紅葉に染まるぶどう畑と、明治建築の母屋を使ったワイナリー
〈山梨県甲州市〉

江戸時代には甲州街道の宿場町として栄えていた勝沼。明治から昭和初期までは養蚕のかたわら、ぶどうを主体に果物を産出する農業地帯であったが、今は『ぶどうとワインの生産地』として有名だ。日本ワイン発祥の地でもある山梨県は、国内で最も多い新旧約80(※)のワイナリーを持つ。※ワインの国山梨より

JR中央本線に乗って「勝沼ぶどう郷」駅に降り立ったら、まずはその見晴らしの良さを堪能しよう。対岸に見える小高い丘の頂上には勝沼のランドマーク『勝沼ぶどうの丘』が見える。ここから季節ごとに移り変わる田園風景の様子を見るのも、訪れた時の楽しみのひとつだ。

駅ホームから『勝沼ぶどうの丘』までは、散策するにもちょうど良い距離だ。坂や勾配もつね日頃の運動不足解消にはぴったり。降りてきた坂道を途中で振り返れば、思わず気持ちがほっこりする晩秋の里山風景にも出会える。

関東では、農業生産のかたわら養蚕をおこなうのが、江戸から戦後まで続いた農家の典型的な営農風景だった。山梨には養蚕農家だった家も数多く残っており、里山風景の中に歴史の痕跡を見ることができる。蚕にとって風通しをよくするための「高窓(突き上げ屋根)」が設けられた家は、以前に養蚕農家だったことをしめすものだ。

晩秋の陽光に照らされて輝く鮮やかなオレンジ色。本格的な冬の到来前に、軒下などに柿をいっせいに並べて寒風にさらし、ころ柿(干し柿)を作る。昔から続く甲府地方などに見られる、晩秋から初冬にかけての風物詩だ。

今回訪ねたのは『原茂(はらも)ワイン』。大正10(1924)年創業の小さな家族経営のワイナリーだ。明治期に建てられた築130年以上の母屋は、社長で代表を務める古屋氏の家を改装したものだという。屋根には養蚕農家の特徴である高窓がついている。

じつは古屋家は勝沼の地主で、もとは小作人たちを雇い、稲作や畑作、養蚕などを手がけていたという。しかし国内における養蚕業の衰退とともに、山梨県では桑畑からブドウ栽培に多くの農家がシフトしていく中で、古屋家のようにワイン造りへと進む生産者も生まれていく。

ワイナリーのガーデンは、頭上一面がぶどう棚に覆われている。透過した陽の光がキラキラと地面に落ちて、光と影のマーブル模様が愉しげだ。

『原茂ワイン』では、ワインの販売とテイスティングを母屋1階にあるショップで行っている。2階は雑誌などでもよく取り上げられる人気のカフェ『カーサ・ダ・ノーマ』。残念ながら冬の間はお休み(4〜11月営業)だが、古民家の落ち着いた空気に加え、おいしいワインと料理で、つい時間を忘れて過ごしたくなる癒やし空間だ。

地元のオーガニック野菜を使ったバーニャカウダ・サラダ。さすが地元の野菜だけあって、味も見た目も力強い。

甲州ぶどう100%で作られた白ワインにもぴったりだった。

赤ワインに合いそうな『とりレバーと牛蒡のコンフィ』。

カフェの注文カウンター。もと蚕室だったため、気抜き用の窓が今はおしゃれなアクセントに。

ぶどう棚と古民家と瓦屋根が、まるで中世の古城のような雰囲気を醸している原茂ワインの園内。ここでは都会の喧騒も、どこか遠い世界のように感じられる。
 
写真:乃梨花

INFORMATION

地図

レポーター

乃梨花(「町旅」女子部)

ひとり暮らしの猫飼い人ゆえ、
長らくショートトリップ派・・でしたが、
最近は、猫を預けて遠くまで足をのばすこともしてます
(親戚の多い東北へ、行くことが多いです。➕日本酒党❤️)

関連タグ

関連記事

エリア

(Categories)

タグ

(Keywords)

すべてのタグを見る

おすすめ記事