第1回・神田明神「納涼祭」【神田明神①】
〈東京都千代田区〉

730年に創建され、東京の中で最も古い神社の1つに数えられる神田明神こと神田神社。徳川家康が関ヶ原の戦いの前に戦勝祈祷を行ったことでも有名ですが、その後、家康が勝利して天下統一を果たしたため、幕府の尊崇する神社となりました。以後「江戸総鎮守」として、将軍様から庶民まで江戸の町と人々のすべてを守護する一方で、現代では仕事運、商売運をもたらしてくれるパワースポットとしても有名です。
IMG_1263_r
そんな神田明神で、さかのぼること8月の中旬に、今年(2016)が“初めて”となる納涼祭が開かれていたのをご存じでしょうか?
IMG_1270r
そもそも神田明神といえば江戸三大祭の1つである「神田祭り」が有名。つまり祭りとは切っても切れない仲なのがこの神社です。現在では、2年に一度、5月に開催されています。
IMG_1285r
また、ここ神田明神は東京都心に位置することや、都内有数の電気街「秋葉原」にも近いため、海外からの観光客にも人気です。近づく2020年東京オリンピック開催を背景に、そんな海外からの観光客がますます増える中、満を持して始まったのがこの「納涼祭」とも言えそうです。
IMG_1432r
そんなことを思いつつ、さっそく祭りの様子を見ていくことに。やって来たこの日は開催中唯一の平日(12日)だったせいもあり、本堂に続く境内に入ると、人の数は・・あれれ?ふだんの平日とそれほど変わらなかったり・・?
IMG_0133r
盆踊り用のやぐらにやって来ると、ここも日中はまだそんなに多くの人が見あたりません。でもおそらく夜にはぎっしりと人で埋まることでしょう。
IMG_1326r
さらに一歩奥へ入ると、おいしそうな出店(でみせ)がズラリ並ぶエリアを発見。しかもなんとここには平日の昼からすでに大ぜいの人がつめかけていました。
IMG_1343r
かわいい浴衣女子も2名発見。
IMG_1346_r
さらに奥にはパーゴラ天井の涼しい木陰スペースが。ここなら飲食用のテーブルがあり皿が置けるので、両手がふさがって飲み物が口に運べない?なんて心配もいりません。
IMG_1369r
ここで私は周りの人が美味しそうに食べていた「けずりいちご」を真似して購入。ズバリ、いちごメニューの王道「練乳いちご」のフローズン版で、さてお味の方は・・?もちろん期待ハズレのワケがございません。
IMG_1334r
氷(けずりいちご)が刺激となったのか、急に食欲モリモリに。次はがっつりお腹にたまる一品を、と探し歩いてみました。フードメニューがいろいろあって、どれにしようか迷ってしまいます。
IMG_1388r
決めたのはトルコのケバブをダンナさまと可愛い男の子の3人家族で協力しながらワゴン販売していたこちらのお店。なんとも素敵な奥サマの笑顔につい引き込まれて購入していまいました。
IMG_1391r
ところが、このケバブが、大正解!!同行のメンバーにも甘辛ソースのかかった皮が香ばしいカリカリのチキンを味見してもらったところ、皆で旨い旨いと言いながら、あっという間の完食でした。
IMG_0119r
さて、喉が渇いたので、お次はびいる。ほとんどの出店でビールが置いてある中で選んだのがココです。「ラガービール」「モカブラウン」「ワインレッド」「ピーチエール」の4つのビールが1000円で飲める「飲み比べセット」が売り切れ寸前の人気!(ほんとうにこのあとすぐに売り切れてしまいました。)
beer_r
色が違うので、見た目もパーティーみたいに華やか。それぞれ味の違いがハッキリしていて面白く、あれこれ言いながら楽しく飲み比べができました。
マカロンr
アニメの聖地アキバから近いということもあって、最近ではAKB48や「ラブライブ!(school idol project)」などいろんなコラボでも人気を集める神田明神。江戸から続く古き良き伝統文化と、アキバ発の最先端カルチャーとが入り混じって古さと新しさの両方を体感できるそんな名所に変化しつつあります。「納涼祭」も今年はAKIBA系・キャラクター・アイドルなど各ステージイベントも開催され盛況だった様子。今年を皮切りに、今後もさらなる盛り上がりが予想されます。
 
写真:乃梨花

INFORMATION

地図

レポーター

乃梨花(「町旅」女子部)

ひとり暮らしの猫飼い人ゆえの
ショートトリップ派
(➕日本酒党❤️)

関連タグ

関連記事

エリア

(Categories)

タグ

(Keywords)

すべてのタグを見る

おすすめ記事