重厚な白壁土蔵造りが連なる美しい町並「筑後吉井」
<福岡県うきは市>

Exif_JPEG_PICTURE
「博多」から約1時間、「久留米駅」で乗り換えて、旅情を誘うかわいいディーゼルカーで約30分、「筑後吉井駅」へ到着します。
Exif_JPEG_PICTURE
駅から歩いて10分ほどで、「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されている古い町並の入口に着きます。土蔵造りの壁に施された紋様が、丁寧な職人技を感じさせてくれます。
Exif_JPEG_PICTURE
「波兎」は、日本で古くから親しまれている縁起物の図柄です。兎は月の精として神秘性をまとい、波は水で防火の意味があるといわれています。こんな建物外壁のレリーフなどを見て歩くだけでも楽しいですね。
324-04
商家もあれば民家もある町並は、1869年の大火災を経験したあと、防火を意識して白壁土蔵が造られたのだといいます。通り沿いには、時計屋、呉服屋、和菓子屋、雑貨屋など、いまも地元のために現役で商売をしているお店が多数残っており、日本の古い景観を知るには最適の町です。
Exif_JPEG_PICTURE
車の多い街道を左(北側)へ折れると、人工的に掘削された水路が巡っており、この水路沿いの一帯はとても静かで、整然と積まれた石垣の上に白壁の建物が続く眺めは見事です。
Exif_JPEG_PICTURE
一般公開されている「居蔵の館」の中へ入ると、瀟洒な庭が見渡せる座敷など、昔の日本人の生活文化がよくわかるものをいろいろ見ることができます。
Exif_JPEG_PICTURE
直火で沸かした鉄の釜の湯につかる「五右衛門風呂」。この呼び名は、昔「石川五右衛門」という大盗賊が釜茹でにされたという伝説に由来するのだそうです。昭和40~50年頃までは古い家にはけっこうありましたよね。
Exif_JPEG_PICTURE
もう少し先へ行くと水路に沿ってあるのが「素盞鳴神社」です。楼門の先に千鳥破風を持つ入母屋造りの拝殿があり、とてもひっそりとしていますが、いかにも神様が鎮座されているという雰囲気です。いわゆる観光地としての賑やかさはありませんが、そこがこの町の魅力です。

INFORMATION

地図

レポーター

岡崎 聡

「町旅」編集部

関連タグ

関連記事

エリア

(Categories)

タグ

(Keywords)

すべてのタグを見る

おすすめ記事