世界文化遺産&日本遺産のダブルタイトルホルダー! 比叡山延暦寺を歩く⑤

天台宗を二分する一因になった東塔と西塔の間
<滋賀県大津市>

enryakuji4_12a
enryakuji4_13叡山ロープウェイから延暦寺へ歩く道は、一部が京都一周トレイルや東海自然歩道のコースと被ります。途中は休憩するのにちょうどよい広場があったり、苔むした石碑が連なる山道を歩いたり、変化に富んでいて楽しく歩けました。基本は下りなので楽なのもイイです。約30分の間に外国の方も含めて7・8人とすれ違いました。
 
enryakuji4_14
20分ほどで東塔エリアの少し手前までくると、西塔エリアとの分岐がありました。スケジュールを考えると行けないのですが、気になって様子見に。橋を渡ると…
 
enryakuji4_15aenryakuji4_15b
山王院堂(さんのういんどう)という建物がありまして、案内板には「派閥争いした僧侶の一派がここから木像を背負って三井寺(園城寺)へ移住したといわれる」なんて書かれています。調べると天台宗を山門(延暦寺)と寺門(三井寺)に2分する大事件の一因になった場所とのこと。山中の静かな場所にある小さな建物ですが、歴史はこんなところでも動いていると知り不思議な気持ちになります。
 
enryakuji4_16
山王院堂のそばに西塔エリアへ降りて行く階段がありましたが、時間がかかりそうなので今回は断念。ちょっと心残りです。
 
enryakuji4_17
先ほどの分岐からは数分で東塔エリアの裏口(?)に。各エリアのゲートでは入場券を見せる必要があるので、山を下りるまで必ず持ち歩きましょう。
 
enryakuji4_17_a1
東塔エリアに戻ってきたので、延暦寺のシメに國寶殿へ向かいます。國寶殿近くの坂には伝教大師伝などを伝える看板がズラリ。道の両側あわせて全部で30点くらいあるでしょうか。読みたい気持ちはあったのですが、歩いてきた方向とお話の順番が逆だったのでここもあきらめてしまいました。
 
enryakuji4_18
國寶殿は別途拝観料500円を納めて入館。内部は撮影禁止なのでお見せできませんが、3フロアに渡って貴重な文化財を見ることができます。でも山内の拝観料と別に500円は少し高い気が…。編集部の近くには一日いられる東京国立博物館(一般入館料:620円)があるので、博物館系にはかなり厳しめなんです。
 
enryakuji4_19
帰りは坂本ケーブル&バスで京阪の坂本駅へ。ここから電車に乗ると15分で三井寺・35分で石山寺といった有名寺院がある駅に行くことができます。
 
比叡山には4時間半くらい滞在しましたが、東塔エリアと山頂付近あわせて本当にごく一部しか行くことができませんでした。西塔や横川などの地域や、訪問できなかった御堂なども多く、懐の深さは計り知れません。お出かけのさいは、できるだけ時間をとっておくか、行きたい場所とスケジュールをしっかり決めておくことをオススメします。
 
 
この連載おわり

INFORMATION

地図

レポーター

恩田 正恒(町旅編集部)

滋賀県プレスツアーの前日に現地入りして、まず向かった比叡山は予想以上に広く見どころもたくさんでした。
今回は中心的な東塔エリア周辺しかいけませんでしたが、また訪れて他の場所も行ってみたいと思います。

関連タグ

関連記事

エリア

(Categories)

タグ

(Keywords)

すべてのタグを見る

おすすめ記事