地上173メートル、視界360度の空中庭園「梅田スカイビル」 
<大阪府大阪市>

230-01
近くから見ると、エレベーターや連絡通路などが剥き出しになっていて、近未来を感じさせるデザインがとてもカッコいい!「大阪駅」周辺のランドマークになっている「梅田スカイビル」は、ツインタワーの屋上に展望台が乗った不思議な形のビルです。
230-02
真下から見上げると、ガラス面の映像と実像が折り重なって、複雑な幾何学文様を構成するさまが、いよいよ未来の都市空間をイメージさせます。これからこの上に登るのだと想像するだけでワクワクしてきますね。
230-03
ガラス張りのエレベーターで35階へ向かい、そこから空中庭園までは、チューブ型シースルーの長~いエスカレーターに乗ります。ビルの下から見上げた時、まるい輪の中へ斜めに突き入っている構造物がこれです。まるでSF映画にでてくる宇宙ステーションのようで、中空へと登ってゆく期待感がさらに高まってきます。
230-04
屋上の回廊「スカイ・ウォーク」からは、「大阪」の街をまるごと眺望することができます。高層ビルやタワーの展望台は、どこでもガラスの向こうに見える景色ですが、ここはオープンエアなので、開放的な光と風を満喫しながら、360度のパノラマ・ビューを心ゆくまで楽しめるのです。「大阪」は古くから水の都、八百八橋と称するほど橋が多いのですが、ちょうど北側にはたくさんの橋梁が掛かった「淀川」を望むことができます。
230-05
内側へ目を転じると、エスカレーターのチューブ、円形の回廊型ラウンジ、その遥か下方に街が箱庭のように見え、うっかりすると平衡感覚を失ってクラクラしてしまいそう。また夜になれば、都市の夜景に浮かぶ空中庭園はダイヤモンドリングのようで、足元には光る道「ルミ・スカイ・ウォーク」が現れ、とても幻想的なムードに包まれるのだそうです。恋人たちには最高のデートコースでしょうね。
230-06
さて、このビルのもう一つの目玉は、地下のレストラン街「滝見小路」です。大正・昭和時代のレトロな街を、人工的に再現した街が、さまざまなレストランになっているのです。たしかに数十年前の日本の街は、こんな感じだったと、深い郷愁を感じさせる風景です。
230-07
店はたくさんあって、よりどりみどりですが、この日はちょっとレトロなランチにしました。甘辛い焼肉と半熟の目玉焼きがベストマッチ、懐かしい味を堪能しました。

INFORMATION

地図

レポーター

岡崎 聡

「町旅」編集部

関連タグ

関連記事

エリア

(Categories)

タグ

(Keywords)

すべてのタグを見る

おすすめ記事