魅力的な商店街が次々と出現! 気づくと深入りしている飽きない迷路
〈静岡県伊東市〉

IMGP6168IMGP6171東海館から駅までは多くの商店街があり、いずれもギッシリ商店が詰まっていて楽しい町歩きができます。まずは駅への近道と書いてあるアーケード「キネマ通りアーケード街」に突入。18時では閉まっている店も多かったのですが、立ち飲み屋などもあり地元らしき方々がチラホラ。
IMGP6175
「ふれあい通りアーケード街」と交差する中ごろには「福招きのお手湯」が設置されていて、おもてなしの心を感じます。「お手湯」ってあまり見ませんよね。でも、足湯より手軽に温泉を体験できるので、ちょっと手を入れてみようと思いませんか? ちなみに温度はまあまあ高く、冷えた手を入れると一瞬「あつっ」、もう一度入れると「あったけー」という感じでした。
IMGP6179b
IMGP6183キネマ通りのお次は「湯の花通り」。ここからは飲食店やお土産屋など少し旅人に寄った商店が増えてきます。気になったのは昭和10年創業という「松田椿油店」と「おかずのあんどう」。
IMGP6181
IMGP6182特にあんどうの前に看板がでている「ちんちん揚げ」は、伊東の郷土料理のひとつ。その特徴的な品名が、商店街のあちこちの居酒屋メニューに書かれていたので、気になって仕方ありません。ここでは食べ歩きできるスタイルでも提供しているので、ぜひ食うべしと思ったのですが…18時ごろでは売り切れで残念ながら結局食べられませんでした。
IMGP6186
湯の花通りを抜け、少し右手に歩くとJR伊東駅に到着。待機しているハトヤの送迎バスを見た途端「伊東に行くならハ・ト・ヤっ♪」のフレーズが想起されます。「伊東=ハトヤ」を完全に刷りこまれていますね。しかし、ハトヤさんにも負けない魅力を放つ温泉を駅前で発見!
IMGP6184
なんと! ビルの地下に続く階段の先に温泉があるんです。年季の入った看板や入口をみると、怪しさ満点ですが、実は伊東市観光協会のサイトでも紹介されている公共浴場! 正式名は「子持湯(湯川第一浴場)」。本当に駅のすぐ前にありますので、気になる方は探してみてください。
IMGP6195
観光番近くの駐車場に車を停めたので駅からUターン。戻りは駅前から出ている「駅前中丸通り」です。この通りを含め縦横に走る商店街ごとに、魅力的な居酒屋が多数ありました。「ちょっと一杯」やる場所を探すのも、旅の楽しみのひとつ。伊東へ行くなら泊まりか電車がおすすめです。

INFORMATION

地図

レポーター

恩田 正恒

「町旅」編集部

伊東市内にある伊豆 ぐらんぱる公園のイベント「グランイルミ」が意外と楽しめた町旅スタッフ
重度の花粉症

関連タグ

関連記事

エリア

(Categories)

タグ

(Keywords)

すべてのタグを見る

おすすめ記事