連載・地元の人と歩く

地元の人がオススメする下諏訪の飲食店③
「蕎麦処 とんねるや」<長野県下諏訪町>

suwa01_01
長野県のほぼ中央に位置する諏訪湖。その諏訪湖の北側に位置する下諏訪町は、かつての中山道と甲州街道が交わる要衝地であり、宿場町として栄えた地域である。なかでも御柱祭りで有名な諏訪大社下社の春宮・秋宮周辺は当時の名残りが色濃く残り、いまでも神社を中心とした地域社会が残されている。そんな宿場町で生まれ育ったという山田昌宏さんに、下諏訪の名所や見どころを案内していただいた。
(下諏訪町連載第6回)
 


 
suwa06_01
日が暮れた夕飯時に山田さんが案内してくれたのが「蕎麦処 とんねるや」。蕎麦どころの長野県で52年・親子2代にわたって営業を続け、地元の人はもちろん遠方からも訪れる人が多いという人気店である。この日はとても暑かったので、個人的にも重い食事は避けたいところだったのでありがたい。
 
suwa06_04
suwa06_05昨年新築されたばかりという店舗は、とてもキレイでイメージする町の蕎麦屋よりも数段格上の佇まい。暖簾をくぐってスグは、靴を脱がずに気軽に食事を楽しめるテーブルと椅子。奥へ進むと席の間がしっかりとられた座敷や対面型のカウンターになっていて、落ち着いてゆっくり料理を楽しめる空間がしつらえられている。ちょっと昼飯から会社や親族の宴会まで、人数や用途にあわせて座る席を選べるのも魅力のひとつ。
 
suwa03_16
細く切られた蕎麦は箸でしっかりつかまえられ、食べたい分量をスムーズに猪口に運ぶことができる。まずは頬張らない程度の量を口へ運んでみると、入れた瞬間薫りに驚き、噛んだ瞬間にはしっかりしたコシに驚いた。普段はあまりそばを食べない私でも、コレは美味い蕎麦だとすぐわかる…近くにあったら、蕎麦好きになっていたかもしれないと思うほどで、地元の人が多いというのもうなずける。
 
suwa01_02b
suwa03_17
「とにかく美味いから、ぜひ食べておきなよ」と山田さんに薦められたのがローストビーフ。甘みたっぷりの脂が溢れる刺身のように柔らかな肉とおろしたわさびの組み合わせはまさに絶妙!暑さでバテ気味だったが、 そばと天丼を食べてなお一皿をペロリと完食してしまった…。そば屋でローストビーフを提供しているのは珍しいので店主にお話をうかがうと、親戚に肉屋さんがいるのでまかない料理で出していたそうだが、「お店でだしてみたら好評だったのでメニューになった」という。厳密に調理法を言うと「ロースト」ビーフではなく、日本料理の調理法「たたき」で作られており、そのため生に近い部分も多いそう。山田さんは、この肉をどんぶり飯にのせた「ローストビーフ丼」をよく食べているそうだ。
 
suwa06_06
珍しいといえば、蕎麦屋の名前で「とんねるや」という店名もあまり聞かない名前だ。こちらも理由を聞いてみると、50年以上前の開店時の場所が関係しているという。仕出し屋として開業したのは長屋の商店街で、長屋間にトタン屋根がかかっている様子がまるでトンネルのようだったことから「トンネル長屋」と呼ばれていたそうだ。そこに揶揄の意味を感じた先代が反骨心を発揮し、あえて「とんねるや」と名付けたのである。それから半世紀が過ぎたいま、「とんねるや」の名称はかつての揶揄の意味合いを覆し、下諏訪の有名店として認識されるまでになっている。
 
 
●●●●●●店舗情報●●●●●●
店名:蕎麦処 とんねるや
所在地:長野県諏訪郡下諏訪町西豊6175-11
定休日:月曜日(祝祭日の場合は昼のみ営業)
営業時間:11:00〜14:30 (オーダストップ 14:00)
17:00〜21:00 (オーダストップ 20:30)

電話:0266-27-6315
HP:http://www.tonneruya.com

INFORMATION

地図

レポーター

恩田 正恒(町旅編集部)

ローストビーフ以外にから揚げも人気メニューという「とんねるや」さん。ほかにもメニューが豊富でいろいろ迷ってしまいますが、僕がもう一度食べたいのは「そば」。次はとりあえず大盛りもしくは2枚は頼もうと思います。そば一本勝負なら3枚はイケますね!

関連タグ

関連記事

エリア

(Categories)

タグ

(Keywords)

すべてのタグを見る

おすすめ記事