キラリと光る魅力が溢れるまち<千葉県匝瑳市>

匝瑳市(そうさし)の魅力は食、ふれあい、文化など多岐にわたる。そんなバラエティに富んだ匝瑳市を紹介したい。
 
25c9be236e26bf0d15cd1fe7eb32a4a6
bbf715a007b9b0e3fdbc268aecaeafcf
匝瑳市は九十九里浜に面しているため、新鮮な魚介類が堪能できる。こちらは「海めし」と称した海鮮丼。匝瑳市の南東側には安くて美味しく食べられるお店が軒を連ねている。魚をマヨネーズで和えた「おらい丼」(上)や10種類以上の具材がのった豪華な丼(下)などバラエティに富んでいる。
 
e22f59e77f3ff8e89f5fa03fa604aab4
「ふれあいパーク八日市場」は市民のみならず、県外のリピーターが多い人気施設だ。のどかな風景の中に佇むこの施設は、年間約120種類以上の商品が並ぶ。また、レストランでは地元ならではの郷土料理も味わえ、季節ごとのイベントも盛んに行われている。
 
c3f3878aa3b3e913c98a8ab3b5e9cc8e
明治24年に開かれたロシア正教の教会「ハリストス須賀正教会(すかせいきょうかい)」。日本における女流作家の先覚者、「山下りん」が描いたイコン10面(県指定文化財)が所蔵されている。イコンとは、ギリシャ正教会やロシア正教会などの東方教会で礼拝の対象とした聖画像で、キリスト、聖母、聖者などを描いた板絵である。
 
25570f14120ccc20690efbcfd9f67da5
1998年、芸術家である「此木三紅大(このきみくお)」の住居とアトリエの一部を開放し設立された「松山庭園美術館」は多くの市民と観光客が訪れる人気スポット。自身が収集した名画、茶道具などが収蔵されている。四季折々の景色も楽しむことができ、庭の茂みや木の上に佇む猫たちが来訪者をもてなしてくれる。
 
befe49189231604258abf5b3ae0f29c7
「八重垣神社」は素戔嗚尊(すさのおのみこと)をはじめ三神を祀る。豪華な彫刻が施された本殿は一見の価値あり。毎年8月に行われる祇園祭は300年以上の歴史を持ち、匝瑳市を代表する盛大な祭りだ。約20基の神輿が繰り出され「あんりゃどした!」と威勢のいいかけ声とともに練り歩く姿は勇壮だ。
 
d7d7b0fa1a667f64618c22a811de494f1
防風林として作られた「マキ塀」は匝瑳市内のあらゆる場所でみられる。最大のもので高さ約7m、長さ約80m、幅約2mもある。マキ塀の材料である「イヌマキ」は街路樹と生け垣では葉の密度が違うので、観察しながら散策するのも面白い。
 
a4e99a450f19367b2928c077a4294969
花見の名所として有名な「天神山公園」は、緑豊かな中でくつろげる公園として人気が高い。約500本(7種類)の桜が植えられている。展望台からは、太平洋や国の名勝及び天然記念物である「屏風ヶ浦」を望むことができる。
 
35ab6b01a0855c02e8f021d7e0a9db6d
長い歴史を誇る匝瑳市の伝統技術である「箕づくり」。約300年の歴史を持っている。国の重要無形民俗文化財に指定されており、木積(匝瑳市)の竹と藤を使って農耕用や製茶用に製作する。大正時代の最盛期には、年間約126,500枚が製作され、東京まで出荷されていた。「木積箕づくり保存会」による実演会や展示会が行われており、熟練の技を間近で見学することができる。
 
 
 
 

地図

レポーター

森 順一郎

これからの季節、各地で盛んに行われるのがバーベキュー。匝瑳市にはバーベキューを楽しめる施設が多数あります。都内では感じることができない開放感に満たされながら、仲間と匝瑳市でワイワイしてはいかがでしょうか!

関連タグ

関連記事

エリア

(Categories)

タグ

(Keywords)

すべてのタグを見る

おすすめ記事