敵から逃げるための細工とは!?
大河ドラマのロケも行われた武家屋敷
<鹿児島県出水市>

新幹線の駅から歩いて行ける歴史的町並みのひとつが鹿児島県出水の武家屋敷街である。歩いて行けるいっても徒歩で約15分はかかるが、懐かしい商店街を通りながらの町歩きは楽しい。町家筋が連なるのは台地の裾に当たり、商店と商店の間にある細い坂道が台地の上にある武家屋敷への近道だ。
武家屋敷武家屋敷
両側に玉石積みと生け垣が続くようになると武家屋敷街である。すぐに幅の広い通りに出た。右も左も真っ直ぐに道が貫いている堅馬場である。やはり玉石積みに刈り込まれたイヌマキやユスの生け垣が整然と連なり、見事な武家屋敷の景観が展開している。
demizu04
出水の武家屋敷は東西路四本、南北路五本の街路を骨格として、碁盤の目のように街が形成されている。御仮屋に接する仮屋馬場はもっとも幅が広く、堅馬場がこれに準じている。「仮屋馬場には薩摩藩主が参勤交代時などにお泊まりになり、朝の旅立ちにはずらりと一行が並ぶことができるように幅広に造られている」と「税所家住宅」の案内の方からご教示いただいた。
demizu05
公開されている武家屋敷は現在三棟、NHK大河ドラマ「篤姫」のロケにも使用された「竹添家住宅」と「税所家住宅」は、家の内部にも上がることができ、案内の方が常駐され丁寧に解説してくれる。いずれの武家屋敷も格の高い役人の住居で、「税所家住宅」は麓集落の筆頭にあたる地頭の次の位である「曖役(あつかいやく)」である。
demizu06
主屋は、来客用の座敷と家人が暮らす日常の空間とが明確に分けられた二つ屋造りになっているのが特徴である。日常空間の囲炉裏付近には、外敵から縁の下に逃げるための細工がしてあるのもおもしろい。公開は無料である点にも注目したい。「一度来たら二度三度と見える方が多い」と案内の方が胸を張るほど、出水の武家屋敷は清楚で美しいのである。
 
写真:米山淳一

INFORMATION

地図

レポーター

米山 淳一〔よねやま じゅんいち〕

獨協大学外国学部英語学科卒業。岸信介事務所を経て、75 年(財)観光資源保護財団(現(財)日本ナショナルトラスト)入所。事業課長、事務局長を経て、06 年退職。現在は母校の獨協大学等で講義を行うほか、地域遺産プロデューサーとして全国で歴史を活かしたまちづくりプロジェクトを推進。現在、公益社団法人横浜歴史資産調査会(ヨコハマヘリテイジ)常務理事・事務局長

一般社団法人 日本茅葺文化協会理事
一般財団法人 茶道宗偏流不審庵理事
日本鉄道保存協会事務局長
東映株式会社「大鉄道博覧会」企画プロデューサー
一般財団法人 東武博物館アドバイザー ほか


【著書】
●歴史鉄道 酔余の町並み(駒草出版)
  http://komakusa-pub.shop-pro.jp/?pid=61024099
●続・歴史鉄道 酔余の町並み〈2016年2月1日発売〉(駒草出版)
●写真集「光り輝く特急「とき」の時代」(駒草出版)
◎「地域遺産みんなと奮戦記」(学芸出版)
◎「歩きたい歴史の町並」 文 米山淳一 写真 森田隆敏(JTBパブリッシング)

http://www.j-yoneyama.jp/

関連タグ

関連記事

エリア

(Categories)

タグ

(Keywords)

すべてのタグを見る

おすすめ記事