八代将軍吉宗が作った庶民のためのお花見名所
<東京都北区>

b_ouji01_01
ouji02_01王子駅から見える小高い丘の飛鳥山公園は、広い園内の広範囲に桜が植えられていて花見の名所としても有名です。なんとこの地を最初に整備したのは八代将軍の徳川吉宗。1720(享保5)年から翌年にかけて桜を植え、10カ所の水茶屋を建設して庶民の行楽地として開放したのが始まりです。「享保の改革の一部として、吉宗自らが宴席を設けて名所とアピールした」なんて話も伝わっている歴史的なお花見スポットなのです。

 

ouji02_09
ouji02_10ouji02_15飛鳥山は山頂部が比較的平坦で、遊歩道の両側にも桜が植えられています。この歩道の周辺がお花見のメインスポット。当時は禁止されていた「酒宴」や「仮装」が幕府により容認された飛鳥山は、庶民が様々な趣向をこらして楽しむ場所になったそうです。300年後の現在にも伝わるスタイルは、飛鳥山が流行らせたのかもしれません。

 

ouji02_03
ouji02_04公園のほぼ中央に置かれている飛鳥山碑(あすかやまひ)は、1737(元分2)年に飛鳥山開放を記念して王子権現の住職により建立されたもので、地名の由来や飛鳥山の変遷が記されています。ここには吉宗の公園化事業についても詳しく書かれているそうですが、文章が非常に難しく設立当初から読み難い石碑として有名だったそう。しかし、それが飛鳥山のシンボルとして知られることになり、飛鳥山を示す浮世絵などは、芝山に桜と石碑が描かれているそうです。

 

ouji02_05b

ouji02_0650mほど離れた所には、佐久間象山の作といわれる「桜の賦(ふ)」が刻まれた碑もあります。石碑は勝海舟が発起人として、1881(明治14)年に建てられたものですが、100年以上経ったいまでも文字はしっかり判別できます。実は象山が自らと桜を重ね合わせた意味があるという「桜の賦」は、美しい桜の花が人々の心を動かす様が記されています。

 

 

ouji02_12

山から南へ数メートル下った所には広場があり、そちらから眺める桜もなかなか。「北区さくらSAKASO祭り(今年は3月31日・4月1日)」の開催時は、ステージで催し物が行なわれ、手前には数多くの飲食店が軒を並べます。江戸時代から続く「花見で酒宴」の伝統を守るべく、飛鳥山公園に訪れてみてはいかがでしょう。

「アスカルゴ」に乗って東京一低い「飛鳥山」へ
<東京都北区>

ouji01_01
京都北区にある王子駅の目の前は、東京一低い山「飛鳥山」があります。

 

ouji01_02
飛鳥山は武蔵野台地の北東に位置し、一帯は飛鳥山公園として様々な人々の憩いの場になっています。特に桜の名所として有名ですが、一部の愛好家とお子様連れから注目を集めているのが…飛鳥山公園の北端に北区が設置・運営している「あすかパークレール」の「アスカルゴ」。

 

ouji01_03

 

ouji01_07あすかパークレールとは公園入り口駅と山頂駅を約2分でつなぐ自走式モノレールで、標高差17.4m・レール延長48mを約2分でつないでいます。エレベーターのような押しボタン運転方式ですが、運行時間中(10:00~16:00)は管理人さんが常駐してるので雰囲気アリ。しかも無料で利用できるとあって、一部の愛好家とお子様連れだけでなく、そうでない人々もたくさん乗車していました。

 

B_ouji01_04

ouji01_05モビリティ「アスカルゴ」のデザインも人気の一因。全体的にはカタツムリのようなかわいらしいシルエットながら細部は未来感がある個性的なデザインは、多くの人々の興味を惹くのではないでしょうか? 実際に乗ってみると、室内はガラス面が大きく開放感があるうえ、エアコンもついていて快適。音も驚くほど静かです。タイミングがあうと新幹線やJR京浜東北線・都電などが見え、乗り物好きにはたまらないシチュエーションではないでしょうか?

 

ouji01_08

スピードは分速30mと歩くより遅いのはご愛嬌。日々忙しく動き回るなか、カタツムリのようにゆっくり移動するのは、むしろ貴重な経験かもしれません。

 

ouji01_09

ouji01_10山頂駅から数10メートルのところには思いのほか立派な山頂モニュメントがあって驚きます。標高25.4mと刻まれた碑の前で写真を撮って、ピークハントを証明しましょう。駅から10分以内で登頂できる超楽チン登山です。

 

ouji01_11

碑の前にある方位版には、札幌や沖縄のプレートがはめられていました。公共基準点としての決まりがあるのかもしれませんが、北区の標高25.4mからはイメージするにしてもかなりの距離が…。アスカルゴも含めて、北区さんはなんとなく遊びゴゴロを感じさせますね。

 

 

【再掲】歩きながら見る桜。大横川は隠れた名所だった。
<東京都江東区>

4dbafb8b40aec9bbf5133f5244a335c5

東西線門前仲町駅から約5分、永代通りの裏手にある大横川。この名前を聞いてすぐに場所がわかる人は多くないだろう。実は、隠れた桜の名所なのである。毎年、開催されている「お江戸深川桜祭り」も開催され、盛り上がりを見せている。川沿いの桜を船上から楽しめる「和船体験」や「夜桜ライトアップ」など様々なイベントが開催されている。

 

e305137e7e797ac29b486395547c0e47

川沿いには沢山の桜が立ち並んでいる。この場所は公園などとは違い、座ってくつろげる場所が少ないため、皆、歩きながら花見を楽しんでいる。桜のトンネルを気が済むまで往復する感じだ。土日はビール片手に楽しんでいる人も多い。

 

ab30ae75d143ac23d320805bf69e5a3b

7737a645534552db831fb5c28493a315

こちらはライトアップ。夜になるとサラリーマンやOLの方が多く訪れる。近くのコンビニでお酒とおつまみを買って「歩くお花見」を満喫している。桜だけではなく、提灯の灯りがゆらゆらと映る大横川にも注目してほしい。

震災から復活した美しい港
<福島県いわき市>

 

aquamarin23
以前紹介した「アクアマリンふくしま」を出るとすでに日暮れどきでしたが、駐車場から飲食店や船などが見えるので行ってみることにしました。

 

aquamarin10c
「アクアマリンふくしま」がある小名浜港は、江戸時代の幕府上納米の積出港として港の基礎がつくられ、明治時代は江戸時代末期に発見された石炭の積出港として栄えたそうです。現在も国際貿易港として重要な機能を果たしながら、観光資源としても活用されています。

 

aquamarin14
特に1・2号ふ頭の間は「アクアマリンパーク」と名づけられ、観光地として美しく整えられています。海面近くまで近寄ることができる親水テラス や、さまざまなイベントが開催される親水ガーデンは、多くの人が行き交う場所…ですが、日暮れ近くに行ったらほぼ貸切状態。晴れた昼間にくるべきでした。

 

aquamarin15
「小名浜さんかく倉庫」は古くから残る倉庫群を活用した商業施設で、地域の食をテーマにした飲食店や土産物屋があるほか、観光情報を得たり休憩もできます。こちらも夕方以降はクローズなので駆け足で覗いてきたのですが、ほとんど店じまい状態でした。ろくに調べもせず遊びに行く自分もどうかと思いますが、内外装ともお洒落だし周囲の雰囲気も良い感じ。夜も稼働してくれると良いのにと思いました。港の夜景を見ながら食事が楽しめる場所として需要ありそうじゃないですか?

 

aquamarin18
aquamarin19a
「いわきのいいものぜんぶある。」がキャッチフレーズの観光物産センター「いわき・ら・ら・ミュウ」は、1号ふ頭にあります。市場風につくられた海産物店や飲食店が並ぶほか、観光遊覧船のチケット販売所・子供向け室内遊技場・展示スペースなどもあって、ココだけで観光が完結しそうな勢いです。とはいえ、夕方にはほとんどの施設が終わってしまうので、小名浜港に来たら最初に訪れておくのが正解かも。

 

aquamarin20
「いわき・ら・ら・ミュウ」の2階にある「ライブいわきミュウじあむ」は、市の歴史や観光情報を無料で紹介しています。僕が訪れたときは「3.11 いわきの東日本大震災展」が行なわれていました。

 

aquamarin21a
aquamarin21b
ここにこなければ知ることができない地域の人々の声やリアルなアイテムに、思わず閉館まで見入ってしまいました。被災地で見る生々しい展示は、例えようのない感情が掘り起こされます。

 

aquamarin17a
いわき・ら・ら・ミュウから外へでると、建造中のスペースコロニーのような未来的外観をした環境水族館「アクアマリンふくしま」が対岸にみえます。震災後は一切展示する生物がいなくなった時期があったそうですが、現在はとても充実した展示でした。マリンパークのすぐそばでは、新たな巨大商業施設も建設中でしたし、小名浜港周辺はこれからますます活気ある地域になりそうです。

間近で見られる国宝の数々「高岡山 瑞龍寺」
<富山県高岡市>前篇

5c18ef1ec1d8a57ca129370e7bbcd37d

大粒の雨が降りしきるなか訪れた「瑞龍寺」。加賀藩第二代藩主前田利長の菩提寺であり、名匠・山上善右衛門により約20年の歳月をかけ建立された寺院だ。あいにくの天気であったが、多くの観光客が訪れていた。残念ながら国宝のひとつである「山門」は修復中であり、その大部分がネットで覆われていたが、それはそれで、なかなか見られない光景だった。

 

2d8d2fab692124d09cd21604b7b1a58b

そのネットに覆われていた「山門」。何とも異様な光景である。高さは約18メートル、寺院内で最も高い建造物だ。1746年の大火で焼失し長い間、仮の門が建てられていた。現存する門は、1820年に竣工したものである。上層と下層の出方が変わらない二重門は、積雪時に落下した雪が下層門に当たらないようにするためだと推測される。

 

128f14d14096abaa7b33e1d5645911d7

b0e41f0fdac3b179cd0282c279607e37

山門の下層に安置されている「金剛力士像」。鮮やかな彩色が施されていた。江戸後期の作と伝わっており、2015年、経年劣化によるゆがみや欠損が修復され、彩色も当時の色彩を取り戻した。高さは約3.4メートルもあり、ここまで大きい金剛力士像は珍しいと言われている。

 

2b3b752f926d0f30b3d476f0a76e8858

「仏殿(国宝)」は重量約47トンの鉛瓦葺きである。当初は杮(こけら)葺きであった。鉛瓦葺きの理由として、非常時に屋根の鉛を鉄砲の弾にするという説があるが、冬季の積雪対策のためという説が有力だ。本尊として釈迦如来、普賢菩薩、文殊菩薩などが祀られている。

 

64e75b8961d8b49eb8de18eec3f0c334

周囲約300メートルの「回廊(重要文化財)」は北回廊、南東回廊、南西回廊からなる。壁の白色、板戸の茶色、太陽の光が見事に調和しており、これぞ日本の美といった感じだ。また、規則正しく配置された柱や格子戸に囲まれた空間は、歩いているだけでも心地よい。

 

 

千葉県北東部に広がる実り豊かな里山~後編~
<千葉県匝瑳市>

8ddebca7dbec4b51880b467823075242

「天神の森」はスダジイ(椎の木)を主体とした自然林である。この森の見どころは発達した「板根」が圧巻の迫力である巨老木だ。板根は南洋の熱帯雨林地域では多く見られるが、日本では学術的にも珍しいとのこと。その隣には巨老木に寄り添うかのように社殿が佇んでいる。非常に風情溢れる、癒し系スポットだ。飯高寺から徒歩圏内なので、併せて訪れたい。

 

73f93d941ff4a7db18a4f7762518e996

急勾配の石段を囲む竹林も癒しの空間である。天神の森はロケ地に使われることが度々あるようで、NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」の撮影が行われたことでも知られている。

 

dc5992c2d83cd48082f23f8dba057e27

飯高檀林の学僧も祈願した学問の神様である「飯高神社(いいだかじんじゃ)」。昭和62(1987)年、修理の際に発見された屋根の銅板に宝暦8(1758)年と記されていたことから18世紀後半の建築物とされている。大きな特徴は、壁面、扉などに中国の説話にもとづく二十四孝の彫刻が施してあるほか、本殿のあらゆる部分にも彫物で装飾されていることだ。下総の神社彫刻を研究するうえで貴重な存在であり、本殿は県の有形文化財に指定されている。

 

fbcac218e8503d8d6fba6af44dfafaeb

天下泰平、開運勝利などの願いが成就すると言われる「妙福寺」は、日蓮宗の古刹だ。5月頃には樹齢約700年と伝わる藤棚に美しい花が咲き、多くの人で賑わい見せる。このことから別名「藤の寺」と呼ばれている。またその昔、水戸光圀公が参拝に訪れた際、お手植えされた梅があったとも言われている。

 

0793ab8c0a0ab5ecad1124f64cfc279d

「池田堤」とは、1695(元禄8)年に飯高檀林を訪れた水戸光圀公一行のために作られた道である。当時の村人が総出で作業したそうだ。当時は2本の道が作られたが、現存するのは「池田提」のみである。ゆっくりとサイクリングでもしながら、光圀公の気分に浸るのも良いかも知れない。

神話の時代から重要地点!? 独特のモノゴトが多数ある琵琶湖畔の神社<滋賀県高島市>

湖中鳥居に注目が集まりがちな白鬚神社だが、興味深い点は他にも多数ある。

 

sirahige_06
sirahige_07
豊臣秀頼の寄進により1603年(慶長8年)に建立された本殿は、桃山時代特有の建築様式がよく示されており昭和13年に国の重要文化財に指定。大変貴重な文化財なのであるが、面白いのは1879(明治12)年に造営された拝殿が本殿に接続されているコト。元々複雑な形状をした屋根や高さの異なる床が一体となり、権現造に似た独特の形状を作り出しているのだ。

 

sirahige_08
御祭神は天孫降臨のときに道案内をしたと伝わることから導きの神とされる「猿田彦命(さるたひこのみこと)」。この猿田彦を祀る神社を建てると老翁の顔をあらわされたことから、白鬚神社というそうだ。ちなみに、全国にある300ちかくの御分霊社の漢字表記は「白鬚」「白髭」の2種類があり、あごひげを表す「鬚」は関西に多く、くちひげを表す「髭」が関東に多いそう。いずれにせよ、白いヒゲの連想から長寿の神様としても信仰が深い。

 

sirahige_09
毎年9月の5・6日に行われる「白鬚まつり」では、数え年で2歳を迎えた幼児に本名以外の名前を授ける「なる子まいり」と呼ばれる神事が行われる。授かった名前で3日間呼ぶと健やかに育つとされ、地元から遠方まで多くの人たちが子どもを連れて訪れる。幼い子は混乱しないか心配だが、神様から貰った名前があるというのは長じてからも誇らしく感じるのではないだろうか。

 

sirahige_10
また、近年は若者を中心にパワースポットとしても注目も集めているという。境内社の奥へとするむ階段を登って少し歩くと…

 

sirahige_11
岩戸社(いわとしゃ)と呼ばれる社と、大きな三角形の岩が見えてくる。岩戸社は境内の一番上手にある石室(古墳)前に建てられた社なので、この岩も古墳の一部なのかもしれない。

 

sirahige_12
縄で囲われた三角岩は何となく神秘性を帯びているように見えるからか、近年になってココに神が降りてきたという説もでてきたのだとか…。近寄ると頭が痛くなるなんて噂もあるらしいが、感受性が低いのか自分は何ともならなかった。むしろ、神話の時代にさかのぼるロマンを感じられるので、興味を持ったら境内の奥まで訪れてはいかが。

フォトスポットとしても大人気! 伝承から復活した湖中の大鳥居
<滋賀県高島市>

sirahige_01
琵琶湖の西岸の国道161号線沿いにある白鬚神社(しらひげじんじゃ)は、創建が垂仁天皇26年(紀元前4年ごろ)と伝わる古社である。2000年を超えるとされる歴史から、寺社仏閣の多い滋賀県でも最古の神社かつすべての白鬚神社の総本社と考えられており、今なお地域の人々から敬愛を集めるとともに、観光スポットとしても人気の神社である。

 

sirahige_02a
特に有名なのは、琵琶湖のなかからそびえ立つ「湖中大鳥居」。これは、湖のなかに鳥居があるという古くからの言い伝えや、波打ち際に鳥居が見え隠れしていたとの社伝に基づき、昭和12年に個人の寄進により復興されたそう。現在の鳥居は昭和56年の琵琶湖総合開発の事業で新築されたもので、国道から約58mも離れた地点で、湖面上10mの高さでそびえ立つ。その凛とした姿が人々をひきつけている。

 

sirahige_03a
湖中鳥居は撮影スポットとしても人気で、午前はシルエット・午後からは美しい朱色の姿が撮れ、滋賀県の観光パンフレットではこの鳥居を表紙に使っているものも多いという。また、時期によっては鳥居から太陽が登る縁起の良いシーンを収めることができ、様々な地域からカメラマンが訪れるそうだ。

 

sirahige_04
sirahige_05湖岸近くに建つためか、白鬚神社への参拝は車で直接境内に乗り入れることも可能。公衆トイレも設けられている駐車場に立つと本殿は目の前だ。歴史ある神社の場合、長い参道を通ったり境内に入るときに入場料が必要になることも多いのだが、ここは入場料もなく気軽に立ち寄れるのも魅力のひとつ。琵琶湖ドライブやビワイチ(びわ湖一周サイクリング)の途中で、休憩がてら見物するのもオススメだ。ただし、交通量が多い場所でもあるので、訪れる際は交通ルールに注意して欲しい。

千葉県北東部に広がる実り豊かな里山~前篇~
<千葉県匝瑳市>

匝瑳市(そうさし)。読める人書ける人は、それほど多くないだろう。千葉県北東部に位置し、平成18年に八日市場市と野栄町が合併して誕生した市である。と言われてピンとくる人、こない人のために匝瑳市の見どころを紹介したい。

 

03882c5901bed800718506e369de1158

飯高寺(はんこうじ)は八日市場駅から北へ約8キロの台地上に造られた日蓮宗の寺院である。この寺は、日蓮宗の檀林(だんりん)として多くの学僧を輩出した。檀林とは、栴檀林(せんだんりん)の略語であり、僧侶の集まりを栴檀の林に例えた仏教の学問所を意味する。配置上の中心が多くの寺院に見られるような「本堂」ではなく「講堂」となっている点が学問所としてのこの寺の特徴をよく表している。敷地は67,667平方メートルを有し、境内全体が檀林跡として県指定史跡に指定されている。

 

d3fc769c3f1e3118483f7cbf149fbd6f

「総門」は延宝8 (1680) 年、有力な信者である「中野善左衛門」の援助により建立。現在の総門は、天明2 (1782) 年に改築された。当時は、多くの僧侶たちがこの門を行き交い、学問を深めていったのだろう。間口約4.7m、脇門約1.9mの腕木門形式で、国の重要文化財に指定されている。

 

6242a4d681d834d621728fd6e6beccb0

この総門をくぐり抜けると、参道を囲むうっそうとした杉林が現れる。見上げてしまうほど背が高く、尚且つ太い幹が歴史の重みを感じさせてくれる。

 

702cc645edf7da2e853a5ee376b5fd75

「鼓楼」も国指定重要文化財である。慶安4(1651) 年に建立され、現在の鼓楼は、享保5 (1720) 年に改築されたものである。下層部は袴腰付で、屋根は木造入母屋造り茅葺。講堂の前方左右に建っており、講堂に学僧を呼び集めるために打ち鳴らされた。

 

9382334c010a880112c7926a087da179

木造入母屋造りの「鐘楼」は間口約3.2m、奥行約3.4mで、寛文頃(1661~1672年)に再建された。平成4(1992)年に修理が行われた際に、鉄板葺前の屋根材が判明し、栩葺き(とちぶき)に復原された。梵鐘は、寛永16 (1639) 年秋に寄進されたものと伝わる。

 

画像提供:匝瑳市観光協会

美術館を思わせるアーティスティックな空間! 「環境水族館」アクアマリンふくしま
<福島県いわき市>

aquamarin01

福島方面の用事の前に時間があったので、立ち寄りスポットを探したらでてきた「アクアマリンふくしま」。実は、現地に着くまで入場するか迷っていたのですが、クールなエントランスを見たら期待感が膨らみ、入る以外の選択肢はなくなりました。

 

aquamarin01b
エントランスを抜けると縄文時代の自然環境を再現した「わくわく里山・縄文の里」と名付けられた庭園をトンネルの中から見て歩きます。200m以上歩くので「アレ、水族館じゃないの?」と不安になったころに…

 

aquamarin02
なんだか未来的な建物が出現。縄文時代からのギャップもあって思わず「おお~」と声がでちゃいました。今まで見たことないデザインで、水族館というより美術館の建物みたいじゃないですか?

 

aquamarin03
中に入ってもスタイリッシュ。無機質な空間にある生物ってより美しく感じる気がします。水族館だけど、水槽以外の部分も来訪者を楽しませる工夫が多いです。

 

aquamarin07
aquamarin07baquamarin07cエスカレーターで4階にあがるといよいよ水槽が登場。アクアマリンふくしまは福島県沖合の「潮目」をはじめ「ふくしまの川と沿岸」「サンゴ礁の海」「熱帯アジアの水辺」など、さまざまな環境を再現した展示がされています。また、生息地や採取方法のパネルなども用意されていて、生物を見て楽しむだけでなく環境学習もできる仕組みに。

 

aquamarin05
メインの総水量約2050トンもあるという潮目の大水槽は、親潮と黒潮の流域が三角形のトンネルで分けられ、福島沖に現われる「潮目」が表現されています。ちなみに、三角トンネルの水槽は世界でここだけしかないそうです。

 

aquamarin04
特に興味深かったのは、世界の代表的な海流である黒潮を再現した水槽で回遊するカツオやマグロ、イワシなどの群。大群がすぐ近くを通るとなぜが興奮してしまうのは、本能的なものなのでしょうか?  アクアマリンふくしまの理念のなかには「カリスマ的でないサンマなどの研究路線で実績をつくる」という一文があり、見慣れていてる魚の研究にも力を入れているとのことコト。食材としても良く知る魚たちが、いつまでも身近でいられるように頑張っていただきたいです。

 

aquamarin10
魚の展示以外でも気を抜いたところは見られません。休憩用スペースだって落ち着きを感じさせる大人っぽい雰囲気ですし…。

 

aquamarin10b

展望台もガラス張りで、視野の広さと外見のクールさを両立。

 

aquamarin10c

展望台からは広大な港の風景がのぞめます。

 

aquamarin13
さらに、今回は行けませんでしたが、釣りや調理・鰹節削りなどの体験ができる「アクアマリンえっぐ」や、はだしで遊べる屋外施設「蛇の目ビーチ」など、お子様を連れて楽しめる施設も多数アリ。ふらっと午後から来てしまいましたが、2時間程度では全然時間が足りなかったです。アクアマリンふくしまを訪れる時は、ちょっと立ち寄りなどではなく、しっかり予定を立てていくのをオススメします。