昭和の面影が色濃く残る平塚競輪場
<神奈川県平塚市>

hiratsuka2_01
hiratsuka2_16
数々のマリンレジャーが楽しめる平塚の海からすぐ近くにある平塚競輪場。開設されたのは1950(昭和25)年と70年近い年月を刻んでおり、パッと見は懐かしい雰囲気です。僕は初めて競輪場を訪れたのですが、本場開催(ココでレースが行われるとき)は入場料100円で、場外開催(他の競輪場でレースが行われるとき)は無料とのこと。取材時は場外開催の日だったので、ふらっと入ってみました。

 

hiratsuka2_02
ゲートをくぐると無料の出走表が置いてあったので一枚頂戴。モノクロ刷りで写真など一切入らない無骨な仕上がり、実用情報のみを詰め込んだ紙面は長い間変わらないスタイルなのでしょう。「期別・班別」や「BK」など、初心者には詳しい意味が分からない単語も使われていますが、かえって独特の世界が感じられグッとくるものがあります。

 

hiratsuka2_03b
レースが始ると屋外モニターに人が集まってきました。みなさんモニターに集中しているので、お顔が写らない写真 (念のためボカシ入れましたが)が撮りやすい!レースが佳境になるといくつかの声とともに熱気があがり、不思議な一体感と昂揚感を醸しだします。それほど鉄火場の雰囲気ではなく、当たっても外れても多くの人が楽しそうな雰囲気です。

 

hiratsuka2_09
メインスタンドは昨年(2017年)に完成したばかりで驚くほどキレイです。1F投票所の周囲は株式取引でもしているかと思う感じでした。中は空調も効いているし、ドリンクサービスもあり快適。スタンドにもすぐに出られるので、とても整っている環境だと思います。

 

hiratsuka2_12
hiratsuka2_07hiratsuka2_08
レースが開催されていなくてもスタンドにはそこそこの人が…。コースは一周400mで、想像より小さかったのですが、バンクの傾斜は「ここを自転車で走るなんて無理」と思わせるほど急でした。ちなみに、年に一回開催される湘南バイシクル・フェスというイベントでは、一般参加者がバンクの中を走行できる無料の試乗会が行なわれているそうなので、間近で見たい方は参加してみては。

 

hiratsuka2_14
hiratsuka2_06hiratsuka2_15
また数多くある飲食店も場内の魅力のひとつ。どこか遊園地風でありながら、立ち飲み屋の雰囲気も併せ持った佇まいもステキですし、良心的お値段で懐にも優しい! 新聞を持って予想をしている店員さんがいたのは驚きましたが、お客さんとのコミュニケーションには最も効果的なスタイルなのかもしれませんね。仕事中でなければ迷いなく一杯やってるところです。

 

hiratsuka2_11
場外へ出ると平塚駅か本厚木駅までの無料バスが出ていて、切符を持った女性に「乗りますか?」と声をかけていただきました。出発まで10分くらいあるというのでお断りすると、隣りにいた年配の男性まで「10分待っても5分で着くよ。体を鍛えてるんじゃないなら乗った方が楽だよ」と笑顔ですすめてくれます。車券も買ってないのに申し訳ないな~と思いながらバスに乗ると、なんと声をかけてくれた男性が運転手さんでした。施設も人もひとむかし前のあたたかい日本を感じさせる「平塚競輪場」へ、足を運んでみてはいかがでしょう。

様々なマリンレジャーが気軽に楽しめる平塚の海辺
<神奈川県平塚市>

hiratsuka01
神奈川県のほぼ真ん中、湘南地域のなかでも多くの観光スポットがある平塚市。特に有名な「ひらつか七夕まつり」は、戦後の復興策として1951(昭和26)年から開催され、条件が良い時には約300万人が訪れることもあるビッグイベントです。そんな「七夕まつり」は7月の3日間のみの開催ですが、平塚市にはいつ行っても楽しめるスポットもたくさんあるんです。

 

hiratsuka02
hiratsuka00
まずはやっぱり湘南の海でしょう。JR平塚駅からまっすぐ南へ1㎞少々、駅前のバスに乗れば10分かからない距離にある平塚海岸は年間を通して水辺のレジャーが楽しめる地域で、「これが近くにあるのが湘南暮らしか~」と羨ましくなる場所です。

 

hiratsuka04
相模湾に面した砂浜は天気が良ければ右に伊豆半島や富士山、左は江の島や房総半島、正面には伊豆大島が望めるロケーション。取材日はあいにくのお天気でしたが、それでも砂浜で静かに本を読む人やビーチバレーに興じる人、ペットの散歩に来る人など、おそらくご近所の方々が訪れていました。

 

hiratsuka03a
hiratsuka04b
hiratsuka05a
「湘南ベルマーレひらつかビーチパーク」と呼ばれるエリアは、通年利用できる未来型ビーチ。10面もあるビーチバレーコートをはじめ、ビーチサッカーコート、バスケットコート、広場など様々な施設があり、空いていれば無料で使用できちゃいます(20名以上の団体は要予約・有料)。さらに、パークの中心にある「湘南ベルマーレひらつかセンター」は、トイレ・シャワー・更衣室はもちろん、インフォメーションや救護施設、軽食の売店もあるので、気軽に手軽にマリンレジャーが楽しめるのも魅力的です。

 

hiratsuka06a
hiratsuka06b
hiratsuka07a
平塚ビーチパークの東端から500mほど先にある港は平塚新港。2016年からは平塚の漁業PRキャラクターの名前を冠した「ひらつか玉三郎漁港」という名前で親しまれています。このひらつか玉三郎くんは東海大学教養学部芸術学科デザイン学課程の学生たちが考案した猫のキャラクターで、「湘南地域ブランド創造プロジェクト」を通じて様々なプロモーション活動中を行っています。なんとなくおネエ系のイメージを持っていましたが、HPを見ると「ワイルド」「酒が好き」「女好き」「意外とやさしい」と荒くれ漁師をイメージしている事が判明。子どもたちからはやや怖がられているそうですが、インパクトと面白みは突き抜けていますよね。取材時は港が閉鎖されている時間でしたが、定期的に行われている「地どれ魚直売会」や「ひらつか玉三郎漁港まつり」など、玉三郎が登場するイベント時の訪問がオススメ。

 

hiratsuka13
hiratsuka10
hiratsuka09
「ひらつか玉三郎漁港」の近辺では釣り人たちがチラホラ。相模川河口と駿河湾が交わる周辺は、魚種も豊富で様々な釣り方が見受けられました。広い駐車場や漁船乗り場、飲食店もあるので、楽しみ方もいろいろ選べそうです。仕掛をつけた竿一本だけという軽装の人も多く、近所の人が多い印象を受けました。仕事帰りにちょっと竿をだせる環境はまさに港町といったところでしょう。個人的には乗合船でアオリイカ釣ってみたいです。

 

hiratsuka11
釣り人を眺めがら川の上流へ歩いていくと5分ほどでもう一つの港、須賀港(平塚港)に到着。こちらはこじんまりとした港ですが、地域一帯は江戸時代から船を使った産業が盛んであったとのこと。平塚市漁業協同組合もこの港に隣接しています。ちなみに、湾内ではシーズンになるとクロダイも釣れるという情報も。

 

hiratsuka12
須賀港と平塚駅はバスで結ばれていましたが、北へ500mほどの位置には平塚競輪場が…。ちょっと覗いてきたので次回紹介します。

日本のシルクロードと桜を巡る南東北の旅
<福島~山形>

明治から昭和にかけて日本の近代化を支えた絹産業、養蚕~製糸~機織などの絹産業はその当時全国各地に広がっていました。その絹産業の盛んだったエリアのうち、今回は福島~山形を巡る旅をご紹介します。
0012
東北新幹線の郡山からスタートして二本松・福島(宿泊)、山形新幹線で米沢・山形・蔵王(宿泊)、そして仙山線で山寺を経て仙台へというルート、2泊3日を想定します。四季折々それぞれの魅力があるエリアですが、桜を巡る旅はまた格別です。

<1日目>

■東京
| 東北新幹線:80分
■郡山
| JR水郡線:13分
■三春 ※滝桜見学(桜の時期には駅からバス便があり)
| JR水郡線:13分
■郡山
| JR東北本線:36分
■二本松/記事:        
| JR東北本線:36分
■福島/記事: 
| 飯坂電車:23分
■飯坂温泉(宿泊)

<2日目>

| 飯坂電車:23分
■福島
| 山形新幹線:36分
■米沢/記事:
| 山形新幹線:40分
■山形/記事:
| バス:40分
■蔵王温泉(宿泊)

<3日目>

| ロープウェイ:17分
■地蔵山頂  ※御釜までゆく場合は、山形市でレンタカーを借りましょう。
| ロープウェイ:17分
■蔵王温泉
| バス:40分
■山形
| JR仙山線:16分
■山寺
| JR仙山線:60分
■仙台
| 東北新幹線:92分
■東京

※行程表の所要時間は乗車時間の目安です。また、この行程で各記事に記載された場所をすべて回れるわけではありません。

三春の滝桜
「三春 滝桜」

合戦場のしだれ桜
「二本松 合戦場の桜」

1
「福島 花見山公園」

1
「米沢 松が岬公園」

2
「山形 霞城公園」