江戸川公園と椿山荘で、桜・庭園・史跡・スイーツの欲張り女子散歩
〈東京都文京区〉

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
皆さんは今年の花見はどこに行かれましたか?私は今年の花見は、ちょっとシブく、都内では知る人ぞ知る江戸川公園に行ってまいりました。以前訪れた時に明治時代からの桜の名所の一つと知り、都内の人気お花見スポットに比べて地元の人が多く、他より落ち着いてゆっくりと歩きながら桜が見られると思ったからです。結果は休日の天気が曇りだったのもあり、ほどよい人出で静かにお花見と散策の両方ができて大正解でした!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
小雨のせいで落ちた花びらが神田川の川面に浮かぶ姿も情緒的です。ここで、神田川なのに、なぜ(公園名が)江戸川?と当然の疑問が首をもたげませんか?実は、神田川と言う名前になったのは1965年のことで、それまでこの付近は「江戸川」と呼ばれていたそうです。神田川はもともと自然河川ではなく、古くは徳川家康の命により、江戸の飲料水を確保するために整備された人工河川です。その神田上水の堰がこの付近にあって、上水として取水して余った水を流したのがこの川、それがのちに江戸川と呼ばれた由来のようです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
江戸川公園の桜を楽しみながら川沿いを歩いていくと、ほどなく椿山荘に行き当たります。椿山荘の庭園は無料で一般公開されており、椿や桜など四季折々の植物に囲まれながら史跡をたっぷり鑑賞できるのが魅力です。散策しやすく疲れないほどほどな面積なのも良いです。この庭園には有形文化財に登録されている三重塔(写真)などの歴史的建造物もあり、史跡めぐりを目的とする人もよく訪れます。他にも、十三重の塔、般若寺敷石燈籠、無茶庵、五慶庵、長松亭、残月・・などがあり、見どころ盛り沢山!とてもここでは紹介しきれません。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
木春堂(もくしゅんどう)は、長野県出身で東急電鉄グループの創始者の五島慶太翁が所有していた田舎屋を譲り受け移築したもので、現在は石焼懐石料理店として利用されています。周囲を木立ちに囲まれ、緑に覆われた深い静けさの中で、ここはどこなのか?(都会とは思えない)という感想を漏らす人も多いとか・・。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
史跡以外にも、樹齢500年と言われているご神木も一見の価値ありです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
余興的な遊びとして、庭園内に散在している七福神の7体の石像を探してみるのはいかがでしょう?7体見つかると、なんとなく、ご利益にあずかれそう?
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
お花見とひと通りの散策を終え、女子会のお決まり!スイーツでこの日はいったん終了することに。しかし、そうは言いつつも?今回のスイーツは、ただモノではありません。椿山荘の中でも女性にとくに人気の高いル・ジャルダンの「アフタヌーンティー」セットです。今回は(写真の)期間限定の春のセット。お約束の英国スタイルの3連ワゴンで出てきた瞬間には、知ってはいても「わぁ〜〜」と友人と二人でつい声をあげてしまいました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
食べきれないぶんのスコーンは、お店の方にお願いすると、きちんとテイクアウト用にしてくれます。残さずに帰れるので、無駄ナシ!少食女子も安心です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
今回のセットの中で、いちばん華やかで目を楽しませてくれたスイーツグループ。スイーツでもお花見をさせてもらっている気分になり、心もお腹もすっかり春色の幸せ・大満足で半日を過ごせました。
 
写真:もちすず

INFORMATION

地図

レポーター

もちすず(「町旅」女子部)

スイーツ、美味しい物大好き。
そして、地味に寺社仏閣、歴史的建造物に心躍る人。
高野山旅行をきっかけに相棒(OLYMPUS PEN E-PL7)を
手に入れプチ旅を楽しもうと暗躍中。

関連タグ

関連記事

エリア

(Categories)

タグ

(Keywords)

すべてのタグを見る

おすすめ記事