見るものを圧倒する匝瑳(そうさ)の緑たち
<千葉県匝瑳市>

匝瑳市は、緑のまちと言っても過言ではない。亜熱帯雨林でよく見られるスダジイ(ブナ科シイ属の常緑広葉樹)が市内広範囲に多く存在し、植木に関しては生産量、樹種が日本でトップクラスを誇るのだ。
 
IMG_2316-1280x960
こちらは平山さん宅。裏庭にある巨大スダジイは見るものを圧倒する。一般公開されているが個人宅なのでマナーには注意頂きたい。また、見学の際は維持管理協力金として200円が必要である。
 
IMG_2327-1280x960
門を過ぎると歴史を感じさせる大きな古民家が姿をあらわす。周囲に置かれている庭石も立派で良く整備されていた。平山さん宅では都会で感じることができない、ゆったりとした時間が流れていた。
 
IMG_2342-1280x960
IMG_2352-1280x960
裏庭へまわると、樹齢1,000年以上といわれる巨木がそびえ立っていた。この巨木が「安久山の大スダジイ」である。幹まわりは約10メートルもあり、根の部分は、上部が板のように伸びる「板根」になっている。安久山の大スダジイは県内最大級、全国でも十指に数えられる大きさだ。匝瑳市が全国に誇る巨木であり、市の天然記念物に指定されている。
 
IMG_2353-1280x960
大スダジイの裏には「日本の里山 100選の地」との看板が。この先には、NHKの番組「日本の里山100選」に選ばれた谷津田風景が広がっている。
 
IMG_2355-960x1280
足元に気を付けながら、道なき道を進む・・・。もしこちらを訪れるようであれば、革靴は避けてほしい。まさかの展開だったので、運動靴を履いていなかった私は、大変な思いをすることに。
 
IMG_2365-1280x960
これぞ里山といった日本の原風景が広がる。このあたりの散策路は、地元の有志の方がコツコツと一人で切り開いたとのこと。地元愛に溢れた里山だ。また、絶滅危惧種の猛禽類であるサシバ(タカ目タカ科)が毎年、子育てを行う場所であり非常に貴重な一帯でもある。
 
IMG_2451-1280x960
匝瑳市には約76店の造園業者が存在する。なかでも最大規模を誇る「共種園(きょうしゅえん)」にお邪魔させて頂いた。広い園内には、出荷予定である大きな植木が横たわっており、パッと見には、大きなブロッコリーのようだった。最近では、海外での需要も多く、アメリカ、ヨーロッパ、アジアに輸出されるそうだ。共種園は、80年以上続く造園業のノウハウを活かし、品質の高い植木を生み出すと評判だ。
 
IMG_2457-1280x960
植木のみならず、九十九里に面している匝瑳市は海産物も有名である。こちらは国道沿いにある「波音(はおん)」で頂いた刺盛り。鮮度抜群で間違いなし!特に貝類が絶品であった。他にも焼き魚や揚げ物を注文したが、何を食べても美味しく、丁寧さが感じられる素敵なお店であった。
 

地図

レポーター

森 順一郎

思った以上に見どころが満載であった「匝瑳市」。自然、食、歴史が楽しめる豊かな地域です。房総半島にお出かけの際は、是非、訪れて頂きたい場所です。

関連タグ

関連記事

エリア

(Categories)

タグ

(Keywords)

すべてのタグを見る

おすすめ記事