山手西洋館めぐり#04 エリスマン邸
〈神奈川県横浜市〉

IMG_0005
エリスマン邸は、生糸貿易商社シーベルヘグナー商会の横浜支配人として活躍した、スイス生まれのフリッツ・エリスマン氏の邸宅として、1925年から1926年にかけて山手町127番地に建てられました。設計は、日本の建築界に大きな影響を与え、「現代建築の父」とも呼ばれたチェコ出身の建築家アントニン・レーモンドによるものです。
 
レーモンドは1919年、旧帝国ホテル設計助手として、世界的建築家のフランク・ロイド・ライトとともに来日し、第二次大戦中を除き40年以上を日本に滞在しながら、計400点以上もの設計をしました。このエリスマン邸設計当時のレーモンドは、ライトのもとから独立して間もない時期のため、細部などにはまだライトの強い影響が見られ、のちにモダニズム建築の最先端と呼ばれる自身の建築スタイルを確立する前段階の移行期的作品という見方がされています。
IMG_0011rr
もとは木造2階建て、和館付きで建築面積は約81坪。屋根はスレート葺、階上は下見板張り、階下は竪羽目張りの白亜の洋館でした。1982年にマンション建築のために解体され、その後横浜市が当時の所有者から譲り受けて、1990年に今の場所(81番地)に再建されました。その際に、併設されていた和館をなくした洋館だけのシンプルな建屋構造になりました。煙突、ベランダ、屋根窓、上げ下げ窓、鎧戸といった異人館的要素をもちながら、軒の水平線が低い位置で強調されているあたりなどには、まだ師のF・L・ライトの影響が見られます。
IMG_2571r
こちら1階の応接室にもライトの影響が感じられます。とくに暖炉は、意匠こそレーモンドの独創性が光りますが、この部屋の中でひときわ存在感を放っているのもまた暖炉、というあたりから、F・L・ライトの内装設計の中でひじょうに重要な位置を占めていた暖炉というものに対しての思想哲学が、レーモンドにも引き継がれた、という穿った見方もできます。
IMG_2575
レーモンドと同様にライトに師事した建築家の遠藤楽は、「家を建てる時は必ず暖炉を作れ。暖炉は建築家にとって詩情豊かな友だ」と師匠が繰り返し話したと書き残しています。また、「一流の暖炉が設えられない建築家は一流の建築家とは言えない」の言葉はレーモンドに対してのもので、それほどの暖炉に対する強いこだわりをフランク・ロイド・ライトが持っていたという話は有名です。
IMG_2579
このテーブルも暖炉と同じく個性的ですが、このような多角形を用いた造形の家具もF・L・ライトの建築作品の内装設計などにも見られるものでした。この椅子とテーブルはレーモンドが過去に他の家のために設計したものを復元したもので、大谷石を化粧張りしたマントルピースとよく調和しています。
IMG_2587
応接室と居間兼食堂の両方につながっている陽あたりの良いサンルーム。周囲を緑に囲まれた眺めは最高で、読書にも向きそうな落ち着いた空間でした。
IMG_0037
玄関を入ってすぐの正面に当たる位置にある食堂兼居間です。奥のサンルームへと続くため空間的な広がりを感じさせます。向かって右からは応接室にも入れます。
食堂室
上の食堂兼居間のゴールデンウィーク中の仕様です。窓の側に鎧兜甲冑の人形が置かれ、端午の節句をテーマにしたテーブルセッティングで飾られていました。IMG_0069
居間の照明。華美すぎず、シックで上品なつくりです。
IMG_0067
サンルームの照明。クラシカルな中にもモダンテイストが光ります。
IMG_0070
応接室の暖炉上部の照明。シンメトリーでアールデコとも思える幾何学的な造形が施されており目を引きます。照明の下の多角形的な切り込みも個性的で、大谷石を加工したマントルピースのミニマルな造形とは大きな対比を見せています。レイモンドが独自性を模索しているようにも感じられる箇所です。
IMG_0047r
バスルームにはノスタルジックな雰囲気が漂っていました。
IMG_0076
居間兼食堂の窓側のコーナーに置かれた「楽譜入れ」。年季を感じさせる風合いです。
2F展示室
2階は現在は資料などの展示室に当てられています。
conbi_02
アンティークのドアノブと名物(?)の公衆電話。
rare_pudding
邸内に併設されているお店「しょうゆ・きゃふぇ」にも寄りました。ここの名物はなんといっても!生プリン。カラメルソースとムースと卵黄をかる〜く混ぜて分離したままのを食べる、このとろとろプリンの味と食感はたまりません。
IMG_0027
カフェの店内。緑に囲まれ、贅沢な時間をゆったり過ごすのにふさわしいロケーションです。
IMG_2704
外から見たところ。1階のちょうど張り出したところがカフェです。高台に位置しているので、窓からの眺めも抜群でした。
 
写真:乃梨花

INFORMATION

地図

レポーター

乃梨花(「町旅」女子部)

ひとり暮らしの猫飼い人ゆえの
ショートトリップ派
(➕日本酒党❤️)

関連タグ

関連記事

エリア

(Categories)

タグ

(Keywords)

すべてのタグを見る

おすすめ記事