頼朝や淀殿により寄進された重要文化財と国指定の天然記念物
<滋賀県大津市>

ishiyamadera2_01
747(天平19)年に聖武天皇の発願により聖徳太子の念持仏であった如意輪観音をこの地に祀ったのがはじまりとされる石山寺。それ以前にも天智天皇の石切り場であったとか、大友皇子が葬られた場所であると伝わっていて、日本史の有名人が大勢関係しているお寺です。入口となる東大門は鎌倉時代初期に源頼朝により寄進されたもので、重要文化財にも指定されています。
 
ishiyamadera2_02
ishiyamadera2_03
ishiyamadera2_04
門をくぐると石畳が敷かれたまっすぐな参道。途中にお茶席・売店があるお休み処や美しい日本庭園などがあるのですが、門が立派すぎて気軽に入って良いものか悩んでしまいました。あまり寄り道している時間もなかったので、残念ですが今回はとりあえず写真だけ…。
 
ishiyamadera2_05
参道の先には門があり、ココから先は有料&ペット禁止になります。右側にある小屋で入山料(大人600円)を払い、案内図を貰って中へと進みます。
 
ishiyamadera2_06
入るとすぐ左手に古刹の雰囲気を損なわない外観がの御手洗があります。ちょっと入ってみたくなります。最近はすごく綺麗なトイレを別に建てていられる有名寺社もあり、それはそれで来訪者にとってありがたいのですが、趣きを考えると古風な御手洗いが残っているのも嬉しいところ。ちなみにこの先には御手洗がないので、一度立ち寄っておくと良いかも。
 
ishiyamadera2_07
参道のつきあたりを右手に折れると、本堂へと続く石段。歴史ある寺社の階段はたいてい急であることが最近分かってきました。バリアフリーなんて概念も無かっただろうし、おそらく昔の人の方が足腰も丈夫だったのでしょうね。
 
ishiyamadera2_08
階段の上は少し開けており、正面には巨大な石と塔、周囲には複数の御堂が並んでいます。
 
ishiyamadera2_09
ishiyamadera2_10
その中のひとつ毘沙門堂は1773(安永2)年に建てられた滋賀県指定の文化財。 素晴らしいなと思ったのは、堂の内部が良く見られるようにのぞき穴が作られているコト。この毘沙門堂に限らず、石山寺には訪問者に配慮した建物や展示が多くありました。
 
ishiyamadera2_11
安置される兜跋毘沙門天立像は平安時代後期のものとされる重要文化財です。
 
ishiyamadera2_11
ishiyamadera2_11b毘沙門堂の向かいにある石山寺蓮如堂は、秀吉の側室である淀殿が慶長期に境内復興を行った際に、三十八所権現社本殿の拝殿として建築され、寺院における鎮守拝殿として神事や仏事とも使用された非常に珍しい建物。明治以降になると蓮如常任の御影や遺品を祀るようになり、そのため蓮如堂と呼ばれるようになったとか。2008(平成20)年に重要文化財に指定されています。
 
ishiyamadera2_12
正面にある大きな石は石山寺と名づけられた理由ともいわれる硅灰石(けいかいせき)で、1922(大正11)年に「石山寺硅灰石」として国の天然記念物に指定されています。石灰岩が地中から突出した花崗岩と接触すると熱作用により通常は大理石になるそうで、硅灰石になるコトは非常に珍しいのだとか。昔の人は原理を知らなくても特別なものと感じられたのでしょう。
 
 
石山寺は見どころがとても多く、ホームページでは44カ所のスポットが紹介されています。すべては紹介できませんが、次回は本堂を紹介します。
 

INFORMATION

地図

レポーター

恩田 正恒(町旅編集部)

石山寺を取材していたら、見どころが多くて予定時間を大幅にオーバーしてしまいました。写真は日が暮れるころ境内で撮った自分の影。
足が異常に長いのは、まっすぐな坂道だからです。

関連タグ

関連記事

エリア

(Categories)

タグ

(Keywords)

すべてのタグを見る

おすすめ記事