時代を生きた「普通の人々の生活」。実際に使われていたものや復元モデル、ミニチュアなどを用いたリアルな展示が、当時の生活・文化・風習を思い描く手助けをしてくれます。

 

aDSC_0231
aDSC_0234
子供の頃はもちろん、両親の若い頃やそれ以前の先祖など、各時代の人たちがどのように生きてきたのかを想像させる展示は、すべてが自分に繋がっていると感じさせます。そして、自分たちがいる「今」もこうして展示されるようになるのだと、時の流れを意識。ポケベルや携帯電話などもすでに展示物の仲間入りをしていたので、「数年後にはスマートフォンもこの中に入るのだろうなー」なんて思ったりしました。

 

aDSC_0183
帰りのエスカレーターでは、いままで見てきた展示とのギャップが…。過去の展示から現代に戻ると、次はこの都市の未来や漫画や映画などで描かれる「TOKYO」を想像する人も多いのではないでしょうか?  様々な楽しみ方ができる江戸東京博物館、町旅的には「時を越える感覚を味わえる」スポットとしてオススメさせていただきます。

国技館を要に広がる相撲のまち
<東京都墨田区>

aDSC_0072
当時は武蔵国と下総国の境界だった隅田川にかけられた大橋が、人々から両国橋と呼ばれ、それが地名にまでなったと言われる両国地域。もとは橋の西側(江戸方面)が本両国、東側は東両国(向両国)と呼ばれていましたが、写真の両国駅(1904年に両国橋駅として)開業や国技館の設立にともない、だんだんと東側が「両国」としてのポジションを確立していったそうです。相撲の町として有名ですが、近年は歴史・文化をたっぷり堪能できる地域として、日本人はもちろん訪日外国人にもとても人気のあるエリアになっています。

 

——————————————-

 

aDSC_0066
両国駅を降りると、1984年(昭和59年)に完成し1985年大相撲1月場所から使用されている両国国技館が目の前に。ほぼ駅直結といっていい近さです。国技館といえば相撲の開催場所というイメージですが、ホームページには「厳粛さを、熱狂を、自在に演出する多目的ホール」とあり、コンサートや物販などのイベント、さらには企業式典や私的行事にも使うコトもできるそう。2020東京オリンピックではボクシング競技の会場としても使われる予定です。

 

aDSC_0077
a000
あまり知られていないようですが、国技館は相撲やイベントの無い日は無料で入場可能。国技館の看板が掲げられた正門周辺は自由に見て歩くことができ、記念撮影用の力士パネルや顔出しパネルも数カ所に設置されています。

 

aDSC_0085
さらに、建物の一角に設けられた相撲博物館も無料で見学できちゃいます。取材時に開催されていたのは1月に引退したばかりの「72代横綱 稀勢の里」特別展。つい最近まで使われていた化粧廻しや太刀などを至近距離で見られるのは相撲博物館ならではでしょう! 最近話題になった「アメリカ合衆国大統領杯」も展示されていました。相撲博物館では、常設展示はなく企画展を年6回行っているそうなので、訪れるたびに新しい出会いや発見がありそうです。

 

aDSC_0089
博物館を出たら売店にも立ち寄るのがオススメ。以前は本場所を観戦した人だけが購入できたという大相撲グッズがズラリと並んだ店内は、見るだけでも楽しくなってきます。記念撮影して、相撲博物館を見て、館内売店まで行くと結構観光した気分になれますよ。両国を訪れるならまずは国技館を覗いてみてはいかがでしょう。

 

aDSC_0097
で、国技館を見て食べたくなるモノといえばちゃんこ鍋ですよね。相撲の町というだけあってちゃんこ屋も多く、ランチメニューで鍋を提供している店も。写真は両国駅目の前にある「ちゃんこ霧島 両国本店」のきりしま定食1,300円。お手軽ちゃんこを味わおうと思ったら、思いのほか紙皿ちゃんこのボリュームが多くてビックリ。両国は、鍋一人前の基準がほかとはちょっと違うのかな? 他店と食べ比べてみたいと考えていましたが、あっさりあきらめることになりました。

 

aDSC_0128
aDSC_0145腹ごなしでもそうじゃなくても、相撲ファンなら京葉道路の南側を歩てみるのも良いかもしれません。駅から徒歩圏内に多くの相撲部屋があるのですが、マンションの1階みたいな場所にあったりと町に溶け込んでいて、なかなか見つけるのに苦労するかもしれません。しかし、路地を歩くとふいに出てくる相撲写真資料館や大きい人専用の洋品店など、相撲の町ならではの発見も楽しめるはず。相撲取りを見かけることも特別なことではありませんよ。