地域住民の店として活躍!
大火の後に普及した重厚な白壁土蔵造り
<福岡県うきは市>

通称、旧豊後街道はまさに幹線道路だ。しかし、その交通量に負けないほどの存在感を示しているのが、道の両側にずらりと連なる重厚な造りの建造物である。そして、そのほとんどが漆喰を塗り籠めた瓦葺の伝統的な町家。このような防火を意識した町家は、1869(明治2)年の大火後に普及したもので、地域の経済力を背景に大正期まで建造が続き、町並みが形成されている。
yoshii02
交通量が多い通りに沿って歩くと民家もあれば商家もある。他の地域の町並み保存地区でよく見かける、来訪者相手の土産物やこじゃれたレストランなどではなく、地域に根差した地域住民のための商店街であることに気づく。たとえば時計屋、自転車屋、呉服屋、薬屋などがいきいきと商いを行っている。まさにごく自然に、現代生活の中に歴史的町並みが生きているのである。重伝建地区だけあって空き店舗を活用して町の交流拠点に仕上げている点も見逃せない。
yoshii03
福岡銀行の手前を左に折れて「白壁通り」へ行くと、表通りの喧騒とはかけ離れた別世界であった。幅の狭い通りの両側にびっしりと、白壁造りの町家がシンメトリーに静かに佇んでいる。小さな川に架かる橋から眺めた川沿いの景観が、また素晴らしい。整然と積まれた石垣の上をたどる小路、川にせり出した白壁の町家の窓にすだれが揺れている。この地の生活文化をかいま見る思いがした。
yoshii04
白壁通りの少し先を右手に曲がると公開町家「居蔵の館(旧松田家住宅)」がある。八女や黒木の町並み保存地区にも見られる居蔵造りが、吉井の町でも一般的なのだ。
yoshii05
町を流れる用水路の解説によると、江戸期に水位の低い筑後川から水を引くために、命がけで5人の庄屋と農民が堰を築いて完成させた用水とのこと。おかげで、豊かな穀倉地帯となるとともに、水車を動力とした加工業も盛んになり、醸造、製麺、精蝋で商都吉井として繁栄した。その結果、重厚な白壁土蔵造りの町家を建造できたのである
 
写真:米山淳一

INFORMATION

地図

レポーター

米山 淳一〔よねやま じゅんいち〕

獨協大学外国学部英語学科卒業。岸信介事務所を経て、75 年(財)観光資源保護財団(現(財)日本ナショナルトラスト)入所。事業課長、事務局長を経て、06 年退職。現在は母校の獨協大学等で講義を行うほか、地域遺産プロデューサーとして全国で歴史を活かしたまちづくりプロジェクトを推進。現在、公益社団法人横浜歴史資産調査会(ヨコハマヘリテイジ)常務理事・事務局長

一般社団法人 日本茅葺文化協会理事
一般財団法人 茶道宗偏流不審庵理事
日本鉄道保存協会事務局長
東映株式会社「大鉄道博覧会」企画プロデューサー
一般財団法人 東武博物館アドバイザー ほか


【著書】
●歴史鉄道 酔余の町並み(駒草出版)
  http://komakusa-pub.shop-pro.jp/?pid=61024099
●続・歴史鉄道 酔余の町並み〈2016年2月1日発売〉(駒草出版)
●写真集「光り輝く特急「とき」の時代」(駒草出版)
◎「地域遺産みんなと奮戦記」(学芸出版)
◎「歩きたい歴史の町並」 文 米山淳一 写真 森田隆敏(JTBパブリッシング)

http://www.j-yoneyama.jp/

関連タグ

関連記事

エリア

(Categories)

タグ

(Keywords)

すべてのタグを見る

おすすめ記事