え!こんなところに?田園地帯に佇む、豪壮な屋敷「遠山記念館」
<埼玉県川島町>

dsc_0024
日興証券を創業した遠山元一が、昭和11年に建てた私邸を、昭和45年より一般公開しているのがこの「遠山記念館」。昭和初期の姿を、ほぼそのまま残しているそうだ。
dsc_0001
大きな長屋門をくぐって邸内のアプローチをすすむと、築山の右手にミュージアム、そして左奥に東棟の玄関がある。
建物は3つの棟を渡り廊下で連結する構造となっており、玄関のある東棟は茅葺の豪農風であるが、中棟は来賓を迎える書院造の大広間、西棟はご母堂のための数寄屋造りの座敷が中心となっている。
dsc_0003
玄関のある東棟は、大きな茅葺屋根が印象的。いったん没落した元一の生家を再興するというこだわりがあって農家風にしたのだという。
dsc_0008dsc_0012
中棟の大広間からは、ゆったりとした庭園が見渡せる。個人の私邸とは思えない贅沢な空間を演出している。
dsc_0018
dsc_0028
数寄屋造りの座敷がある西棟が、個人的には好みである。ガラス戸の向こうに小庭を望む瀟洒な座敷に座ると、時間の流れが止まってしまうようだ。
dsc_0021
欄間の彫りも、とても凝っているが、数寄屋の上品な雰囲気をこわさない。
dsc_0031
西棟の庭から見る中棟。ここから見る景色がいちばんいいと思った。
広大な田園地帯のなかにある豪壮な屋敷は、一見の価値がある。

INFORMATION

地図

レポーター

岡崎 聡

「町旅」編集部

関連タグ

関連記事

エリア

(Categories)

タグ

(Keywords)

すべてのタグを見る

おすすめ記事