日本遺産の物語

加賀前田家ゆかりの町人文化が花咲くまち高岡
-人、技、心- <富山県高岡市>

takaoka001eh
1609(慶長14)年加賀前田家二代当主・前田利長による高岡城築城にあわせて、町としての基盤が形成された高岡だが、1615(元和元)年に発せられた「一国一城令」により高岡城は廃城。城下町としての存続は厳しい状況になってしまうも、加賀藩3代当主・前田利常はあきらめることなく、商工本位の町への転換政策を実施した。加賀藩は利常没後も意志を継ぎ、それに町民がこたえる形で町は発展への道を歩み始めたという。
 
takaoka002bh
その結果、高岡は商人の町であると同時に職人の町として開花。町民自身が「地域に富を還元し町の発展に貢献する」という独特の気風を持った文化が生まれ、現在も、町割り・街道筋・生業や伝統行事など、様々な部分で町民の歩みや心意気が色濃く残されている。競い合いながら発展を続けてきた気質は、DNAとしてこの町に住む人々に受け継がれているのだ。
 
takaoka003ch
町に住む一人ひとりが、歴史と文化を継承しながら新たな魅力を創り続ける高岡市。この町をおとずれれば、地域を愛する心意気を感じることができる。町の歴史・文化継承と進化・革新は同一線上に続いていく…高岡の人々や営みはそれを教えてくれるだろう。
 
 
高岡山 瑞龍寺(国宝)
takaoka004h
加賀藩二代藩主・利長公の菩提を弔うため、三代藩主・利常公によって建立された曹洞宗の名刹であり、1997年には山門・仏殿・法堂が国宝に指定されている。江戸初期の禅宗寺院建築としても高く評価されており、豪壮にして典雅な美しさは訪れた者を魅了する。
 
高岡城跡(国指定史跡)
takaoka006h
廃城となったあとに米や塩の倉庫が建てられ、城下町から商工の町に転向する礎となった高岡城の跡地は、「高岡古城公園」として多くの人々から愛される憩いの場となっている。野趣あふれる園内には、博物館や自然資料館、動物園などのお出かけスポットのほか、市民会館や体育館など公的施設もあり、いまでも町の中心的存在。日本さくら名所100選にも選ばれており、春は花見客で賑わう。
 
高岡御車山(重要有形民俗文化財)
takaoka005h
御車山(みくるまやま)は御所車形式に鉾を立てた特殊なもので、日本でも屈指の華やかな山車(やま)。7基の山車が奉曳(ぶえい)巡行される「高岡御車山祭」は、毎年5月1日に行われ、国の重要有形民俗文化財・無形民俗文化財の両方に指定されている。各町が伝承している山車は、高岡金工漆工の粋を集めた美術工芸品としても高い価値があり、祭礼時以外も「高岡御車山会館」で観覧が可能だ。
 
山町筋重要伝統的建造物群保存地区(重要伝統的建造物群保存地区)
takaoka007h
山町筋は、重厚かつ繊細な意匠を持つ土蔵造りの伝統的建造物が立ち並ぶ地区であり、近世初頭には米商会所が置かれ、綿市場の拠点として高岡の経済的な発展に大きく貢献。高岡御車山を所有・継承していることから「山町」と呼ばれており、高岡御車山祭ではこの地区を中心に繰りひろげられる。
 
金屋町重要伝統的建造物群保存地区(重要伝統的建造物群保存地区)
takaoka008h
金屋町は、高岡開町に際し前田利長が鋳物師を招き、東西50間、南北100間の土地を与えて鋳物づくりを行わせたことに始まる鋳物師町。意匠的に優れた外観の町家や、作業場や土蔵など鋳物製造に関わる建物が今日までよく継承されており、歴史的風致を楽しむ町歩きができる。建物正面1階の出入り口には大戸を建て構え、「さまのこ」と呼ばれる格子を設けるものが多い。
 
伝統的工芸品  高岡銅器
takaoka009h
1611(慶長16)年に前田利長公が近郷から招いた7人の鋳物師 (いもじ)から受け継がれててきた高岡銅器。毎年6月19・20日には、当時の作業を今に伝える御印祭 (ごいんさい)が行われている。国の伝統的工芸品として、現代に至るまで新しい技法を生み続けている。
 
伝統的工芸品  高岡漆器
takaoka_shikki02_l
高岡城築城時に、城下町の一つとして作られた指物屋町(さしものやちょう)。そこで作られた家具に漆を塗るようになったのが高岡漆器の始まりといわれている。青貝塗、彫刻塗、勇助塗などの受け継がれてきた独特の技術を基に、いまもなお多岐にわたる製品づくりが行われている。
 
 
写真提供:とやま観光推進機構

INFORMATION

地図

レポーター

恩田 正恒(町旅編集部)

久々の日本遺産シリーズなので、以前と比べるとちょっと文章の調子が違うかもしれません。
現地取材にも行きたいのですが、フットサル中に右手首骨折してしまい運転も撮影も不安です…。

関連タグ

関連記事

エリア

(Categories)

タグ

(Keywords)

すべてのタグを見る

おすすめ記事