銚子定番セットの相性はいかに!ちょっとディープな銚子旅
<千葉県銚子市>

4ef46ed18987532dcbe648f0b530567a
関東最東端に建つ「石上酒造」。1844(弘化元年)年に創業した老舗酒蔵だ。大谷石造りの明治蔵、大正蔵などは関東大震災や太平洋戦争時の大空襲などの危機に耐えてきた貴重な酒蔵であり、いまだに現役で残されている。こちらの代表銘柄は「銚子の誉(ちょうしのほまれ)」。約170年もの間、地元の人々に愛されてきた生粋の銚子酒である。
 
bcda2c5c3c21fb76d1970c41d3ba6c1a
f444df49f5388c14ef0fc0bc9a176e06
千葉県産の原料米を使用し、丁寧に仕込まれた酒はこの機械で絞られる。上から圧力をかける槽搾り(ふねしぼり)という方法で、手間はかかるが優しく搾るため、日本酒本来の味を楽しめるとのことだ。そして、搾られた酒は、穴に入れられた容器へ注がれたのち、濾過、火入れを行いタンクへ貯蔵される。
 
60ca61e99d9771e0ea27d8412e437097
昭和初期に造られた貯蔵タンクは全て同じ大きさに思えたのだが、当時は、まったく同じものを作る技術がなかったようで、それぞれ違った容量が記載されていた。ラベルを確認すると「琺瑯」と表記されていた。今でいうホーローである。また、販売店の住所には東京市とある。酒造りのみならず、その時代ならではの様子もご説明頂いたことに感謝である。
 
3f94f3c723f16a49ffa6b1301fdb7f40
飯沼観音の近くにある蕎麦屋「加満家本店」にて昼食。こちらは人気店らしく、12時を過ぎると大勢のお客さんが来店し、あっという間に満席となっていた。ベテランスタッフの方たちが手際よく注文をさばき、料理を運んでいる姿は見ていて気持ちが良かった。
 
カレー蕎麦 (1280x960)
e9a5346934f63ef90bade85adbae59c7
カレー蕎麦とまぐろ太巻きを注文。こちらは銚子の定番セットらしいが、さすがに量が多いため、太巻きはシェアすることに。出汁の効いたカレー蕎麦は豚肉とネギとの相性が良くリピート決定。いつまでもアツアツで食べられるのも嬉しい。太巻きも“これでもか”と言うほどまぐろが巻かれており、満足度が高い。そして、想像以上にカレー蕎麦との相性が良かったことも新たな発見であった。銚子に来たら外せないお店である。
 
2349693f278d909fd4c3a4483bf61887
810~824(弘仁年間)年、関東を巡っていた弘法大師が開眼したと伝わる「圓福寺(飯沼観音)」。地元をはじめ全国各地の大勢の観音信者より「ちょうしのかんのんさま」として親しまれており、銚子の商店街や繁華街はこの寺を中心に形成され繁栄した。本堂には本尊である十一面観世音菩薩が安置されており、天井に多数描かれている観音様は必見である。
 
8cfcc001b758b0f4eac6d22ae1d70fe4
2009(平成21)年に竣工された五重塔。総高約33.5m。澄み切った青い空につつまれた朱色が美しかった。
 
e5a9f999dcecf2bfff5f3b6bb6376d57
1645(正保2)年、銚子で醤油製造を始めた「ヤマサ」。今では、日本食の普及により世界各地に工場を持つ大企業となった。一日に製造される醤油は約40万ℓ。日本を代表する醤油メーカーと言っても過言ではない。工場見学では、歴史や製造工程はもちろん、もろみが醤油へ変化していく様子を映像によるバーチャル体験で学ぶことができる。※工場内は撮影禁止です。見学の後は、せんべい焼き体験や醤油ソフトを楽しもう。不定期営業であるため食べられたらラッキーな「ぬれ煎餅やきそば」も人気である。

地図

レポーター

森 順一郎

銚子には銚子スポーツ「銚スポ」というタウン誌があります。プロデューサーはオカルト評論家・山口敏太郎氏。東京スポーツに了承を得ているらしく、デザインもそっくり。見かけたら手に取ってみてください。

関連タグ

関連記事

エリア

(Categories)

タグ

(Keywords)

すべてのタグを見る

おすすめ記事