明治〜大正期の『港町・商都新潟』の息吹を今に伝える「旧斎藤家別邸」
〈新潟県新潟市〉

旧斎藤家別邸は、4代・斎藤喜十郎が大正7年(1918)に造った総敷地面積約1300坪を誇る広大な別荘だ。斎藤喜十郎家は、東掘通七番町に居を構え、新潟の三大財閥の一つに数えられた名家。幕末の頃、家業の清酒問屋から事業を拡大し、明治時代には北前船の海運業で一財を成した。その後、銀行業などで安定した地位と基盤を築き、地域経済の近代化に大きく貢献した。

庭園を含む広大な敷地は長塀で囲まれている。中央付近に棟門を置き、塀と門には瓦が乗せられている。通りには、北方文化博物館分館の土蔵や行形亭の土蔵・板塀などが並び、格調高い屋敷町の風情を漂わせる。

大きく迫る松を背景に、斜面に多くのもみじが植えられている回遊式庭園。名園と言われる庭では、さまざまな味わいの異なる表情が楽しめる。建物内から見下ろす庭園の眺めも格別だ。

主庭内には天空に枝を広げた老松が威風堂々と立ち、屋敷建物との陰翳ある佇まいには和の美が濃く滲む。松の下には大小のモミジが枝を張り、紅葉の頃にはいっそうの美しさを見せる。

現在は多目的に使われている土蔵。もとは家財や骨董品を収蔵する蔵だった。床板と柱はヒノキで、扉の金具(鍵)部分には斎藤家の家紋「丸に剣片喰(けんかたばみ)」があしらわれている。片喰は繁殖力が強いことから「家運隆盛・子孫繁栄」のシンボル。土蔵の外壁はなまこ壁で、現存するのものは少なく貴重だ。

この庭園は、明治時代から昭和初期に活躍した東京の庭師・2代目松本幾次郎と弟・亀吉が作庭に関わったと言われている。2代目松本幾次郎が手がけた庭には、渋沢栄一邸、山本唯三郎邸、成田山新勝寺などがあるが、大半は戦災で失われ、ここ以外には成田山新勝寺の庭園が唯一現存するのみだ。

庭園全体のグランドデザインは、格式のある玄関庭、趣のある中庭、砂丘地形を上手に活かして築山(つきやま)と見立てた広大な主庭の3つのパートからなり、それぞれが園路で結ばれる。砂防には元からある黒松と赤松が活かされている。それまでの古典的な日本庭園は、象徴的・形式的な作り方が主流だったが、2代目松本幾次郎らは、自然の中にある心地よい景観を写実的に庭園に取り入れる「自然風」の作庭術という潮流をつくった。

この庭園で2番めに多く使われている「筑波石」は、茨城県筑波地方で産出され、大正時代のはじめごろより関東地方を中心に使われはじめた。渋い感じの銘石で、庭園の階段や景石などに使われている。新潟県での使用はこの庭園が最初といわれている。

主庭内の大滝は落差がおよそ3.8mもある豪快なもの。庭園の滝では、県内最大級といわれている。この大滝の石組には、かつて阿賀野川上流より採取され新潟で「幻の銘石」といわれた高級石材の「海老ヶ折石」が多数使われている。

園内には、佐渡の鉱山から運ばれた多くの石臼が飛び石として使用されているが、これは「見立て」という本来の目的とは違うものを、別の用途で活かす日本庭園ならではの手法だ。

庭園全体におだやかで落ち着いた空気が流れ、池で泳ぐ鯉たちも心なしか悠々として見えた。
 
写真:乃梨花

INFORMATION

地図

レポーター

乃梨花(「町旅」女子部)

ひとり暮らしの猫飼い人ゆえ、
長らくショートトリップ派・・でしたが、
最近は、猫を預けて遠くまで足をのばすこともしてます
(親戚の多い東北へ、行くことが多いです。➕日本酒党❤️)

関連タグ

関連記事

エリア

(Categories)

タグ

(Keywords)

すべてのタグを見る

おすすめ記事