知的冒険が楽しめる研究図書館のミュージアム
<東京都文京区>

1095
国指定名勝・六義園のすぐそばには、六義園を東京市に寄付した三菱財閥3代目社長・岩崎久弥(いわさきひさや)氏によって1924(大正13)年に設立された「東洋文庫」があります。ここは、国宝や重要文化財を含む約100万冊が蔵書された東洋学の研究図書館で、その規模はアジア最大。しかも、貴重な資料は原則すべて公開されていて、閲覧や複写も可能。オンライン検索に対応するためのデータベース化もすすめられているなど、思いのほか多くの人々に開かれている施設です。 さらに、2011年にオープンしたミュージアムでは、一般向けの企画展示が行なわれていて、テーマに沿って分かりやすく貴重な資料が展示されています。図書館のミュージアムってどんな感じなのか気になりますよね。
 
a1182
a1175エントランスを抜けてすぐのオリエントホールは、高い天井と大きなガラス面の開放的な空間。上の写真右側に写っている展示ケースは国内最長らしいです。ケースのなかには、様々な言語で記された貴重な古書がズラリ、それぞれ付いている解説まで読んで進むと結構時間かかりました。さすが国内最長です。そして、2階へあがると…
 
a1112
1104
三方を囲む本の壁「モリソン文庫」がどーんとお出迎え。北京駐在のオーストラリア人ジョージ・アーネスト・モリソンから、1917年に岩崎久弥氏がまとめて購入したコレクションで、その内容は東アジアに関する欧文の書籍・絵画・冊子など約2万4千点。古書が醸し出す重みと美しさが混然となった空間は、足を踏み込むと映画の登場人物になったような気になれます。ちなみに、フラッシュを使わなければ写真撮影もOK。モリソン文庫を背景に撮影すれば、知的かつインパクトのある画像がとれそうじゃないですか?
 
a1125
モリソン文庫の次に足を踏み入れるのは「回顧の路」。ここから先が企画展示になっていくのですが、極限まで絞られた照明がや、クレバスを渡るような演出など、冒険におもむくようなドキドキ感が味わえます。頭のなかでは、有名な考古学者・ジョーンズのテーマが…つきあたりで輝くドアの先には、人類の叡智が詰まった文字群がまっているのです。
 
a1179
企画展で知の冒険を楽しんだあとは、併設レストラン「オリエント・カフェ」へ足を運んでみては。こちらでは、かつで岩崎久彌が主を務めた小岩井農場のこだわり素材を用いた、東洋文庫ゆかりのメニューが提供されています。食事・喫茶いずれの目的で利用しても、上質な時間を過ごす満足感に浸れるはず。ただし、貸切予約が多いようですので、訪問前にHPなどで営業時間のご確認を。

INFORMATION

地図

レポーター

恩田 正恒

企画展も撮影は可能でしたが、時期によって展示が変わってしまうので写真は割愛。取材時は「漢字展ー4000年の旅」という企画が行なわれていました。歴史の教科書に載っているような本(史記とか!)とともに、一般にはあまり知られていない文字で書かれた本やとてもマニアックな資料もあり、想像していたより10倍くらい面白かったです。
特に印象深かったのは、科挙(かきょ)の解答なんてものが残っていたことと、そこに書かれている文字の上手さ! 知性を感じさせる文字ってあるんですね~。

関連タグ

関連記事

エリア

(Categories)

タグ

(Keywords)

すべてのタグを見る

おすすめ記事