投稿記事

ご近所目線でお伝えする熊本のいま①
博多&大牟田経由、電車を乗り継ぎ熊本へ
<福岡県福岡市・大牟田市>


彼(とり坊)の実家がある熊本へ行ってきました。旅のお供はくまモンです。新幹線で往復するので、今回は近畿日本ツーリストのフリープランを利用。新幹線の指定席往復と宿泊が1泊ついて、約32000円。帰着日を延長できるので、その他の宿泊は自由。チケットだけ買うより全然お得です。ただし、2名からなので注意! 一人旅の場合は、同じようなプランがJTBからでていたと思います。
8-7 B2
電車の旅にはやっぱりお弁当&ビール!  準備万端、さぁ出発です。出発早々余談ですが…お弁当の右端に写りこんでるのは、鹿児島県民のアイドル「薩摩剣士 隼人」です。TV放映&ビデオも発売されてます。気になる方は検索してみてください。鹿児島弁なので分からない言葉満載です。あと主題歌が一度聴いたら耳から離れません。気が付くと口ずさんでるはずです。
8-7 C
8-7 C2初日は博多に一泊なので、地下鉄に乗って天神に行ってきました。福岡県は、JR・西鉄・バスなど、ほとんどの交通期間で suica、PASMOが使えるのでとても便利です。写真は、天神駅ちかくの「警固神社」です。 あとで調べたら、実は人気のパワースポットらしいです。知らない私は、前を通っただけで中に入りませんでした。残念!
8-7 D
古くからあるアーケード商店街「新天町」。70周年をむかえたこの商店街のシンボル「メルヘンチャイム」は、高さ17メートル×幅25メートルもあるかなり大きな時計台です。ちょうど18時だったので、からくり時計が動くところを見ることができました。時間によって音楽が変わり、18時は「黒田節」です。鐘の音色なので優しい感じでした。ここからすぐそばに、彼が昔よく行っていた角打ちの店「角屋」があるというので行ってみました。ここは昼から飲める立ち飲み店。ですが、今回は約束があったので後ろ髪をひかれながら後にしました。
8-8 Ar
日が変わって上熊本駅に向けて出発です。いつもは博多駅から熊本駅まで九州新幹線を利用するのですが、今回は柳川観光列車「水都 (すいと)」に乗ってみました。 西鉄福岡(天神)駅から大牟田駅へ約1時間です。観光列車といっても予約や特別料金は必要ありません。

8-8 A3車内は観光地をアピールするのれんがかけられたり、物産品を展示するディスプレイキャビネットがあり、観光列車らしさを感じました。

大牟田駅で、西鉄からJRに乗り換えです。駅は隣接してます。大牟田には、世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」の構成要素である三池炭鉱関連資産があります。この日も凄い暑さ、駅の近辺には人が見当たりません。しかし、毎年7月に行われる「大蛇山」まつりの時は、大勢の人に埋めつくされ、そのなかを大蛇山の山車や「炭坑節」を踊りながら練り歩く光景はかなり感動するそうです。
8-8 C4r
8-8 DrJR大牟田駅から、約50分の各駅停車の旅を楽しみながら上熊本駅に向かいます。
 
②へつづく

INFORMATION

地図

レポーター

とり坊 & Sayuri

「町旅」サイトを知って、今回、初投稿してみました。
これからも、いい写真が撮れたら投稿します。

関連タグ

関連記事

エリア

(Categories)

タグ

(Keywords)

すべてのタグを見る

おすすめ記事