おしゃれな街「神戸」を満喫!「北野異人館」めぐり
<兵庫県神戸市>

「横浜」と並んで日本でも有数の港町としてエキゾチックな情緒があふれる街、それが「神戸」です。とくに「北野異人館街」は、明治の日本開国にはじまる歴史のなかで、外国人居留地として多くの洋館が建ち並び、独特の景観をつくってきたことで知られています。また長らく外国文化の入口でもあったことで、「神戸」はとてもおしゃれな街として人気の高いところでもあります。
234-01
「三宮駅」から、山のほうへ向かって「北野坂」を登ってゆくと、約12分ほどで異人館街の入口へ着きます。メインの通りでまず目を引くのが、まばゆい白壁がまぶしい「洋館長屋」です。元はアパートだったそうですが、現在はフランス風の調度で統一されており、内部はとても洗練された雰囲気に満ちています。
234-02
その向かいの細い坂道を上がっていくと、ひっそりと落ち着いた雰囲気の閑静なエリアへ入っていきます。風情のある露地を通り抜け、「北野」という名前の由来である「北野神社」を過ぎると、また賑やかな雰囲気の「北野町広場」へ出ます。この広場の上にある「風見鶏の館」は、その名の通り屋根についた風見鶏が有名で、「北野」のシンボルともいえる建物です。
234-03
かつてドイツ人商人の邸宅であったという建物に入ると、ドイツ様式の伝統のなかにアール・ヌーヴォー風を取り入れた重厚な空間に包まれます。
234-04
その向かいにある「萌黄の館」は、もとアメリカ人の邸宅だったそうで、淡いグリーンの外壁が明るい雰囲気を醸しています。
234-05
この館の見どころは、なんといっても二階のサンルームでしょう。外壁同様の淡いグリーンのサンルームからは、「神戸」の街と港を一望に見渡すことができ、こんなところでゆったりとお茶などを飲む暮らしができたら、さぞ素敵だろうと思わせる場所です。
234-06
もちろん、このほかにもたくさんの洋館が公開されていますので、建築に興味のある方などは、もっといろいろ見て歩くのも楽しいでしょう。でも、せっかくだから、この街の風景に溶け込むように変身して歩いてみたいという人には、着物と袴のレンタルサービスもおすすめです。明治から大正にかけての日本の女学生は、こういう恰好をしていたらしいです。もちろん男性用も用意されています。
234-07
さて、神戸といえば、やっぱりスイーツです。歩き疲れたら、おしゃれなカフェで一休み。これが神戸の楽しみですね。この日は、抹茶味のワッフルをいただきました。雰囲気のある街でいただくスイーツは、また格別の味ですね。

INFORMATION

地図

レポーター

岡崎 聡

「町旅」編集部

関連タグ

関連記事

エリア

(Categories)

タグ

(Keywords)

すべてのタグを見る

おすすめ記事