世界文化遺産&日本遺産のダブルタイトルホルダー! 比叡山延暦寺を歩く④

なんだか寂しい気持ちになる比叡山頂とその周辺
<滋賀県大津市・京都府京都市>

enryakuji4_01
東塔の敷地と思われる場所をでると、道案内の看板がありました。智證大師御廟を経由すれば30分ほどのようなので、左側のルートで登ります。
 
enryakuji4_02
すぐに山道らしくなりますが、よく歩かれているのでスニーカーなら問題ありません。写真の所が一番歩きづらさMAXでした。傾斜も東塔エリア内の階段よりきつい所はなかったです。
 
enryakuji4_03a
enryakuji4_03cただ、智證大師御廟がなかなか見つけられません。変わりに工事現場やテレビ局の中継基地があらわれてきます。しかも次々と…。近くまでは車道も通ってますので安全面では心強いですが、霊山の雰囲気を期待してきた身としてはかなり残念。
 
enryakuji4_04
中継基地群からは5分も歩かずに山頂に到着。滋賀県と京都府の境界でもあります。なのに…申し訳程度に置かれた山頂票に正直ガッカリ。樹木に囲まれて眺望もほぼありません。個人的にはピークが踏めて嬉しい気持ちもありましたが、山歩きが好きな人以外にはまったくオススメできないルートでございました。
 
enryakuji4_05a
山頂から1・2分ほど京都側に降りると広い駐車場が見えてきます。こちらは京都側から比叡山への入り口となっている様子。ちょっとした食事をできそうな店は閉まっていましたが、トイレは使えました。
 
enryakuji4_06a
enryakuji4_06b
駐車場からの展望は開けていて琵琶湖も良く見えます。比叡山を挟んで南北いずれにも琵琶湖が見え、その巨大さにただ驚くばかり。
 
enryakuji4_07
駐車場の一角は延暦寺バスセンターになっており、京都駅とつなぐバスや延暦寺内の周回バスが発着していました。周回バスは30分に1本程度で回ってくるようです。ちなみにバス停の向こうにポコっと見えるのが、さきほど行った比叡山の山頂あたり。ここからなら5分くらいでたどり着けます。
 
enryakuji4_08
冬季休業中でしたが、西洋画家たちが夢見た自然の風景を再現した「ガーデンミュージアム比叡」という施設もありました。園内には比叡山の一角をなす山頂「四明岳」のピークがあるのですが、敷地内にあるので入れず…。それにしてもこういった施設で4ヵ月半も冬季休業があるってスゴイですね。
 
enryakuji4_09
駐車場から400m先にはロープウェイもあり、その先2km歩けば東塔地区まで戻れるようなのでさらに先へ進みます。
 
enryakuji4_10a
enryakuji4_10bで、まずはロープウェイ乗り場に行ってみたのですが…ボッ、ボロボロ。本当に営業しているのか疑わしい見た目です。滋賀県側の坂本ケーブルとの差にビックリです。
 
enryakuji4_11a
なかに入ってみたら、京都方面を見下ろす2階は廃墟寸前。たまたま一緒になった学生たちも「なんだここ」と唖然としていました。
 
enryakuji4_11b乗り場の入り口はまさかの無人改札…車両が入ってきたときも無人なのでしょうか? なんだか悲しい気持ちになってしまいました。坂本ケーブルではロマンティックだったのに、叡山ロープウェイはメランコリックな感情がとまりません。京都側からの比叡山訪問は、自動車利用が多いのかもしれませんが、交通機関を旅の楽しみにする人もいるのでもう少し頑張っていただきたいところです。
 
 
つづく

INFORMATION

地図

レポーター

恩田 正恒(町旅編集部)

比叡山の入り口で「山頂までどれくらいですか?」と聞いたら、「1時間以上はかかるよ」とやめときな感たっぷりで言われたのですが、時間だけの問題ではなかったのかも?
山頂までの行程そのものは楽でした。というより、山内の連絡バスに乗ればすぐ近くまで着きます…。
お好きな人のみオススメ。

関連タグ

関連記事

エリア

(Categories)

タグ

(Keywords)

すべてのタグを見る

おすすめ記事