日本遺産の物語

自然と信仰が息づく『生まれかわりの旅』
~樹齢300年を超える杉並木につつまれた2,446段の石段から始まる出羽三山~
<山形県(鶴岡市、西川町、庄内町)>

00%e6%9c%88%e5%b1%b1
約1,400年前、衆生の病や苦悩を能く除かれた「蜂子皇子(はちこのおうじ)」によって開かれたといわれる出羽三山。三山とは羽黒山(はぐろさん)・月山(がっさん)・湯殿山(ゆどのさん)の総称で、羽黒派古修験道(はぐろはこしゅげんどう)の聖地として、開山から現在に至るまで多くの人々の信仰を集め続けている。
%e7%be%bd%e9%bb%92%e5%b1%b1%e3%81%ae%e7%9f%b3%e6%ae%b5%e3%81%a8%e6%9d%89%e4%b8%a6%e6%9c%a8
修験道とは自然崇拝を根幹とする日本独特の信仰であり、羽黒修験道ではそれぞれの山の特徴から、羽黒山を「現在の幸せを祈る山(現世)」、月山を「死後の安楽と往生を祈る山(前世)」、湯殿山を「生まれかわりを祈る山(来世)」と捉え、この三山を巡る行程を自己の生命の若返りの修行とし「三関三渡の行(さんかんさんどのぎょう)」と呼んだ。
n26-%e6%89%8b%e5%90%91%e3%81%ae%e5%ae%bf%e5%9d%8a%e8%a1%97n
この三関三渡の行が江戸時代に庶民の間で「生まれかわりの旅」として広がり、羽黒山麓では300を越える宿坊が参拝客を迎えたという。地域に暮らす人々は参拝者の旅の支度を整えもてなすことを生業とし、その営みは数百年の時を越えて今なお息づいている。
 
それは、いまなお三山を訪れる旅人が多いことのあらわれであり、自然の中に体を置き霊気と畏怖を感じられるこの旅が、人々の心のどこかをひきつけるからにほかならない。心身を潤し明日への活力を得られる「生まれかわりの旅」は、時を越えて人々に再生の力を与え続けているのだ。
 
 
羽黒山の随神門(ずいしんもん)
03-%e7%be%bd%e9%bb%92%e5%b1%b1%e3%81%ae%e9%9a%8f%e7%a5%9e%e9%96%80
随神門とは「邪悪なモノの侵入を防ぐ神」が祀られた門のことで、羽黒山の随神門には、豊石窓神(とよいわまどのかみ)と櫛石窓神(くしいわまどのかみ)という門番の神が剣と弓矢をもって鎮座している。この門をくぐると「現在の世を表す山」といわれるご神域の羽黒山に入り、三山を巡る『生まれかわりの旅』が始まる。
 
羽黒山の石段
04-%e7%be%bd%e9%bb%92%e5%b1%b1%e3%81%ae%e7%9f%b3%e6%ae%b5n
随神門から羽黒山頂までの参道は、日本屈指の段数を誇る2,446段の石段で繋がれている。石段の両サイドに続く樹齢300~500年の古木が織りなす杉並木は、ミシュラン・グリーンガイドで最高評価の三つ星を獲得。木々が生み出す清々しい空気と静寂に包まれて進むと身も心も洗われ、深く自分を見つめ直すことができる。
 
羽黒山五重塔(国宝)
07-%e5%9b%bd%e5%ae%9d_%e7%be%bd%e9%bb%92%e5%b1%b1%e4%ba%94%e9%87%8d%e5%a1%94
平将門により承平年間(931~38年)に創建されたと伝えられ、東北地方では最古の塔といわれている「羽黒山五重塔」〈こちらもミシュラン・グリーンガイドに掲載(二つ星)〉。現在の塔は1372(応永5)年頃に建立されたと言われ、屋根は日本古来の杮葺(こけらぶき)で三間五層の色彩を施さない素木造り(しらきつくり)という伝統的な手法で構築。昭和41年に国宝に指定された。塔の近くには樹齢1000年以上ともいわれる古木「羽黒山の爺スギ」もそびえ立っており、参拝者が足をとめる名所となっている。
 
月山(国天然記念物)
o11-%e6%9c%88%e5%b1%b1%e9%81%a0%e6%99%af
月山は世界でも珍しい半円形のアスピーデ型火山で、その秀麗な姿から太古の昔より「祖霊が鎮まる山」として信仰を集め、羽黒修験道では月山を「過去の世を表す山」としている。山域の大部分は磐梯朝日国立公園の特別区域に指定され、希少な高山植物などの美しい自然も見どころ。山頂からは庄内平野や東北の山々などの絶景を眺めることができる。また、4月から夏ごろにかけて(冬季は休業)はスキー場としての一面も。
 
月山神社
o12-%e6%9c%88%e5%b1%b1%e7%a5%9e%e7%a4%be
「祖霊が鎮まる山」として信仰される月山(1,984m)の山頂にある「月山神社」。927(延長5)年に完成したといわれる延喜式神名帳に名前が載る由緒ある神社であり、夜(死後の世界)を司る月読命(つくよみのみこと)を祀っている。ご参拝ができるのは開山期間(7月1日~9月15日)のみ。
 
湯殿山
o13-%e6%b9%af%e6%ae%bf%e5%b1%b1%ef%bc%88%e6%bb%9d%e8%a1%8c%e3%82%92%e8%a1%8c%e3%81%86%e5%be%a1%e6%bb%9d%ef%bc%89ご神体であるお湯の湧き出る赤色の巨岩から、全てのものを産み出す大山祗命(おおやまつみのみこと)が祭神として祀られ、「未来の世を表す山」と言われる湯殿山。修験道では、滝行などの厳しい修行が行われる場であるが、強い生命力を感じさせる自然のエネルギーは、訪れた者の素肌を通して伝わり明日への新たな活力を与えてくれる。
 
旧遠藤家住宅
o15-%e6%97%a7%e9%81%a0%e8%97%a4%e5%ae%b6%e4%bd%8f%e5%ae%85
1200年前には開かれていたと伝わる「古道六十里越街道」。江戸時代に湯殿山信仰が盛んになると「ゆどのみち」とも呼ばれ、その要所にある田麦俣地区は、湯殿山への参拝者のための宿場的性格を帯び、雪深いこの地域の特性から多層構造で居住空間を広くした茅葺きの建築様式が発展した。江戸時代後期に建てられたものと推定される旧遠藤家住宅は、明治期に改装された兜造りの状態で復元されており、階層ごとに役割が異なったと考えられている内部も含めて見学が可能。
 
出羽三山の精進料理
o30-%e5%87%ba%e7%be%bd%e4%b8%89%e5%b1%b1%e3%81%ae%e7%b2%be%e9%80%b2%e6%96%99%e7%90%86
出羽の奥深い山中で生活するために「生きるための食」として山伏が創作したという精進料理は、山で採れた食材が様々な知恵と手間をかけて保存・調理されており、豊かな自然を味わうことができる。羽黒修験道の精神とともに継承された「出羽三山の精進料理」は、食べることも修行のひとつ。この地域に足を運んだ際はぜひ味わっておくべき。
 
画像提供:山形県教育庁文化財・生涯学習課

INFORMATION

地図

レポーター

恩田 正恒

町旅編集部

登山が趣味なので暖かくなったら出羽三山を縦走しようと考えているのですが、羽黒山から月山までの約20㎞(おおむね舗装路?)を歩くかどうか悩み中。ちなみに、観光参拝はその区間はバス移動なので、年配の方でも心配しなくて良さそうです。

関連タグ

関連記事

エリア

(Categories)

タグ

(Keywords)

すべてのタグを見る

おすすめ記事