「大阪」を代表する繁華街「道頓堀」は娯楽の宝庫!
<大阪市大阪市>

233-01
「大阪」は「くいだおれ」の街と言われますが、「大阪」の食といってまず思い浮かべる場所は、この「道頓堀」でしょう。江戸時代の都市計画により芝居小屋が集められたのが、繁華街形成のきっかけとなったようですが、一帯にはたくさんの飲食店や劇場などが集まり、飽きることなく一日遊ぶことができる街です。
233-02
「道頓堀」は、この「道頓堀川」という運河に沿ってできた街です。「とんぼりリバークルーズ」の船に乗って、水上から景色を楽しむのが、いま人気のアトラクション。川面から見上げると、色とりどりの看板が、芝居の書割のように流れていきます。
233-03
「大阪」の名物といえば「たこ焼き」です。小麦粉の生地に薬味そして蛸を入れて球形に焼いたものですが、焼き立ての熱々に甘辛いソースと青海苔や鰹節をかけて食べます。ほおばると、口中がおいしさでいっぱいに!
233-04
「たこ焼き」の店を示す、グロテスクかつユーモラスな蛸の看板が、あちこちにあって面白いですね。
233-05
こういうド派手な看板の草分けともいえるのは、この巨大な蟹です。まさに「道頓堀」の象徴のひとつ。なんでも目立ったほうが勝ちだという大阪文化のエッセンスが感じられます。
233-06
この「551蓬莱」の「豚まん」は、いまや大阪土産としては大人気の一品です。いわゆる本格的な中華まんとはちょっと違い、日本風にアレンジされたものですが、他の「肉まん」とは一味も二味も違います。「豚まん」と呼ぶところに大阪らしいユーモアも感じられます。
233-07
いまはたくさんの支店があって、いろんな場所で買うことができますが、古くからここにある「戎橋筋」のお店が「551蓬莱」の本店です。
233-08
さて、「戎橋筋」からすこし脇に入ったところが、「法善寺横丁」。この一角だけ周囲とは違って落ち着いた雰囲気です。ここにある「水掛け地蔵」は、全身が苔で覆われています。地蔵さんに水をかけて願を掛けると願いが叶うとされていて、長年たくさんの人が願掛けに来たからですね。
233-09
このあたりで夜の飲み屋街として有名なのが「宗右衛門町」。バーやクラブをはじめ多くの飲食店がひしめいています。魅惑的な夜を楽しむなら、この界隈がおすすめです。

INFORMATION

地図

レポーター

岡崎 聡

「町旅」編集部

関連タグ

関連記事

エリア

(Categories)

タグ

(Keywords)

すべてのタグを見る

おすすめ記事