三菱財閥3代目が建てた和洋設置式住宅
<東京都台東区>

i0129
上野不忍池に隣接するように建つ旧岩崎邸庭園は、三菱財閥第3代社長・岩崎久彌氏の本邸として1896年(明治29年)に造られた広大な家です。現在残っている建物は洋館・撞球室・和館の3棟ですが、かつては20棟もの建物が並び、敷地面積は約15,000坪もあったそう。15,000坪は東京ドームひとつぶんの面積と同じくらいの広さ、個人宅の面積としては規格外すぎてちょっとイメージできませんね。現在の敷地面積は約3分の1になっているそうですが、それでも城跡と言われたら信じてしまうような表門(玄関?)です。
 
i0137
石垣沿いに坂を登ると受付があり、1961(昭和36)年に国の重要文化財に指定された洋館が見えてきます。アメリカでの5年間の留学から帰国した久弥氏が、結婚後に自身の本邸として新築した建物で、設計は英国人建築家のジョサイア・コンドル。欧米列強と肩を並べるべく奮起していた明治期日本の財閥社長として、諸外国との社交の場は必要不可欠だったのでしょう。この洋館は主に賓客を遇するために用いられたそうです。
 
i0140
少し話がそれますが、ジョサイア・コンドルという人は、工部大学校(現・東京大学工学部)の建築学教授として来日し、政府や財閥が関連する「明治の洋館」の設計を多く手がけています。同じく明治期に多くの洋館を設計している建築家・辰野金吾氏は、大学の教え子の1人。人材育成面でも評価が高く、日本の近代洋風建築普及に最も功績がある人物といわれています。そんなコンドル氏が設計した建物も、その多くが震災や戦争で失われており、当時の姿を残している旧岩崎家住宅はとても貴重なのです。
 
i0144
洋館ですが建物内へは履物を脱いで入ります。久弥氏が住んでいた当時は、賓客を招いてパーティを催すなど、接客の場として使われることが多かったそうなので、靴のまま入っていたはず。せっかく豪華な建物に入るのに、ビニールに入れた靴を持ちながらなのはちょっと残念…と思いましたが、これにはちゃんとした理由がありますのできちんと持ち運びましょう。
 
i0160
i0169
館内へ足を踏み入れると、まず高い天井や美しい調度品に驚かされます。まるで美術館か博物館のようで、とても個人宅だったとは思えません。この館は、主に接待やパーティなどを行う迎賓館的な用いられ方をしていたそうなので、広さや居住性はもちろん「見せ方」にまで配慮されていたのでしょう。17世紀英国ジャコビアン様式を基調に、ルネサンスやイスラム風モチーフなど、様々な文化が織り込まれているのは、どの国の人がきても喜んでもらい話題が作れるという、「おもてなしの心」からだったのではないでしょうか。
 
i0187
2階に設けられた客室は部屋同士を接続できる仕様。壁紙に使われているのは日本の伝統工芸品である「金唐革紙(きんからかわし)」です。
 
i0174
これは西洋から渡ってきた「金唐革」が貴重なあまり和紙を使って作った代用品で、1600年代後半ごろからつくられていたそう。しかし、明治時代になるとウィーンやパリなどの博覧会に展示するまでになり、ヨーロッパでも好評を得たという代物。客室の一角には、感触が楽しめるようにさわれる作品や代表的作品が展示され、見どころのひとつになっていました。
 
i0228
順路にそって洋館を見て回ると、突然和風の渡り廊下があらわれます。
 
i0237
i0231
「旧岩崎邸住宅」として有名なのは洋館ですが、実は和洋並置式住宅で家族の日常生活は和館がメインだったそう。もともとは洋館をはるかにしのぐ550坪という広さがあったそうですが、1969(昭和44)年にその大部分が取り壊されてしまったといいます。現存しているのはごく一部(1棟)のみですが、現在では入手困難な木材や板絵など見どころあり。喫茶室もありますので、かつての富豪になった気分で一服してみては。
 
i0238
和館を突き当りまで進むと出口になり、ビニールに入れて持ち歩いた靴の出番になります。靴を持ち歩くのは、入口と出口が異なるためだったのです。外にでるとちょっとした公園よりも広い庭があり、こちらも散策可能。かつては久弥氏と子どもたちが乗馬やテニスを楽しんだり、日露戦争戦勝記念の園遊会なども行なわれたと伝わる庭は、所有者や時代の変化とともに変遷を重ねていますが、現在は久弥氏所有時に近い形で復元されているようです。踏むのが申し訳ないと感じるほど、綺麗に整えられた芝でした。
 
i0248
庭を抜けて洋館入口の方へ戻るとスイスの山小屋風のつくりをした別棟があらわれます。ここは洋館と同じジョサイア・コンドル設計の撞球室(どうきゅうしつ=ビリヤード場)で、洋館とは地下通路で繋がっているそうです。中には入れないので開け放たれたドアから覗いてみたのですが、残念ながらビリヤード台は置いてありませんでした。建物だけでなく、当時のビリヤード台やキューも見られると嬉しいところですが、一度失われたものは復元するのも大変なのでしょう。岩崎邸を訪れると「都市化がすすむなかでもしっかり残していくべきものがある」と、感じることができます。

INFORMATION

地図

レポーター

恩田正恒

東東京の名園の多くが岩崎久弥氏の寄付したものと知って、旧岩崎家本宅にも訪れてみました。
戦後GHQに接収されたり国有施設にされたりと波乱の歴史を歩み、失われてしまったものも多いようですが、100年以上も前に作られたとは思えないほどお洒落で先進的な雰囲気です。建物のつくりや設備を見ていると、久弥氏の考えの一部が伝わってくるよう。時代のせいか思想のためか「和洋設置」→「様々な文化の融合」というのが設計の基本にあるような気がしました。

関連タグ

関連記事

エリア

(Categories)

タグ

(Keywords)

すべてのタグを見る

おすすめ記事