富豪たちの別荘から名宿へ。海と温泉の町、熱海で歴史を刻む建築『起雲閣』
〈静岡県熱海市〉

全国有数の温泉街として知られ、明治期より政財界の要人や文化人が別荘を構えた静岡県熱海。「起雲閣」の名で知られる旧内田信也・根津嘉一郎邸は、非公開の岩崎別荘と今はなき住友別荘と共に「熱海の三大別荘」と称された。

もとは海運王・内田信也が、大正8年、母親の静養のために用意した別邸で、大正14年に鉄道王・根津嘉一郎が土地・建物を譲り受け、敷地を拡げて2つの洋館と広大な日本庭園を整備した。「池泉廻遊式庭園」と呼ばれる美しい庭は、山梨県にある根津氏の自宅とも同じ様式で、茶人でもある同氏の造詣の深さを物語る証左だろう。

その後、昭和22年には金沢のホテル経営者で能登の富豪・桜井兵五郎の手に渡り、旅館「起雲閣」として開業。大正時代そのままの和館と、日本、中国、西洋の修飾や様式を融合した秀麗な洋館が並び建つこの宿には、政財界人をはじめ文学者たちも多く訪れた。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
瀟洒な『サンルーム』は、根津氏により建てられた洋館の『玉姫』に隣接。国産初のステンドグラスを製造した宇野澤辰雄による天井と、池田泰山によるタイルの床が優美だ。アールデコを基調としたデザインの屋根と天井は、ガラスで葺かれ鉄骨で支える構造。天井と高窓の間には石膏で刻まれた唐草模様の装飾が見られる。

桃山風の『玉姫』の天井には、ほんらい伝承されるべき技術が一度完全に途絶えたために現在は製作困難となっている貴重な金唐革紙(きんからかわし)という壁紙が使われている。旧岩崎邸旧林家住宅にも見られる金唐革紙は、たいへん高価なことでも知られ、富豪自身の財力をひと目でわからせる“効果”も思いのほか好まれたという逸話まである。

昭和7年に完成した洋館にある食堂『玉姫』は、正面中央に暖炉がある西洋式の建築スタイルを基に「折上格天上(おりあげごうてんじょう)」など日本の神社仏閣に用いられる建築様式が混在していて面白い。さらに細部に目をこらせば中国風の彫刻もあしらわれている。

別棟の『金剛』に隣接したサンルーム。ガーデンハウスとして建てられた『金剛』にはモダンな照明器具や大正時代のものと思われるアンティーク家具まで見どころが一杯だ。

映画監督・溝口健二の作品「雪夫人絵図」の撮影がおこなわれた『ローマ風浴室』は、優美なステンドグラスが配された格調高い空間。浴槽まわりには、肌触りや滑り止め効果を考慮した木製タイルが敷かれ、上品な中にもやさしい風情を醸している。

和館『麒麟』の壁には「加賀の青漆喰」と呼ばれる石川県加賀地方の伝統的な左官の技術が施されれている。これは旅館になってから塗り替えられたもので、所有者である桜井兵五郎が自身の出身地・石川県金沢市に伝わる『高貴な色(群青色)』を取り入れたものだ。その昔、前田家の殿様のみに許された特別な色だという。

旅館となってからは、志賀直哉、山本有三、坪内逍遥、谷崎潤一郎、舟橋聖一、武田泰淳など、名だたる作家たちからも愛された「起雲閣」。歴史を刻んだ美空間はいまも人々を魅了してやまない別天地のようだ。
 
写真:乃梨花

INFORMATION

地図

レポーター

乃梨花(「町旅」女子部)

ひとり暮らしの猫飼い人ゆえ、
長らくショートトリップ派・・でしたが、
最近は、猫を預けて遠くまで足をのばすこともしてます⭐️
(➕日本酒党❤️)

関連タグ

関連記事

エリア

(Categories)

タグ

(Keywords)

すべてのタグを見る

おすすめ記事