建築家・前川國男さんの家を見に行く〜江戸東京たてもの園〜
〈東京都小金井市〉

ル・コルビュジエの建築作品として先月(2016年7月)「国立西洋美術館」が世界遺産に登録されたばかりですが、協力して完成に導いたのは、前川國男、板倉準三、吉阪隆正の3人の日本の弟子たちでした。その1人、前川國男は、ル・コルビュジエ、アントニン・レーモンドの元で学び、生涯を通じて200を超える建築作品を生み出すとともに、近代日本建築の旗手として戦後の日本建築界をリードしてきた人物としても知られています。(代表作品に「東京文化会館」「京都会館」「神奈川県立図書館・音楽堂」など。)
IMG_0281r
その前川國男の自邸を復元したものが<江戸東京たてもの園>に展示されているのをご存知ですか。昭和17年に建てられたこの家は、戦争中の資材不足や、厳しい建築基準の制限(延床面積100㎡以下)があったことを感じさせない、美しい木造のモダニズム建築です。
IMG_0283_r
この家の外観南側を見ると、切妻屋根の左右に流れる破風板(はふいた)が下に行くほど幅広になっているのがわかるでしょうか。これは(前川氏の事務所の)設計担当者である崎谷氏が、伊勢神宮から着想を得たものと言われています。その屋根に加えて、同様に力強い印象の長さ4.5mの「棟持ち柱(中央に見える棟を支える柱)」にも注目です。この長さの建築資材は、戦時下では調達困難で「電信柱を流用したらしい」と言われていますが、もしその話が本当であれば、当時の大工職人の技術の高さの裏付けにもなるそうです。
IMG_0178r
玄関から入ってすぐの吹き抜けのある大きな居間に入ると、天井高が4.5メートルある解放感いっぱいの空間が広がります。前川氏は居間やリビングとは呼ばず、ここを「サロン」と呼びました。食事をしたり、オーディオで音楽を楽しんだり、友人や知人が集って語り合うなど、設計者は融通無碍な空間デザインを意図したようです。前川氏が呼ぶところの「バフラな空間」の要素が感じられます。
IMG_0195
サロンの南側は、天井から床までの一面がすべて窓というつくり。光がたっぷり取り込まれ、明るく解放感にあふれた空間です。イサム・ノグチの和紙の照明がよく映えます。
IMG_0194r
サロンの片方の壁に沿うように渡された2階のロフトへと通じる階段は、大きな白い壁に対して斜めに切りこむ角度とエッジの効いたアウトラインがとても美しく、天井までの一面の格子窓と相まって、絵画的な空間を構成しているように見えます。
IMG_0198r
壁には前川氏が住んでいた頃の写真がモノクロームで額に入れ、飾られていました。現在とほぼ変わりのないことがわかります。
IMG_0181r
玄関を入って、すぐ左のサロンに入る大扉。この大扉も前川邸を構成する大きな特徴の1つです。まず、設計上の工夫では、大きさと重さで開閉の際に“扉がよじれないように”回転軸を端から5分の1のところにずらし、回転軸を中心とした左右の重量が均等になるように、葛(くず)布を張った“ふすま”の部分の中を空洞にして、軽くする工夫がなされています。
room_cap
また、この大扉は開き具合で来客を迎える際に演出法も加減できます。たとえば、扉を大きく開けば吹き抜けのサロン全体が一望できる開放的な入り口に。扉を廊下に対し直角にすれば大扉がサロンへの視界を一時的にふさぐため、先に目に入るのは中二階の床を支える根太(ねだ)がひさしのように続く低い天井部分となります。それに続きドアで見えなかった2層吹き抜けの大空間がとつぜん目の前にパッと現れる仕掛け。心理効果も狙った心憎い演出です。
IMG_0639r
サロンの北側には、前川氏デザインの天板が「台形」という変わったダイニングテーブルが置かれています。これは「台形のテーブルだと互いの視線がずれることで、なごむ位置関係が生まれる」ことに着目した、いまで言う人間工学をふまえた意匠の家具ですが、作られた当時はまだ珍しかったのではないでしょうか?
IMG_0607_r
サロンを出て書斎へ。元は来客用の寝室でした。
IMG_0169r
建物北側の玄関とアプローチ。前川氏はてらてら光るものを好まず、外壁もペンキ塗りではなく初めは「柿渋」を塗るつもりだったそうです。しかし関東地方では入手が難しいことから、オイルステン仕上げとしたそうです。(オイルステンも当時はまだ珍しいものでした。)
IMG_0595
前川邸のアプローチは道路から、ひと筆描きのように繋がっている点に特徴があります。門扉のない入り口から家の玄関まで景色は移りながら区切りのないひとつづきの流れをつくります。外界である外の世界から、安らぎの場である家の中へと知らず知らず自然に意識が移行していく、体と心の双方に作用する“あわい(間)”を感じる空間です。
 
写真:乃梨花
 

INFORMATION

地図

レポーター

乃梨花(「町旅」女子部)

ひとり暮らしの猫飼い人ゆえの
ショートトリップ派
(➕日本酒党❤️)

関連タグ

関連記事

エリア

(Categories)

タグ

(Keywords)

すべてのタグを見る

おすすめ記事