私的記憶と歩く西新井大師
<東京都足立区>

daishi_13
忘れていたり無視していたわけではないのですが、なぜか今まで町旅で紹介していなかった西新井大師。自分の地元では一番の名所で、足立区では大師といえば西新井大師の事を言います。子供の頃は、祖母に連れられて来ましたし、最近になっても正月には家族とお参りにくる馴染みのあるお寺です。
 
daishi_01
家から自転車でも20分くらいですが、家族と行くときは東武線スカイツリーライン・西新井駅から出ている東武大師線という電車に乗ります。この大師線は名前の通り西新井大師のための路線になっていて、駅は写真の大師前駅しかありません。しかも大師前駅の改札は無人で、切符も売っていません。1駅(路線は約1㎞・乗車時間2分)しかないので、上りも下りも「清算は西新井駅」という、独自のルールがまかり通っています(笑)。
 
daishi_09
駅をでて右へ歩きはじめると1分もかからず山門に到着。初詣の時期は混雑するので大きく迂回させられるのですが、それ以外はコチラのルートでOK。お土産屋や飲食店がならぶ参道から歩きたい場合は駅から左へ向かいます。ただ、西新井大師の場合、参道には帰り道に寄る人が多いのかなというイメージです。年始の迂回路も参道を通らないルートに設定されていますし…。
 
daishi_11
山門から本堂までの短い距離の間にも、塩地蔵や六角観音堂などの見どころがあります。しかし、それを覆い隠すような勢いで立ち並ぶのが出店。西新井大師の境内はいつ訪れても多くの出店が建っているような気がします。もしかしたら常設に近い感じの店も多いのかもしれません。強く印象に残っているのは30年くらい前にあった「八目うなぎの串焼き」の出店。「大師様の八目うなぎは目に良い」なんて言って、祖母が買って食べさせてくれたのを覚えています。
 
daishi_17
いつも出店に気を取られていたので、今回初めて認識したのが「塩地蔵」。お堂内の塩は「いぼ取り」などに霊験があり、功徳があったときは倍の塩を返すという仕組みで、江戸時代から信仰されているというお地蔵様です。結構強めの個性をお持ちなのですが、アピールが控えめなためか、近年はあまり知られていないようです。ひとつ前の写真だと、黒糖と赤白のカバー(やっていない)の店の間のちょっと引っ込んだ位置に鎮座するという奥ゆかしさ。ここはまわりが気を使い、参道で塩せんべいとか塩饅頭とか塩飴などを売って、盛り上げていってもらいたいものです。
 
daishi_12
daishi_13
西新井大師の正式名称は五智山遍照院總持寺(ごちさん へんじょういん そうじじ)。こちらも初めて知りました。おそらく近所で「總持寺」と言っても、わかる人は一割もいないのではないでしょうか。本堂には弘法大師と大師が造られたと伝わる十一面観音像が祀られています。歴史の授業で大師=空海と習い「そんな偉人が地元に!」と親しみを感じたものですが、大人になって実は高野山の人であるとか、全国各地に足跡や伝聞が残ると知って、なんとなく残念に思ったものです。
 
daishi_14
横に広い賽銭箱の向こう側はガラス張りになっていて、本堂内で御祈祷をしている様子が見えます。いつも多くの人が御祈祷を受けていて驚くのですが、調べてみたら、お護摩祈願をはじめ、車祈願・ご供養など、祈願の種類ごとのスケジュールもHPにしっかり記載されていました。お護摩祈願はほぼ毎日6~8会の機会が設けられており、いまでも多くの人の信心を集めているのは間違いないよう。さすが西新井大師です。

INFORMATION

地図

レポーター

恩田 正恒

町旅が始まった時から自分の地元で紹介するなら「まずは西新井大師だろう」と考えていたのですが、近すぎるあまり後回しになってしまいました。
あらためて訪れてみたら、知らなかった・気がつかなかったコトがいろいろ分かり、今まで以上に誇らしげに感じます。
しかも、年末年始の繁忙期に自宅近くの西新井大師が残っていてくれたので助かりましたし…大師サマサマです。

関連タグ

関連記事

エリア

(Categories)

タグ

(Keywords)

すべてのタグを見る

おすすめ記事