400品種150万本が勢ぞろい!舟巡りも楽しい水郷佐原のあやめ祭り
〈千葉県香取市〉

千葉県香取市にある「水生植物園」は、水郷筑波国定公園内に位置した、広さ約8ヘクタールの水生植物園。園内には島や橋、池などが配置され、水面に小舟が行き交う様子はどこか昔懐かしい景色。5月28日〜6月26日に開催中のあやめ祭りでは、江戸・肥後・伊勢系など400品種150万本のハナショウブが咲き乱れ、紫・青・赤紫・ピンク・白などの美しいカラーが園内を彩ります。
IMG_6953
水面を吹き抜ける爽やかな初夏の風が心地よい6月上旬の水生植物園。例年「あやめ祭り」が終わったあとの7月には「はす祭り」が開催されるため、水面にはすでにハスの葉もたくさん見えます。
IMG_6983
ここでは、サッパ舟と呼ばれる小舟で園内の水路を巡りながらハナショウブを観賞するのも人気です。
IMG_6970
この舟のことを「サッパ舟」と呼ぶのは、舟の形がササの葉に似ていることから「ササッパ(笹の葉)」が縮まって「サッパ舟」と呼ばれるようになったという話です。
IMG_6948r
今年(2016年)の6月10日の時点では、園内のハナショウブはまだ5分咲きでした。
IMG_7044
花には種類が分かるように、それぞれ系統と名前が書かれた立て札がついています。
IMG_bcde
こちらの立て札には、江戸系の「潮来」とあります。
IMG_7048
ハナショウブは強い日光に当たると花弁がただれてハリが失われてしまうので、花びらにハリのある美しい状態を見たい場合には、天候や時間帯など見るタイミングを計った方がよさそうです。
IMG_6966
差し色(効き色)の白が他の色の列に挟まれて、より美しく見える工夫もされています。
IMG_7062
株の並びは、同系色ごとに一列ずつというパターンが多く見られました。
IMG_7166
園内の広さ(約8ヘクタール)は一周するのにも、ちょうど良い広さです。
IMG_7026
サッパ舟の船頭さんのいでたちも江戸ふうで粋です。女性らしく赤が可愛い。
IMG_7139
こちらは男性の船頭さん。女性に比べると、渋めです。
IMG_7148
サッパ舟で園内の水路を一周するには、約10分かかります。
IMG_7003
水郷佐原水生植物園と大きく名前の入ったこのサインボードは、団体さんの記念撮影の時に「タイトル」のように下に入れると、集合観光写真が絵になります。(を見て、なるほどと感心しました。)
IMG_7114
入口付近には土産物屋もたくさん並んでいます。
IMG_7019
芋アイスと人気を2分していたピーナッツアイス。ピーナッツの味がちゃんとして美味しい。
IMG_7100
「はす祭り」に向けて、美しいハスの花も咲き始めています。
IMG_7177
交通はやや不便ですが「小江戸さわらの町並み」とセットで巡れば、1日フルに楽しむことができるので、充実したプランを組みたい人には良いかもしれません。
 
写真:乃梨花

INFORMATION

地図

レポーター

乃梨花(「町旅」女子部)

ひとり暮らしの猫飼い人ゆえの
ショートトリップ派
(➕日本酒党❤️)

関連タグ

関連記事

エリア

(Categories)

タグ

(Keywords)

すべてのタグを見る

おすすめ記事