投稿記事

爽やかでいいカモ! アルプスと桜を見ながら駆け抜ける早春のあずみの
<長野県安曇野市>

北アルプスの名峰を見上げる安曇野は、長野県中央部に広がる松本盆地の一角。山々から流れ出る水が、いくつもの美しい水の流れや湧水を創りだしています。そのため、この地域ではわさび栽培が盛んで、日本最大規模のわさび園「大王わさび農場」は観光スポットとしても人気です。
azumino_01
大王わさび農場までは穂高駅からあづみ野周遊バスに乗り約10分ほどですが、どうやら4月後半からの運行のよう。私が訪れた4月初旬はまだ運行前でした。そのため駅前のレンタサイクル店でママチャリを借りることに…お店のおじさんがくれたサイクリングコースのマップを頼りに「大王わさび農場」を目指します。
azumino_02
バスはまだ運行前でしたが、川沿いの桜並木はちょうど満開。まだ雪を被った山々と澄み切った青空を背景に、薄いピンクの桜がとっても綺麗に見えました。途中からはわさび畑も見え始め、のどかな風景に癒されます。
azumino_03
写真内の前方つきあたりが目的地。先ほどまでののんびり走行から一転、ほぼ直線コースを思う存分ママチャリ全力疾走。これが予想以上に気分爽快! お天気にも恵まれ、絶好のサイクリング日和でした。
azumino_05azumino_04
穂高駅から15分ほどで「大王わさび農場」に到着。広大な敷地に広がるわさび畑。畝の間にはきれいな水が流れています。
azumino_06
農場内にある水車小屋は黒澤映画「夢」に使われたそう。素人が撮っても絵になる風景です。古き良き日本の風景がウケるのか、外国人観光客の記念撮影スポットになっていました。また、わさび畑の一角には流水に触れることのできるコーナーも。水はちょっとひんやり、そのまま飲めそうなくらいの透明度です。
azumino_07
農場内の桜並木も満開でした。都内は見頃を終えた時期だったので、少し得した気分です。バスは運行してなくても、気持ち良く走れる自転車もありますので、早春の安曇野は意外といいカモです。

INFORMATION

地図

レポーター

グラス・KM

私のメガネは世界を映す

関連タグ

関連記事

エリア

(Categories)

タグ

(Keywords)

すべてのタグを見る

おすすめ記事