ワイン王が愛した稲毛海岸「旧神谷伝兵衛稲毛別荘」
<千葉県千葉市>

4b7b666d9f87390f92cd2f9af0b0b77d
京成稲毛駅から徒歩約7分の場所に位置する洋館。ここは東京浅草「神谷バー」や茨城県牛久「シャトーカミヤ」を経営した神谷伝兵衛の別荘である。伝兵衛は明治・大正時代に、フランスワインの醸造技術を導入したことでも有名で「ワイン王」と呼ばれた実業家だ。かつて稲毛海岸は、眼下に海が広がる風光明媚なリゾート地だったため、多くの富裕層が好んだ。伝兵衛もその一人で、晩年の4年間をこの別荘で過ごした。1997(平成9年)年、国登録有形文化財に指定されている。
 
ea270e714ab425e84c462c6f120d2d17
海外のリゾートホテルをイメージさせるバルコニー。床にはモダンな市松模様のタイルが敷かれている。当時の伝兵衛は、目の前に広がる海を眺めながら、豪華な朝食でも食べていたのだろうか。
 
h神谷別荘_玄関_FG
b6d2d99e217163f370cc5f5edd3eac85
1階は本格的な洋風建築となっている。玄関に吊るされているシャンデリアには、付け根部分に葡萄のレリーフが施されている。ワイン王と呼ばれた伝兵衛らしいこだわりである。
 
043e6e2b292550e32c2ae97d4747a8b2
この洋間は改築されているらしく、全てがオリジナルではないそうだ。床は寄木が張られており、繊細かつ豪華な造りとなっている。個人的に気に入ったのが椅子である。一見派手に思えるが、周りとのバランスが取れており印象的であった。
 
824bb786c910c8834ecc20180c196859
2階へとつづく階段は、ゆるやかな曲線がとても美しく、白い壁とワイン色の床も相性が良い。洋の空間と和の空間をつなぐ役割を、充分に果たしている階段だ。
 
652587823e483090d0d122df8fdb033b
2階は一転して、驚くほど純和風な空間だ。到底、同じ建物内とは思えない。しかし、このギャップが伝兵衛別荘の魅力なのかもしれない。主となる12畳の和室は、畳敷きの廊下に囲まれており、障子を隔てて穏やかな空間が確保されている。南側から差し込む日光が心地よい。
 
 

地図

レポーター

森 順一郎

当時は、母屋である和館とゲストハウスとしての洋館が造られていたそうです。現在は洋館だけが残り、千葉市民ギャラリー・いなげとして一般公開されています。周囲には浅間神社や千葉市ゆかりの家・いなげなど、見どころが多いので散策にオススメです。

関連タグ

関連記事

エリア

(Categories)

タグ

(Keywords)

すべてのタグを見る

おすすめ記事