日本遺産の物語

北総四都市江戸紀行・江戸を感じる北総の町並み〜近代医学発祥の地!佐倉順天堂記念館
〈千葉県佐倉市③〉

IMG_7626r
「順天堂」は天保14年(1843)に蘭医・佐藤泰然が、創設した蘭方医学塾兼外科の診療所。現在の建物は安政5年(1858)に建てられた。移築後、修復整備され、昭和60年(1985)からは記念館として一般公開されている。
IMG_7563r
佐藤泰然が江戸からこの佐倉に移住し順天堂を創設したのは、天保14年(1843)。その背景には、当時の佐倉藩主の堀田正睦(ほったまさよし)による、徹底した学問・武術の奨励による「天保の改革」の推進がある。正睦は「西洋堀田」と呼ばれるほど西洋びいきで有名な江戸後期の幕閣の一人。そんな正睦が藩に西洋医学を取り入れようとして招いたのが、長崎でオランダ医学を学んだ佐藤泰然だった。
IMG_7562rr
泰然がはじめた順天堂の蘭方医学塾には、全国から医学生が集まり「西の長崎、東の佐倉」とまで呼ばれるようになった。これはつまり当時の蘭学の先進地を示しており、その後も泰然の後を継いだ尚中の時代に、当時大阪にあった緒方洪庵の「適塾」と並んで蘭学の名門と謳われた。
IMG_7620_r
玄関から入ってすぐの正面には「順天堂」の堂号が掲げられている。書いたのは、小葭外史(姫路藩医の山田安朴)で、順天は「天道にしたがう」の意。
IMG_7578r
部屋には、江戸後期に順天堂でじっさいに使用されていた手術道具も陳列されている。これら手術器具は順天堂がモデルとなった人気のタイムスリップ医学ドラマ『JIN』でも参考にされたようだ。さすが江戸時代に使われていたものだけあって、今の最新医療器具とは違い、見ただけで怖気をふるって逃げ出したくなるようなものばかりだ。
IMG_7580r
同じく館内では、この療治定と書かれた料金表が面白い。安政元年に順天堂で定めた治療の価格表(全39種の外科手術)なのだが、現代なら産婦人科や耳鼻科ごとに分かれている診療科目が一堂に並記されているので、おそらく“専門医”という区分がまだない時代の名残とも言える。
IMG_7571r
順天堂の創始者である佐藤泰然のあとを継いだのは、佐藤尚中(たかなか)で、元の名を山口舜海という。順天堂の門人の中でも優れていたため、佐藤家の養子となり泰然の後継者となった。泰然には子が多いが、あえて実子を後継者とすることにこだわらず、医者として有能な人物を選ぶ進歩的選択は、代々受け継がれていく。結果として順天堂の発展にもつながったといわれている。
IMG_7574
この建物は、最初は成田街道を挟んだ向かいの位置にあり、館内に展示されている当時の模型からも、敷地と施設の規模は今よりもずっと大きかった。現在残されている建物は外観は和風建築だが、奥は洋風で、改築の際に和室から洋室へと変更された。このような和洋折衷は、幕末から明治期にかけて、多く見られた。
IMG_7611_r
国内で、当時としては最高水準の外科治療を施していた順天堂。旧佐倉藩のお膝元で、日本の医学界における多くのリーダーを輩出し、日本の西洋医学の礎ともなった学徒たちの「学び舎」もまた、佐倉藩における武家屋敷などの例にもれず、倹約を感じさせる佇まいだった。
 
写真:乃梨花

INFORMATION

地図

レポーター

乃梨花(「町旅」女子部)

ひとり暮らしの猫飼い人ゆえの
ショートトリップ派
(➕日本酒党❤️)

関連タグ

関連記事

エリア

(Categories)

タグ

(Keywords)

すべてのタグを見る

おすすめ記事