佐賀県に色濃く残る「徐福」伝説
<佐賀県佐賀市>

秦の始皇帝から不老不死の薬を探す命を受け、今から約2,200年前に日本にやってきたと伝わる「徐福」。実在したかどうかもわかっていないが、まつわる伝説は日本の各地に存在し、なかでも佐賀市は徐福にまつわる逸話が数多くのこされている地域である。

 

saga_01
佐賀と徐福の関係を表しているのが「徐福長寿館」。ここは日本で唯一となる徐福の公的資料館で、徐福伝説をわかりやすくしたアニメーションや、日本全国の徐福伝説の紹介など、徐福に関する様々な資料や研究の展示がされており、その質と量は思わず徐福が実在を信じてしまうほど。さらに、徐福が探していたといわれる不老不死の薬に関連し、「健康と長寿」をテーマにした薬草や漢方薬の紹介もされている。

 

saga_04

saga_03そんな徐福長寿館がある「金立公園」は、27.4ヘクタールの広さがある総合公園で、徐福長寿館のほかに「薬用植物園」や「コスモス園」があったり、バンガローやバーベキュー場などの施設も用意され、いろいろな楽しみ方が可能。これらの施設は、長崎自動車道・金立サービスエリアから徒歩でも来園できるので、気軽に足を運べる。

 

saga_05

佐賀平野を一望できる金立山の山頂にある「金立神社上宮」は、創建年代は不明ながら860年(平安時代)に従五位下を授けられたといわれている神社。ここでは保食神(うけもちのかみ)・罔象売女命(みずほめのみこと)といった日本の古い神々とならび、「秦の徐福」も神として祀られており、50年ごとに徐福が通った道をたどる「御神幸」が行なわれている。

 

saga_06

saga_07佐賀県の重要無形文化財に指定されている「新北(にきた)神社」も、ホームページのトップで「徐福伝説の社 」と明記。拝殿東には徐福が種を手植えしたと伝わる「ビャクシン」の木があり、佐賀市の天然記念物に指定されている。

 

saga_09 1991年に廃止された旧国鉄・佐賀線の跡地は、全長約5kmの歩行者・自転車専用道路として生まれかわり「徐福サイクルロード」と名付けられた。

saga_08

スタート地点には徐福像の陶板レリーフと徐福到来の歴史が記され、地域の人々と徐福のつながりの深さをうかがわせる。

 

佐賀県では公式観光サイトでも徐福伝説がとりあげられ、ココで紹介した以外にもさまざまなスポットが紹介されている。「徐福」が実在したかどうかはわからないが、地域の文化としては間違いなく在る。確定していない歴史とそれにもとずく文化を巡る旅というのも、なかなかロマンがあるのではないだろうか。

 

画像提供:佐賀市観光協会

日本初の国立公園で火山が作った珍しい自然景観を満喫
<宮崎県えびの市>

ebino_01えびの市の南に広がるえびの高原は、1934(昭和9)年に日本で初めて国立公園に指定された「霧島屋久国立公園」の一部で、現在は「霧島錦江湾国立公園」に含まれる自然豊かな観光スポットである。霧島連山の最高峰である「韓国岳(からくにだけ)」をはじめとする特徴的な山や、美しい火山湖などへの観光拠点としても発展し、レジャー施設も充実したエリアになっている。

 

ebino_08

地域の情報発信基地である「えびのエコ・ミュージアムセンター」の周囲には、展望台やキャンプ場、温泉のほか、屋外アイススケートリンクまであり、四季を通じて滞在するだけでも楽しめる。もちろん、様々な個性をもつ火山湖を見て回る「池めぐり」や、四季折々の植物などが楽しめる散策路など、自然をたっぷり味わえるようしっかりとした整備もされており、好みに合わせた過ごし方が可能だ。

 

ebino_11

国の天然記念物に指定されている「ノカイドウ」は、世界中でえびの高原の一部にしか自生していないバラ科の植物。4月下旬から5月上旬に向かえば、薄桃色をした可憐な花をみることができる。

 

ebino_02

直径約900m、深さ約300mの火口をもつ「韓国岳」は、20を超える霧島連山の最高峰で、最高地点は標高1700m。独特の自然環境が作り出す景観や、周囲の美しい火山湖などが楽しめるため、トレッキングスポットとしても人気だ。

 

ebino_04

山頂周辺からは絶景が望める。近くは2011(平成23)年に噴火した新燃岳の火口内がのぞけ、遠くは条件がよければ桜島や九州南端にある開聞岳まで見える。ちなみに「韓国岳」という山名は、韓国まで見渡せると言われていたことからつけられたそうである(ただし、実際には見えない)。

 

名曲「荒城の月」を生みだす廉太郎が遊んだ広大な城
<大分県竹田市>

311-01
1185年に「源頼朝」と仲違いをしていた「源義経」を迎えるため、つくられた山城が始まりであると伝わっている「岡城」。現在残されている城郭は戦国末期から明治に至るまで地域を統治した岡藩・中川家により整備されたもの。四方を険しい谷に囲まれた海抜325mの台地にたつ巨大な城は難攻不落と言われていたそうだ。

 

311-02

歴代の改築により山城的殿舎・平山城的殿舎・平城的殿舎が一体化した非常に珍しい構成となった城はその規模も大きく、敷地面積は東京ドーム22個分に及ぶ。明治期の版籍奉還により払い下げられ城館ほか多くの施設が取り壊されてしまったが、残された石垣からその大きさと複雑さがしのばれる。

 

311-03
現在は「国指定史跡 岡城阯」として、多くの見どころがある観光スポットでもある。九重(くじゅう)連山や阿蘇山まで望めるすばらしい眺望や、数々の言い伝えがのこる施設跡など、散策するだけでも十分に楽しめる。ただし、城内は高低差があるので、歩きやすいスタイルで行くのがオススメ。

 

311-04

二の丸跡に置かれているのは「瀧廉太郎像」。「春高楼(こうろう)の花の宴」で始まる名曲「荒城の月」の作曲者「瀧廉太郎」は、その少年期を大分県竹田市で過ごし、身近にあった岡城はかっこうの遊び場であったと言われている。すでに荒廃がすすんでいたであろう岡城が、後の廉太郎にインスピレーションを与えたと考えてもおかしくはないだろう。城下には車が通ると廉太郎の曲が奏でられる「名曲を奏でる道路」が作られ、耳をすませば城内にいても曲が聞こえる。

 

311-05

311-05bかっての城下町には、廉太郎が12歳から14歳まで暮らした屋敷がのこっており「瀧廉太郎記念館」として一般公開されている。早逝してしまった有名作曲家・瀧廉太郎に興味を持ったなら、ぜひこちらにも足を運んでみるべき。いままで何気なく聞いていた曲も、さらに味わい深く感じることができるだろう。

 

 

画像提供:公益社団法人ツーリズムおおいた

1000年の風雪に耐えて残る年代も作者も不明の国宝
<大分県臼杵市>

311-07九州の東側に位置する大分県は、磨崖仏(まがいぶつ)の数が全国一と言われている。磨崖仏とは「自然の岩や岩壁に刻まれた仏像」のことで、日本では平安時代~鎌倉時代に多くつくられたと考えられている。

 

311-02a
大分県臼杵市の「臼杵石仏(うすきせきぶつ)」は、そんな磨崖仏が数多く残された日本を代表する石仏群。四季おりおりの花が咲く「臼杵石仏公園」やボランティアガイドによる個人用無料案内など周辺の環境も整えられており、多くの観光客が訪れるスポットにもなっている。

 

311-04

311-06石仏は「ホキ石仏第一群」「ホキ石仏第二群」「山王山石仏」「古園石仏」の4つのグループにわけられ、それぞれ特徴的な配置で彫られ顔だちも異なっている。誰がいつ彫ったか確たる資料は一切見つかっていないが、1000年の風雪に耐え残り続けた60数体のうち59体(61体になることが内定)もの石仏は、その質の高さから彫刻部門の国宝に指定された。

 

311-08

中心的存在と考えられている「古園石仏」は、「大日如来像」を中心とする13躯で曼荼羅が構成されているといわれる。端正な表情から神秘的な雰囲気をただよわせる中尊の大日如来坐像は、日本の石仏の中でも最高傑作の一つといわれており、臼杵市のシンボルとしてJR臼杵駅前にレプリカも置かれている。大昔に誰かが彫った像が、長い年月のあいだ地域の人々を結び続けているのは驚異的と言ってよいのではないだろうか。

 

311-11画像提供:公益社団法人ツーリズムおおいた 311-10画像提供:公益社団法人ツーリズムおおいた

8月の最終土曜日に行われる「国宝臼杵石仏火まつり」は、約800年前から伝わる「虫送り」「 豊作祈願」「 地蔵祭り」を発展させた西日本最大級の火祭りだ。石仏周辺に配された1000本の松明と、石仏群の前に置かれたかがり火に火が灯され、一帯は幻想的な景色に包まれる。祭りの楽しさを味わいながら、地域に続く「人々の思いや祈り」を身近に感じられる貴重な機会である。

およそ1700年前の祖先に学ぶ特別史跡公園
<宮崎県西都市>

saito-01
宮崎県のほぼ中央に位置する西都市は、市街地の西方に標高約60mの平坦な洪積層の台地があり、その一帯からは約1700年前に作られたという様々な古墳が発見されている。東西2.6Km、南北4.2Kmの範囲内で発見された300あまりもの古墳は歴史的景観を維持保存する為に整備され、現在は「特別史跡公園 西都原古墳群」として人気の観光スポットにもなっている。

 

saito-04
墳丘の外側に土塁がめぐらされた珍しい形式の古墳「鬼の窟(おにのいわや)」の周囲は、花の名所としても知られている。カラフルなコスモスが咲き乱れる季節もあれば…。

 

saito-05

ひまわりの絨毯で黄色一色に染まるときもあり、季節によって様々な一面を見せてくれる。ちなみに「鬼の窟」には「木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)」を嫁にしたいと考えた鬼が一晩で完成させたという伝説がある。結局、サクヤヒメと結ばれることが無かった鬼を、これらの花々で慰めているのだろうか。いずれにせよ、この古墳は伝説に登場するほど古くからあり、人々に知られていたということである。

 

saito-02

園内にある「宮崎県立西都原考古博物館」は、来館者自らが主体的に学ぶことを導く考古学専門のフィールドミュージアムだ。テーマは考古学だが、常に新しい情報を提供する常展示や、ユニバーサルデザインが徹底された館内施設、英語・中国語・韓国語による展示解説やナビ用アプリの採用など新しいものを取り入れ、貴重な資料に触れる機会を広く提供している。また、古墳群を眺めながら食事もできる「喫茶 ラウンジ眺」や、お洒落なミュージアムショップ「舗」など観光向けの施設もあり気軽に訪れても楽しめる。

 

saito-03b

博物館から少し離れたところにある古代生活体験館では、実際の調査や機器の使用等をとおして考古学を学べる本格的な考古学体験のほか、石器・土器やまが玉など、古代人の知恵と工夫が分かる道具を1時間~2時間程度で作れる制作体験も準備されている。製作体験は毎日開催されているが、制作物によっては時間が限定されている。参加したい場合は事前にホームページで開始時間をチェックしてから訪れると良い。電話での申し込みも可能だ。

天然記念物の上を歩いてむかう「霊域の島」
<宮崎県宮崎市>

aoshima01

宮崎市から南へ約20km、日南海岸国定公園の表玄関にあたる青島は、干潮時には陸続きになる島。島の外周は1.5キロメートルほどの小さな島だが、亜熱帯性植物27種を含む約200種が生育しており、この島の「青島亜熱帯性植物群落」は1952(昭和27)年に国の特別天然記念物に指定されている。

 

aoshima08

いまでは舗装された橋で誰でも渡れるようになった青島だが、1737(元文2)年までは島全体が霊域とされており、一般人は入ることは許されない神秘の場所であったそうだ。島に入って鳥居をくぐると「海幸彦・山幸彦」伝説でも有名な青島神社がある。

 

DCIM100MEDIADJI_0021.JPG

天然記念物の森のなかにあらわれる青島神社は、海幸彦・山幸彦兄弟の伝説にでてくる「山幸彦=彦火火出見命(ひこほほでみのみこと)」と妻の「豊玉姫命(とよたまひめのみこと)」、そしてその二人を引き合わせた「塩筒大神(しおづつのおおかみ)」が祀られており、縁結びのスポットとしても有名。別名「夫婦びな」とも呼ばれる古式豊かな「青島神社神ひな」は、芸術作品の一面も併せもち人気が高い。

 

aoshima02

青島をとりまく奇岩は数百万年前に海中から隆起した地層と考えられており、水面上に現われてから長い年月のあいだ波に浸食され現在のような形ができたと言われている。その形状からついた呼び名は「鬼の洗濯板」。こちらは1934(昭和9)年に「青島の隆起海床と奇形波蝕痕」として国の天然記念物に指定されている。

 

aoshima13b

毎年7月の最後の土日には、地域の若者衆(22~23歳の青年)によってすべてとり行われる祭事「海を渡る祭礼」が行われる。まつりの見どころは「あばれみこし」で、若者衆が神輿を激しく暴れさせながら練り歩くさまは大迫力。若者たちはこの例祭を経て一人前と認められる通過儀礼の意味もあるという。

 

真の地獄は温泉噴出口にある!? 見れば納得「別府の地獄めぐり」
<大分県別府市>

307-00奈良時代初期に編纂された「豊後国風土記(ぶんごのくにふどき)」によると、千年以上も昔より噴気・熱泥・熱湯などが噴出していたという別府の鉄輪(かんなわ)・亀川周辺。もともとは人が近寄ることができない忌み嫌われた土地であったことから「地獄」と称したが、今では温泉噴出口を「地獄」と呼び人々が観光に訪れる名所となっている。有名な「別府の地獄めぐり」とは、国指定名勝4カ所をふくむ7つの地獄をめぐる旅である。

 

307-01b

コバルトブルーの泉質が美しくおよそ地獄らしく見えない「海地獄」は、約1200年前に鶴見岳の爆発によってできた含食塩酸性泉。園内ではアマゾン地方原産の植物栽培も行っていて、お盆の3日間には20㎏までの子供がオオオニバスに乗れるイベントも行なわれている。プールのような色合いから涼しげに見えるが、硫酸鉄が溶解した温泉の温度は約98度と沸騰寸前。やっぱり地獄の名前は伊達じゃない。

 

307-02a

海地獄のすぐとなりにあるのが、灰色の泥が沸騰してボコボコ吹き上げている「鬼石坊主地獄」で、浮き出た泡が坊主頭のように見えることから名づけられたそう。園内にある大きな音を立てて蒸気が吹きだす間欠泉は「鬼の高いびき」と呼ばれ、地獄らしさを強調している。

 

307-03b

1丁目~6丁目までさまざまな湯の池がある「かまど地獄」は、蒸気とともに高温の温泉が噴出する迫力ある地獄。かって氏神様にお供えする御供飯を炊いた習わしから、かまどという名前がつけられたそう。係員の方がタバコの煙を吹き付けると、雲ができるのと似た原理で白煙があらわれる「かまど地獄の煙の実演」は、煙の粒子に水蒸気が結合することで視認できるようになる現象だ。

 

307-04a

大正12年に日本で初めて温泉熱を利用したワニ飼育を始めた「鬼山地獄」は、別名を「ワニ地獄」といい、現在もここで生まれ育ったワニを含めた約80頭のワニが飼育されている。「エサやり」のアトラクションで見せてくれるジャンプしながら餌を食べるワニは迫力満点。

 

307-05a

吹き出すときは透明で、池に落ちると青白く変化した温泉が「白池地獄」。パッと見は庭園の池のようにみえるが、湯の温度は95度と高温。こちらの園内では温泉熱を利用して、ワニではなく熱帯魚を飼育している。さらに、一帯の温泉地の礎を築いたといわれる「一遍上人」の像や、県指定重要文化財の向原石幢など、歴史・文化にも触れることができる。

 

307-06b

最も地獄のイメージに近いのは、この「血の池地獄」ではないだろうか? 広さ約1300平方メートル、深さは30メートル以上という広大な池は、酸化鉄や酸化マグネシウムを含んだ赤い熱泥が堆積し、血のような赤さになったそう。昭和2年まではたびたび爆発した記録も残っており、まさに地獄感満載。日本最古の天然地獄は必見。

 

307-07b
「龍巻地獄」は、約150度の地中の熱水が30~40分間隔という極めて短い間隔で吹き出す間欠泉だ。噴出の勢いも強く、安全のため屋根でせき止めなければ、約30メートルも吹き上がるそう。噴出時の熱量と噴気は大迫力で、見るものを興奮させる力がある。

 

 

画像提供:公益社団法人ツーリズムおおいた

断崖で難易度高めの運試し!? 鵜戸神宮の「運玉」投げはいかが
<宮崎県日南市>

304-01

神話の時代から続くとされる「鵜戸神宮」へは、宮崎空港からバスに揺られて1時間ほど。洞窟に本殿がある珍しいスタイルと、太平洋の荒波が作り出した奇岩・怪礁がおりなす景観は、多くの観光客を魅了。地域の人からは「お鵜戸さん」と呼ばれ、とくに安産・育児にご神徳があると言われている。

 

304-02

ご本堂のある洞窟は国定公園「日南海岸」の絶壁に波が侵食してつくられたもの。そこへ行くためには「崖にそって石段を降りる」ことになり、珍しい「下り宮」という参拝方法になる。海中から聳える奇岩や山道に迫る波を眺めながら、ゆっくり注意して降りるべし。

 

304-03
約1000平方メートルの広さがある自然洞窟の内部に建てられた朱塗りの御本殿には、主祭神の「日子波瀲武鸕鷀草葺不合尊(ひこなぎさたけうがやふきあえずのみこと)」のほか、5柱が祀られている。幻想的な景観のなかのご参拝は、通常の神社より厳かな気持ちになる。

 

304-04

御本殿の隣には、主祭神を生んだ母神の「豊玉姫(とよたまひめ)」が、自らの乳房をくっつけたといわれる「おちちいわ」があり、いまでも水をしたたらせている。この水を飲むと「安産」や「母乳の出が良くなる」などのご利益があるそう。

 

304-05

本殿の下にある磯には、「豊玉姫」が出産のために乗ってきたと伝わる「霊石亀石」がある。亀石の背中には枡形のくぼみがあり、ここに「運玉」を投げ入れると願いがかなうとされている。

 

304-06

「運玉」は男性は左手・女性は右手で投げるというルールがあり、難易度も高め。あるプロ野球選手が入れることができずにニュースになったこともあるくらい…うまく入った時のご利益は期待できそうだ。

ユネスコエコパークに登録された「綾町」は自然以外の見どころも豊富
<宮崎県綾町>

ayacyou_01b

宮崎県のほぼ中央に位置する「綾町」は、面積の80%を森林が占める「日本で最も美しい村連合」のひとつ。2012年には日本では5カ所目となる「ユネスコエコパーク」にも登録され、美しい自然環境を楽しみに訪れる人も多い。

 

ayacyou_02

綾城(別名:竜尾城)」は、約680年前の元弘年間(1331年~1334年)に建てられ、江戸時代の一国一城令により廃城となるまで、地域の支配者の居城として使われたと考えられた城だ。現在の建物は「戦国時代初期の城楼建造物」として近年になって再建されたもので、城内は歴史資料館として公開され、数多くの重要文化財を残した刀匠「田中国廣」の刀などが展示されている。

 

ayacyou_03

森林が育んだ文化のひとつが綾町に数多くある伝統工芸。城からすぐにある「綾 国際クラフトの城」では、町内に約40軒あるの工房の紹介や、工芸品の展示販売が行われているほか、陶芸や織物などの工芸体験も受け付けている。

 

ayacyou_04

全国でも珍しいお酒のテーマパークが「蔵元 綾 酒泉の杜」。ここには焼酎蔵、清酒蔵、ワイナリー、ビール醸造所など、いろいろな種類のお酒が造られていて、それぞれ見学や無料試飲などが実施されている。さらに、レストラン・居酒屋に温泉や宿泊施設など観光設備も充実。酒好きはもちろん、そうではない人や子供連れでも楽しめる。

 

ayacyou_05

また、昔から馬の産地である綾町には、気軽に乗馬体験が楽しめる「綾馬事公苑」もある。ここでは、初心者でも楽しめる引き馬から、競技会を目的とした本格的レッスンまで、レベルに合わせた乗馬体験が可能。

 

306-07

かっては穀物収穫後の楽しみとして行われていた競馬も、いまでは地域おこしイベントとして定着。毎年11月上旬に行なわれる「綾競馬」は午前10時から10レースが行われ、多くの人が訪れる人気イベントになっている。

日本神話が溶け込む天孫降臨の地
<宮崎県高千穂町>

九州のほぼ中央に位置する宮崎県高千穂町は、日本神話に書かれた故事「天孫降臨」の地とされ、神話に基づく観光名所が多数あるほか、美しい自然環境も人々を魅了している。

305-01

約1900年前の垂仁天皇時代に創建されたと伝わる高千穂神社は、高千穂郷八十八社の総社として縁結びや夫婦円満にご利益があるとされ、1778年に再建された本殿は九州を代表する神社建築のひとつ。近年ではパワースポットとしても人気だ。

 

305-02

境内にある巨大な2本の杉は、幹がつながっていることから「夫婦杉(めおとすぎ)」と呼ばれ、この木の周りを、夫婦やカップルで手をつないで3回まわると、縁結び、家内安全、子孫繁栄などの願いがかなうといわれている。

 

305-03

天岩戸神社は、日本神話の有名なエピソード「天岩戸神話」の舞台となった場所とされ「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」がお隠れになった洞窟「天岩戸(あまのいわと)」をご神体として祀っている。事前予約が必要だが、天岩戸神社に代々承け伝えられた無形文化財「天岩戸神楽」を拝観することも可能。

 

305-04

国の重要無形民俗文化財に指定されている「高千穂の夜神楽」は、三十三番の神楽を一晩かけて奉納する神事。毎年11月中旬から2月上旬にかけて、高千穂にある町内二十の集落ごとに奉納される。最近では観光客に対応する集落もあるそうだが、集落ごとの判断によるので「夜神楽」は必ずしも見られるとは限らない。気軽に楽しみたい場合は、最初に紹介した「高千穂神社」がオススメ。毎日20時から1時間の短縮版「高千穂神楽」が奉納されているので、代表的な神楽を味わうことができる。

 

305-05

国の名勝に指定されている「高千穂峡」も人気の観光スポット。高さ平均80m東西に約7キロに渡って続く断崖には、日本の滝百選に指定されている「真名井の滝」や、撮影ポイントして有名な「高千穂三橋」などがあり、雄大かつ美しい景観を見ることができる。観光協会が運営する貸ボートに乗って、ちょっとした探検気分を味わうのもオススメ。