天領として栄えた「飛騨の古都」飛騨高山~後篇~
<岐阜県高山市>

8ee75d03f472038ecca6245bfb8ff836
5cd9710663fb11256d148517a6c91f94
「高山市政記念館」は明治28年から昭和43年まで使用された町役場である。三町の南端に位置しており、まるで一之町、二之町、三之町を見守っているかのようだ。ふたつの玄関が東西に配置されており、事務室用、2階会議場と向かう場所によって使い分けられていた。手がけたのは飛騨の名工といわれた大工棟梁「坂下甚吉」。低姿勢、丁寧さを表現すると言われる「むくり屋根」が採用されていたが、これは町役場のあり方を表現したかったのだろうか。
 
30f038bdd678a2c3d02bb69ed1c70128
国の重要文化財に指定されている「吉島家住宅」。かつては酒造業を営んできた家だが、江戸後期頃から生糸繭の売買などで栄えた。正面入口、奥にかけられていた「引両紋(ひきりょうもん)」がつけられていた暖簾は幕府から賜ったもので、吉島家が“みもとよろしき豪商”であったことを示しているそうだ。
 
8da50461e5e06f211fc7172bd76047ce
最大の見どころは土間の吹き抜けである。大きな梁や柱が巧妙に張りめぐらされ、高窓から入り込む光によって木の肌は色合いをかえていく。再建築を手がけた西田伊三郎の技と美意識が凝縮されており、いまだその魅力を放ち続ける「吉島家住宅」は飛騨高山が誇る日本建築である。
 
2150c52c5c9ca2fb7cf57d8036899678
吉島家の隣に建つ「日下部民藝館」も国の重要文化財に指定されている。かつて幕府の商人として栄えた商家で屋号は「谷屋」。当時の邸宅は明治8年の大火で焼失したが、明治12年に再建された。現在は民藝館として、高山や日下部家の歴史や文化を伝える施設として一般公開されている。一番の見どころは絢爛豪華なお仏壇。当時約300両(現在の約1億円の価値といわれる)をかけて作られたと伝わっている。
 

思わず二度見してしまった家屋。なんと歯医者であった。看板を目にしなければ、誰もが気づかないだろう。立派な松の木や景観を意識した造りが素晴らしい。歯医者を苦手とする人は多いと思うが、ここであれば“行ってみようかな”という気になるかも知れない。
 
69de3830c2f3de9ac542a2f0143171ef2
大新町の町並み。下三之町とは違って人が少なく古い町並み特有の静けさが漂っていた。良い町というのは、その土地を離れる時に後ろ髪を引かれる思いをする。当然、この町もそんな思いにさせてくれた。
 
 
 
 
 
 
 
 

地図

レポーター

森 順一郎

飛騨地方のお土産屋さんに行くと“これでもか!”というほど「さるぼぼ」グッズが売っていました。さるぼぼは「猿の赤ん坊」という意味で、縁結び・夫婦円満・安産に御利益があるそうです。革製の小銭入れを購入したところ、これが丈夫で使いやすい。我が家では小銭を入れず、旅行用の裁縫道具を入れています。

関連タグ

関連記事

エリア

(Categories)

タグ

(Keywords)

すべてのタグを見る

おすすめ記事