日本遺産の物語

古代より都の食文化を支えた若狭の中心地・小浜の魅力
<福井県小浜市>

00001306l
地図を見れば一目瞭然、東西の半島ですっぽり囲われた小浜湾は、冬の荒れる日本海岸にあっても、波静かな天然の良港である。しかも、まっすぐ南下すれば京そして奈良。小浜は、都から最も近い日本海の玄関ともいえる。
00002544l
その絶好の地理条件によって、古くから漁港としても、また朝鮮半島など大陸との交流拠点としても栄えたところである。
00003770l
平成27年度に日本遺産に認定されたが、当地は古より奈良・京都の朝廷へ食材を供給した「御食国(みけつくに)」。もちろん豊富でうまい食材がたくさんある。一尾をまるごと豪快に焼いたサバは、若狭の名物。香ばしい表面と、ジューシーな中身が絶妙のハーモニー。
00000432l
どこでも刺身が食べられる現在とはちがって、海から遠い都(内陸)にはずっと生魚はなかった。さまざまな海産加工品が工夫された所以だ。防腐作用がある笹の葉で包んだ「小鯛のささ漬け」は、生の触感にもっとも近いまま都へ運ぶという必要から生まれたのだろう。
00002494l
ここは京都・出町柳へ繋がる鯖街道の始点であるが、その道は、さらには奈良へも繋がっている。春を告げる伝統行事、東大寺・二月堂の「お水取り」は有名だが、そこで香水を汲む若狭井は、この小浜の鵜の瀬に繋がっているといわれる。写真の「お水送り」は、その奈良・二月堂へと水を送る神事。約100キロの距離をつなぐ、壮大なスケールの物語が神秘的である。
00004713l
00002487l
港町といえば、花街はつきもの。ここ「三丁町」は、紅殻格子や出格子の建物が軒を連ねており、往時の華やぎを残した風情ある町並み。当地の女の子が大阪で落語家を目指すという連続テレビ小説「ちりとてちん」のロケ地でもあった。一帯は「小浜西組」として、重伝建地区に指定されている。
00004629l
さて、その「ちりとてちん」主人公の祖父は、塗箸職人であった。若狭塗の歴史は、江戸時代の初期まで遡るそうだが、塗箸の生産量はいまも全国の8割を占めるのだという。
00004881l
もちろん若狭の豊かな自然景観も見逃せない。写真は、地元で「かんにゃ」の棚田と呼ばれているところ。かつては500枚以上あったそうだが、現在は約100枚ほど。紺碧の日本海を背にして折り重なる緑の水田は、日本の貴重な原風景である。
00000979l
また遊覧船で行く「蘇洞門(そとも)めぐり」も、おすすめの観光コース。日本海の荒波が侵食した奇岩、洞門、洞窟が、6kmにわたって荘厳な風景をつくっている。豊かな自然と、脈々と受け継がれる伝統文化、若狭の魅力はなかなか奥深い。
 
写真提供:公益社団法人福井県観光連盟

INFORMATION

地図

レポーター

岡崎 聡

「町旅」編集部

関連タグ

関連記事

エリア

(Categories)

タグ

(Keywords)

すべてのタグを見る

おすすめ記事