手つかずの自然の美しさを満喫するなら「知床」
<北海道斜里町ほか>

日本国内でも珍しい自然が残る「知床半島」は、海・川・陸のたくさんの生き物が、自然のままの暮らしを続けるとても美しい場所です。世界で最も低緯度で海水が凍ることでも知られ、2005年に「ユネスコ世界自然遺産」に登録されました。
110-01
その「知床」の大自然を手軽に満喫できるのが「知床五湖」です。見渡す限り広大な原生林が広がり、太古の昔から変わらぬ風景はまさに神秘的といってよいでしょう。全長3㎞と1.6㎞の地上遊歩道では、たくさんの動植物を見ることができますが、ただしヒグマと遭遇する可能性もあるので、登録引率者のツアー(有料)に参加する必要があります。
110-02
気軽に風景を楽しむなら、駐車場から直結する全長約800メートルの高架木道がおすすめです。天気がよければ眺望も抜群で、展望台から眺める「知床連山」は、まさに絶景といえます。木道の上を思い思いに散策したり、雄大な大自然をバックに記念写真を撮ったり、展望台で風景を見ながら休憩したりと、ゆったりと「知床」を楽しむことができます。
110-03
「オシンコシンの滝」は、途中で二つに割れているので「双美の滝」とも呼ばれています。国道沿いにあるので、駐車場から階段を登ると、滝のすぐ近くまで行くことができます。間近に見る落差50メートルの水の勢いは迫力満点です。また滝の上にある展望台からは、はるかに「オホーツク海」が見渡せ、流氷の季節には、果てしなく続く真っ白な海原がとても幻想的なのだといいます。
110-04
「知床」近辺で、ちょっと面白いのが「小清水原生花園」です。「原生花園駅(夏期のみ停車)」は、「網走駅」から「JR釧網本線」で約20分、草原のまん中にぽつんとある小さな駅です。ここは海と湖に挟まれた細長い砂丘になっていて、6月から8月にかけては、約40種もの野生の花々が次々に咲き乱れるのです。
110-05
この日(7月初旬)は、ちょうど可憐なオレンジ色の「蝦夷透百合(エゾスカシユリ)」が見ごろを迎えていました。観賞用に改良されたユリとちがって、可愛らしい小ぶりな花がとても印象的でした。
110-06
野生の花々をちりばめた草原の向こうに、ぼんやりと煙ったような「オホーツク海」が広がります。本来は荒々しい自然の営みなのですが、不思議と日本的なやさしさが感じられる風景だと思いました。

INFORMATION

地図

レポーター

岡崎 聡

「町旅」編集部

関連タグ

関連記事

エリア

(Categories)

タグ

(Keywords)

すべてのタグを見る

おすすめ記事