銚子の朝めしは鯖定食で決まり!本当にあったヒゲタとヤマサ<千葉県銚子市>

19ef6f504b158da59001028edb846054
銚子市モニターツアー2日目。昨晩、あまり食べずにお酒を飲んでいたため、朝から食欲全快。「万祝(まいわい)」さんは銚子漁協直営店で、遅い時間に行くとメニューのほとんどがなくなるそうだ。朝8時に向かったが、多くの人でにぎわっていた。メインの鯖は身がふわふわで脂ののりもちょうど良い。刺身、煮物、温玉など好物ばかりが用意され、朝から大満足。
 

添乗員さんの話のとおり、2大ブランドが肩をならべていた。こうなると、どちらを選ぶか迷ってしまう。とりあえず、両方ためしてみたが、どちらも馴染み深い味だった。
 
575e86200ea1e17cde340deb1580de32
朝食後、銚子マリーナよりイルカウォッチングへ出航。銚子には回遊性のマッコウクジラや、定住性の代表格「スナメリ」を観ることができる。「スナメリ」は国際的に保護されている貴重なイルカだそう。今回は一組の親子に出会えることができた。
 

こちらは銚子電鉄直営のお土産売店「ぬれ煎餅駅」。ぬれ煎餅のみならず、ぬれ煎餅駅限定グッズや全国のあられや揚げもちが多数、用意されている。
 
9a0fa942cd6f7b2cd5aecca65ae0cfe8
ぬれ煎餅駅の目玉として設けられた、手焼き体験コーナー。煎餅生地を購入し、焼きたての煎餅が楽しめる。2種類の醤油たれが用意されているほか、お好みでカレーパウダーやマヨネーズをかけることもできる。家族や友人たちとワイワイ楽しめるお店だ。
 
9223f4fecee7e4bc6f5652c8f309aca1
f39b3990437b8beee6f51adba8690902
銚子の絶景スポット「地球の丸く見える丘公園」。展望スペースは北総で一番高い約90m。視界360度中、330度が水平線の大パノラマだ。地球の丸さが実感できる。
 
磯ガキ
添乗員さんの粋なはからいにより干物屋「石井丸」さんへ。夏しか味わえない名物を食べさせてくれるとのこと。そして「磯がき」が登場。
 
b30c1a985e265121947d997582645441
07ad3eec0265100501961569598a5567
生でも良し、焼いても良し。味はもちろんのこと、到底、ひと口では食べられない大きさに皆は大興奮。干物の名店でもあるが、少々遅い時間に訪れたため品薄状態だったのが残念。天候や漁の状況に大きく左右されるので、訪れる際には事前に連絡したほうが良いとのことだ。
 
70560cbd49685f421c9a8307854f16ef
最後は「ウオッセ21」でお土産を購入し、ここで銚子市職員の方たちとお別れ。名残惜しく、後ろ髪を引かれる思いでバスに乗り込んだ。休憩のため、大栄パーキングに立ち寄った際、夕焼けがきれいだったのでパチリ。
 

地図

レポーター

森 順一郎

非常に内容の濃いモニターツアー。時間が過ぎるのが早すぎると感じた二日間でした。銚子市を盛り上げようと、必死になって奔走している市職員や青年部の方たち、訪れた観光客に温かく接してくれる地域の方たちには、色々と学ばせて頂きました。一人でも多くの人に「町旅」を通じて銚子の魅力を伝えることができればと思います。

関連タグ

関連記事

エリア

(Categories)

タグ

(Keywords)

すべてのタグを見る

おすすめ記事